ページ内検索はこちら
棒人間ニュース
【人気記事】
小泉進次郎が年上41才の滝川クリステルとデキ婚!理屈じゃない!
横浜市の新交通システムの逆走事故は自動走行には多くの課題があることを露呈
蒼井優、33歳、妊活のお年頃で妊娠、結婚、休養のパターンだろう
熊本市ではいろんなことがある.女子高生がガールズバーで接客,市議会には乳飲み子と一緒に入場するババア議員もいるところだ
大戸屋のポイントカードが切り替え中、有効期限が一年以内になるという少し改悪
総務省の統計だってデタラメなのに厚生労働省を非難できるのか?
坂上忍が毒舌で嫌われてもバイキングで1日にもらうギャラは120万円以上
小保方晴子のグラビアに需要があるのなら、小保方晴子のヨガのパーソナルトレーナーは商売になる
竹内由恵アナ、33歳が結婚
タグクラウド
ファン
会員数10万人突破!+【タイムチケット】
京の気になるニュース
Google先生に聞いてみた
BBCニュースで英語を勉強しよう
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
stick human's news

2020年01月07日

白鷗には横綱相撲を命じる必要がある

相撲に横綱相撲ルールを作るしかない。
もともとモンゴル人なのだ。
ルールがないと説明できない。
白鷗のようなのが居なければ問題はなかったが、今ではルールを新たに定めるしかない。
order.gif

Yahoo!より、
白鵬、稽古総見でもかち上げ、張り手連発 厳しい攻め?に「そうかな」
1/6(月) 13:53配信デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000067-dal-spo
記事より、
 初場所に向け、6日、東京・両国国技館で横綱審議委員会(横審)による稽古総見が行われた。
 横綱白鵬(34)=宮城野=は新小結、大栄翔(追手風)と稽古し、かち上げ、張りを連発。
 先場所、立ち合いを「見苦しい」と批判した横審委員が居並ぶ前で、“オレ流”を貫いた。
 先場所、自身最多を更新する43度目優勝を果たした。唯一敗れた大栄翔を三番稽古(同じ相手と続けて取る)に指名。先場所は右かち上げが不発で守勢となり、一気に押し出された。その“雪辱”とばかりに右腕にはしっかりサポーターを巻き、最初の一番から、右を固めて力強く当たった。
 4連勝とすると次第に乗ってきた。五番目、右肘を顔付近に直撃させ、のけぞらせ、すかさず、のどわで突き出した。その後は、かち上げ、張り差しとオンパレード。12戦全勝で締めた。
 稽古後は「不思議と体が動いている。九州場所からそのまま流れが来ている。冬巡業も体は動かしていたから。(大栄翔は)先場所唯一負けたから。いろいろ試した。流れを意識してやった」と納得顔。厳しい攻めと問われると「そうかな」と、短く答えた。
 見守った横審の矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は「だいぶ元気なんじゃないですか」と話した。批判した立ち合いに関して「それらしいのが一番あった。(今後も)ちゃんと見ていく」と
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9539786
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック