広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年12月07日

かえるくん親子の英語学習記 There is 〜、There are 〜の文B


かえるくんです

There is/are の文を疑問文・否定文にします。

There are many books in this room. (この部屋にたくさんの本があります。)

Are there many books in this room? (この部屋にたくさんの本がありますか?)

副詞のthereを主語のように扱って、動詞とひっくり返して疑問文にしています。

かえるくんの息子も、なんで主語じゃないのに、thereがひっくり返るの??

と聞いてきました。

「副詞が前に来るといろいろとイレギュラーが起こるんだよ」

そういって、その場を収めました。まあ、気持ちは分かりますね。

凄くいい反応だと思いました。

ハードルの存在にちゃんと気づいてくれましたからね。

さて、次も同じような質問がきそうな気がします、疑問文に対する答えです。

Yes,主語 動詞、 No, 主語 動詞 not ・・・・・・みたいに覚えていたら、引っかかります。

もちろん、今まではそれでよかったんですから間違いではありませんexclamation

英語のほうが悪いんです!

答えは省略した結果!

今回はこれだけ覚えれば十分です。

Is he a teacher?  (彼は先生ですか?) この文にYes,Noで答えます。

Yes,he is ( a teacher.) (はい、彼は先生です
No, he is not ( a teacher.)  (いいえ、彼は先生ではありません

もうひとつ

Can he play baseball ? (彼は野球をできますか?) 

Yes,he can (play baseball.) (はい、彼は野球をできます
No, he ca not ( play baseball. ) (いいえ、彼は野球をできません

Yes, No のあとの部分に赤字の英文省略されています

Yes, No の答えを「はい、そうです」「いいえ、違います」とやってしまえばわかりづらい

ですが、しっかりと日本語をあててやれば、省略した部分が浮かび上がってきます

Yes,No のあとには、一丁前の肯定文、否定文が隠れているんです。

それを踏まえて

Are there many books in this room? (この部屋にたくさんの本がありますか?)

の答えは

Yes, there are (many books in this room).
No, there are not (many books in this room).  となります。

けっして、主語がmany books だからといって

Yes, they are / No, they are not.

とはなりません。

次に否定文については

There are not many books in this room. (この部屋にはたくさんの本はありません)

be動詞の文なので普通にnot をつけてください。



今回は以上です。

次回はno=not any という話をします。

2015年12月05日

かえるくん親子の英語学習記 There is 〜、There are 〜の文A


かえるくんです

there で始まる英文を見てみましょう。

@There is a book . (そこに本があります)

いちばん見受けられるタイプの英文です。

There is/are 〜 で (そこに)〜にいます/〜にあります と訳します。

be動詞の次にある単語が本当の主語でこれが単数ならis,複数ならareとなります。

普通なら、これだけ教えて、演習を繰り返して問題が解けるようになったらOK!

って具合になります。でも、倒置は英語にはよくある話で英文記事の”見出し”は倒置が

多用されます。実際の英語の新聞・雑誌はインパクトを与えようと倒置だらけです。

英語も日本語も人に伝えるためにある言葉です。そして、何かを伝えようとして

”一番だったよ、クラスで!” とか ”俺だよ、一番やってられないのは・・・”

などのように、一番伝えたい言葉を先に言うことがあります。

”There is/are 〜” の英文を ”そこにあるんだよ!” を強調したい英文だと考えたら

どうでしょうか?

疑問詞の時にやったように、さきほどの英文の順番を入れ替えてみます。

AA book is there . (本がそこにあります)

there は「そこに」という意味の副詞です。見覚えがある英文ですね。

さて、”そこにあるんだよ!” を強調するために、thereを文頭に持ってきます。

するとこんな感じになります → BThere a book is.

そこで主語と動詞が倒置(入れ替わります)します。

すると@の英文になります。

”There is/are 〜” の英文を ”そこにあるんだよ!” を強調したい英文だから

こんな単語の順番になるんです。

副詞を強調するために文頭に置いたら、主語と動詞の倒置は必ず起こるのかと

いえば、そうではありません主語が代名詞の時は、副詞が文頭に来ても倒置は

起きないのです。この倒置が起きないパターンで覚える英文はたった一つ

Here you are. (さあ、どうぞ) だけです。

さて、これを踏まえて、今回覚えなきゃならないのは

There is a book on the desk. (机の上に本があります)

There are thirty students in our class. (私たちのクラスには30人の生徒がいます)

Here you are. (さあ、どうぞ)


これだけです

くどくどと書いた内容は、なんとなく聞いたなあ・・・くらいで結構です。









2015年12月04日

かえるくん親子の英語学習記 There is 〜、There are 〜の文@

かえるくんです

中学生の英語でThere is,There are で始まる文を習います。

今までは肯定文では主語が1番に来て、動詞が2番目に来てという風に覚えました。

そして代名詞でthis,that,these,those,they などを教わり、これらは主語になりました。

thereは「そこに」という意味の単語(品詞は副詞)で習い、あわせてhereは「ここに」と

習います。

子供は「there はthese,thoseとかと形は似てるけど、主語にはならない」

そう思ってきたでしょう、かえるくんの子供も同じ事を言っていました

thereというややこしい単語を何とか区別してきたのに、ここで主語のような顔をして

突然現れるんです。

子供が英語でつまづくポイント、厄介なハードルの登場です。

ここをしっかりとクリアすることがとても大切です。

英語を理解するために必要な「倒置(とうち)」の存在を知らせることが重要です。

中学ではThere is,There are 以外に倒置の文は出てきませんので、説明なしに

スルーして、子供の頭を、もやもや、させておくより、英語では良くあることで

中学ではこれだけ覚えておけばOKとしたほうが安心します。

そして余裕があれば本人が自分で調べさせても、それはそれでとてもよいことです。

今回は以上です。

次回は、実際にどのように教えるのかお話します。









英語 ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログ 英検へ
にほんブログ村 クリックお願いします にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村 クリックお願いします にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村 電車 姉妹サイトかえるくんの諦めない日々
ファン
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
検索
英語学習ランキング
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
プロフィール
かえるくんさんの画像
かえるくん
元学習塾英語講師で小学生から息子に自分で英語を教えています。家庭でお金をかけずに、[毎日の短い時間で効果的に]を目標にリアルタイム実践を講義形式で更新してます。中学生のうちに2級を目指しています。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。