11361001.png
にほんブログ村 マタニティーブログ 胎教へ
にほんブログ村
086661.png
Copyright コピーライトマーク 2019-2022Asterlist
最新記事
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
9999911584pb4(200p).jpg
FC2 ブログランキング
写真ギャラリー
記事ランキング
タグクラウド
RSS取得
QRコード
maternitymark_25.jpg 260101.png maternitymark_21.jpg

2022年08月29日

【母乳の特殊プログラミング】赤ちゃんの特別オーダーはママが配達!


24440628_s.jpg


家族全員がインフルエンザにかかってしまいました。

しかし、赤ちゃんだけは、大丈夫なケースがあります。


ハーバード大学のラトナー医師は、言っています。


ラトナー医師:
「母乳は、自然がくれた赤ちゃんへのワクチンです!」


1970年代をすぎると、母乳の免疫機能が解明されました。


カナダのジョン・ジェラルド博士:
「我々は、母乳が、ただの栄養源だと推定していましたが、まったくの間違いでした。母乳は、腸の病原菌に対しては、抗生物質以上の効果があります」


母親から胎児に免疫物質が伝達される仕組みがわかりました。

母親が病原菌に接触すると、「免疫グロブリン」という酵素がつくられていました。

「免疫グロブリン」がつくられると、一生、その病氣にかかることはありません。

じつは、母親が産まれてから出産をするまで、様々な免疫グロブリンが体内に蓄えられています。

胎盤でつながった胎児は、母親の持っていた免疫グロブリンを全てもらって産まれてくるのです。
しかし、その効力は一時的でした。

赤ちゃんは、あらたに母乳から免疫グロブリンをもらわなければならないのです。

母親の胎盤から吸収されるのは「免疫グロブリンG」の方です。

いっぽう、母乳からは、より多彩な免疫グロブリンが含まれています。
それが「分泌型免疫グロブリンA」です。

「免疫グロブリンG」は、血中で働きます。
しかし、「免疫グロブリンA」は、戦闘部隊の最前線で病原菌と戦います。
さらに、「免疫グロブリンA」は、「免疫グロブリンG」と違って消化吸収がされません。

母乳に含まれる白血球は、細菌やウイルスが侵入してくると、その箇所に集合します。
その後は、白血球が「免疫グロブリンA」を作り続けていました。
なぜかと言いますと、「免疫グロブリンA」は、白血球と結びつくことで威力を発揮するからです。

母乳には、バクテリアやウイルスを退治する白血球が含まれます。
驚くことに、母乳にも血液中と同じ量の白血球が存在していました。
ということは、母乳育児の赤ちゃんがママと自分のW白血球で守られていることになります。


 W - 免疫効果 @
 (母乳の白血球+自分の白血球)


白血球の一種は、病原菌が体内に侵入してくると飲み込んでしまいます。
中の病原菌を破壊をするための物質は、母乳に含まれるリゾチームです。
赤ちゃんは、リゾチームが無いと免疫が弱くなります。

母乳中の「免疫グロブリンA」は、赤ちゃんの免疫発達には欠かせません。
しかも、赤ちゃんは、自分の胃腸内でも免疫グロブリンを生産しています。
Wグロブリン効果で、一生の健康に大きく影響を与えることになります。


 W - 免疫効果 A
  「母親:母乳の免疫グロブリン」
      +
  「自分:腸内生産の免疫グロブリン」


さらに母乳免疫で驚かされるのは、母乳の「特殊プログラミング機能」です。
「特殊プログラミング」とは、赤ちゃんの注文に母親が答えて免疫抗体をつくることです。

赤ちゃんが未知の病原体にさらされた時には具合が悪くなります。
その時に赤ちゃんは、多めに母乳を欲しがる性質があります。

なぜならば、赤ちゃんの具合が悪くなったときは、母親との接触を多くして免疫抗体をオーダーするためです。
赤ちゃんは、母親の母乳から多くの免疫グロブリンを吸収するだけではありませんでした。

なんと、赤ちゃんは、自分の病原体を母親に渡すために接触を多くしていたのです。
病原体をもらった母親は、すぐに免疫抗体を作ります。
母親が作った免疫抗体は、母乳を通して赤ちゃんに渡されるというわけです!

