広告

posted by fanblog

節約には麦茶作りから!麦茶ポット(冷水筒)を選ぶ3つのポイント!

節約術・ご飯編です。


先日、「麦茶での節約」を考えてみました!

当たり前なのですが、麦茶のティーバックを使って自分で作るのが一番節約です!

最安値の600mlペットボトルと比較して、10分の1の値段(=約6円)で作れます\(^^)/


「そうは言っても、作ること自体面倒だーヽ(`Д´)ノ」という人は、ペットボトルにしてください(笑)

他の部分での節約を考えましょう!


「節約は魅力的だけど、麦茶ポット(冷水筒)を洗ったりするのがおっくうで・・・(´Д⊂」

という方は、節約のチャンスがあります!



私も麦茶ポット(冷水筒)を洗うのは、面倒だと思っています(*´д`)=з


そんな、面倒くさがりの私が、

「麦茶ポット(冷水筒)を選ぶ3つのポイント」を紹介します^^


我が家で使っている麦茶ポット(冷水筒)は、

無印良品「アクリル冷水筒 冷水専用約1.2L」 690円です。

かれこれ、5〜6年使っています!!


ポイント1 「茶こし」が付いている!



茶こしが付いているので、麦茶のティーバッグが下に落ちません。

下に沈んだ麦茶バッグを箸などで取り出す手間もいりません。

麦茶を抽出したら麦茶バッグをすぐに取り出すことができるので衛生的です。


ポイント2 「縦横置き両方可能」です!



麦茶ポット(冷水筒)は、冷蔵庫のドアポケットに入れますが場所が無い時があります。

そんな時、なぜか麦茶ポット(冷水筒)が邪魔に感じるのです!(私だけ?(*´ω`))

でも、縦横置き両方可能なら、冷蔵庫の棚に横置きすることもでき、邪魔になりません!


ポイント3 「手が入る大きさの口」です!



麦茶ポット(冷水筒)を洗うこと!これが一番手間だと思うのです!

でも、麦茶ポット(冷水筒)の中に手を入れて洗うことができたら、ちょっと楽でしょ?

これを(面倒だなーと思いながらも)できるかどうかが、節約の分かれ目です!!



ここまで、お読みくださりありがとうございます!

粗茶をどうぞ(*´ω`)



マグカップに入れてしまいましたが、アイス麦茶です(笑)



我が家の1.2Lだと、夏場は足りません。

無印良品の「アクリル冷水筒」には、大きめの2Lもあるので、

ご家族用には、大きめの2Lをおすすめします(*ノε`*)ノシ


この記事へのコメント

   
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。