香港の研究者は、母乳に含まれる、ある種の白血球は、ウイルスが侵入して危機がせまると、細胞に警告をだすインターフェロンを作りだすことを発見しました。

赤ちゃんは、自分で免疫を作り、さらには母乳からの二重の免疫システムで守られていました。
だから、家族がインフルエンザにかかっても、赤ちゃんだけが大丈夫だったのです。


 母乳のデリバリー免疫効果 B

1. 赤ちゃんの体内に病原菌が侵入
      ↓
2. 赤ちゃんは、ママに病原菌をうつす
      ↓
3. ママは、病原菌の抗体を生産
      ↓
4. ママは、母乳から免疫抗体を赤ちゃんに配達


文武両道の赤ちゃんを育てるには、2歳半までの母乳育児がかかせませんね。




24549024_s.jpg


会社に授乳室や搾乳室があるところは少ないです。

したがって、出産後の多くのママは、リモートワークを希望します。

なぜならば、自宅ですと、仕事と母乳育児の両立が可能です。

子供に寂(さび)しい思いをさせることなく、天才児を育てやすくなります。


WHO(世界保健機関)は、2歳までの母乳育児を推奨しています。
子供の自我が目覚めるのは、約2歳半です。
子育てで最も大事な期間は、2年弱あります。

最近は、テレワーク、在宅ワーク、リモートワークと呼び名が違いますが、自宅で仕事ができる会社が増えています。
2020年には、テレワークの求人など、ほとんどありませんでした。
しかし、2022年8月現在のハローワークには、約5000件弱のリモートワーク案件があります。
母乳育児ママにとっては、追い風です。

世の中では、業務効率化による働き方改革が始まっています。

同時に環境保護のためのペーパーレス化も進んでいます。
しかし、市町村都道府県のお役所は、紙の使用を制限する時代が、もう少し先です。
なぜならば、日本は、書類にハンコを押す業務だからです。
紙の書類でなければハンコを押せません。

最近のメディアでは、DX(デジタルトランスフォーメーション)という単語をよく耳にします。
DXとは、日常生活がデジタル化技術で便利になる仕組みです。


固定電話 → スマートフォン
スーパーのレジ → 自動レジ


2021年に総務省は、「情報通信白書」を発表しました。
中身は、企業の約2割がDXに取り組んでいるという報告でした。

企業で一番お金がかかるのが人件費です。
24時間の警備を一人派遣してもらおうとすると、年間1000万円以上かかります。
ファミレスでも注文品を運んでくるのは、もうロボットですよね。

現在は、小規模な会社がお店をたたんでいます。
跡地には、ビル建設のラッシュが続いています。
デジタル化に投資する資金がない会社は、淘汰(とうた)されています。

会社のオフィスでもデジタル化が進んでいます。

お店での白黒コピーは、1枚5円〜10円です。
しかし、カラーコピーは、1枚100円です。
カラーインクって、何で異常すぎるほど高いのでしょうか?

とくに大企業は、純正品のインクカートリッジを使います。
その理由は、格安の他社製インクを使って故障した場合、メーカー保証がなくなる可能性があります。

しかし、プリンターって思ったよりも安いんですよね。
メーカーは、最初にプリンターを安く売ります。
あとのインク代で、元を取ろうとしているのです。
しかも、現在は円安が進んでいます。
さらに、インクカートリッジの値段が高騰しています。

早急に、紙やインクの無駄をなくす対策が必要です。


じつは、FAXプリンター、FAX複合機を無くそうとするサービスが登場しています。

【eFax】(インターネットファックス)というサービスです。

すでに、全世界では、1,200万人が利用されています。

日本国内でも、60000件以上が対策を完了させています。


【eFax】は、電話回線がいりません。

インターネット回線でFAX送受信をします。


ファックス機もいりません。

受信するのは、パソコン、タブレット、スマホ、iPhoneです。


では、いくらぐらい節約できるのでしょうか?

レンタル中のファックス機(複合機など)を、【eFax】(インターネットファックス)に変更します。

すると 、年間で13万3,980円のコスト削減が可能でした。

月額で 10,835 円です。


コンビニでファックスを多く利用する方。
テレワークでのファックス代金を節約したい方。

これからは、月額1650円 〜(税込み)のコストだけで済みます。



<【eFax】の0円コスト>

ファックス機種代 0円
送受信料     0円
紙代       0円
電気代      0円
インク代     0円
修理代      0円
場所のコスト代  0円



【eFax】には、最大の利点があります。


<【eFax】の利点>

⑴ デジタルデータ
 ・ファックスの送受信データを保存できる

⑵ 編集(PDF・Word形式)
 ・届いたファックスを編集できる

⑶ セキュリティ 
 ・ファックス用紙を、紛失する心配がない



スマホ・iPhoneで、いつでも、どこでもファクスの送受信ができます。

書類のデータ整理は、パソコンです。

もう、一年中ファイルで書類管理するコストから解放されます。


ここ数年の時代進行は、生活スタイルを追い越しています。


ファックスも、アプリの時代です!




<お得情報>

⑴ 月額 ¥1650 〜(税込み)
 ・年払いプラン¥19800(税込み)


⑵ 送受信無料の範囲
 ・ 毎月150ページまで無料
 ・ 150ページ以上(国内)1ページ/11円

 
⑶ クレジットカード決済可能
 




≪eFax≫インターネットファックス

「ファクス書類を探すのはスマホから!」






eFaxの送受信は「いつでもどこでも」



eFax受信方法についての動画



eFax送信方法についての動画




スポンサーリンク








会社名 j2_Global_Japan有限会社
代表者  江森 芳隆
〒    101-0044
所在地  東京都千代田区鍛冶町2丁目2番2号
     神田パークプラザ5階








posted by taki13 at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 母乳育児
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11565217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
The education in mum's tummy
胎教から英会話
Why can babies learn in the womb?
赤ちゃんは何故お腹の中で学習できるの?
This is called Taikyo(fetal education) in Japan.
それを日本では胎教と言います。
プロフィール
taki13さんの画像
taki13
 @ 胎教英会話レッスンで赤ちゃんがバイリンガルになり、物心つくまでにはスムーズな学習体制に入れるように A ママが安産で母乳育児にスムーズに移って子育てがしやすいように、B パパが休日には家族で出かけて子供に将来の夢を探させてあげられるように、以上のような情報の配信を心がけております。 Taikyou-Eng.
プロフィール

胎教ランキング
152127 (3).png 1543204 (5).png 1611344.png
133822.png
【月刊 のむシリカ 】 ーBack numberー
【表紙モデル】メッセージ

鈴木 砂羽(女優)
・今の自分のまま、自然体で生きていきたい

ケンブリッジ飛鳥(プロスプリンター)
・自分のリズムがあると、体調の変化に氣づきやすい

上田 まりえ(タレント)
・年を重ねた今、若い頃よりずっと自由でいられる

小田 茜(女優)
・ルールは作らず柔軟に過ごすのが今のスタイル

鈴木奈々(モデル)
・美について考えた努力することが楽しい

浅田 舞(フィギュアスケート選手)
・憧れるのは、愛情深くパワフルな母のような女性

美村 里江(女優)
・自分の体をよく観察して、いつも調子のいい状態にする

比留 川游(モデル)
・体の中からキレイにしたほうがモチベーションを保てる

内田 朝陽(俳優)
・好きなことに、丁寧にシンプルに向き合っていきたい

関根麻里(タレント)
・できることにマインドを向けて、楽しく過ごす

ヒカル(YouTuber)
・今年の目標は美しくなること

水 夏希(女優)
・今の自分を好きになるように、ポジティブに捉える

DaiGo(メンタリスト)
・自分を整えるために水を飲む

渡辺 美奈代(タレント)
・自分と向き合って、自分に合うものを選んでいく

朝倉 未来(総合格闘家)
・身体能力を高めて、もっと進化していきたい

石川 恋(女優)
・自然と触れ合っているとポジティブになる

久保 佳那子(ミュージカル俳優)
・歌う上で、潤すことはとても大切

清川 あさみ(アーティスト)
・集中力を維持するためには水分は必要

松浦 悠士(競輪選手)
・長く走り続けるためにシリカは必要

窪塚 洋介(俳優)
・腸が整うとすべてが整う
 
稲村 亜美(タレント)
・自分の体に入ってくるものだから、食事が一番大事

城田 優(エンターテイナー)
・我慢をしすぎず、緩急をつけて生きていきたい

紺野 彩夏(女優・モデル)
・食事や睡眠、基本的なことを大切にしています

枡田 絵理奈(アナウンサー)
・食事はおいしく楽しくがモットー

生稲 晃子(女優)
・食事は自分が自然と口に入れたいものを選びます

宇垣 美里(フリーアナウンサー)
・食事は意志を持っておいしいものを選びたい

長谷川 理恵(ファッションモデル)
・何歳になっても体は無限に応えてくれる

優木 まおみ(タレント)
・自分を見つめる時間を作ってあげると、心も体も変わる

田丸 麻紀(女優)
・体にいいものは前向きに摂っていきたい

永井 大(俳優)
・体を動かして汗をかくと、水も美味しく飲める

杉浦 太陽(俳優)
・よく食べよく働き、目指すのは健康寿命を延ばせる体

南明 奈(俳優)
・水を飲むと体が気持ちいい

吉田 明世(アナウンサー)
・家族のために自分の健康を守りたい

田中 美保(モデル)
・規則正しく、そして息抜きしながら、が大事

魔裟斗(元キックボクサー)
・現状維持。当たり前のことをずっとやっていく。

新山 千春(女優)
・こだわりを持つようになってから、毎日が楽しい!

芦名 星(女優)
・体に正直に生きると整っていく

矢田 亜希子(女優)
・水分で体を潤しておくと美も健康も保たれる

荻原 智子(元水泳選手)
・ずっと水にふれてきたからこそ、その大切さをつたえたい

田中 雅美(オリンピック水泳銅メダリスト)
・1日1日を丁寧に過ごすことが充実につながる

篠崎 愛(グラビアアイドル)
・そのときほっしているものを素直に取り入れている

大石 絵里(モデル)
・体の内側から潤うと全てが上手くいく

中山 エミリ(タレント)
・おおらかで愛らしい大人の女性を目指したい

藤本 美貴(タレント)
・一生続けられるようなことを毎日積み重ねていく

三船 美佳(女優)
・いつも笑顔を絶やさないことがハッピーのカギ

内山 理名(女優)
・バランスをとって気持ちよく生きる

工藤 政英(キックボクサー)
・水は、格闘家を救ってくれる

スザンヌ(タレント)
・息子と日々暮らす中で、食への意識も変わった。

佐藤 あいり(モデル)
・あの空と海のブルーは宮崎でしか味わえない

今宿 麻美(モデル)
・モデルになるきっかけをくれた宮崎は、私の原点

西島 数博(バレエダンサー)
・今の自分には宮崎の穏やかさが丁度良い

オカリナ(タレント)
・にはふいに恋しくなる魅力がある

工藤 綾乃(女優)
・日南の海辺で波の音を聞くのが幸せ

浅香 唯(女優)
・宮崎にはいつも穏やかな空気が流れている

川口 ゆりな(アイドルグループX21)
・海も山も空気も水も、宮崎の全てが好き

宮崎 宣子(アナウンサー)
・パワーチャージをしに宮崎へ

最新コメント
462428.png