写真ギャラリー
最新記事
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年04月05日

モロッコ3泊4日B後編&雑貨紹介

3日目後半です♪

vertlaのツアーで、アイド・ベン・ハッドゥへ訪れ、ワルザザードで昼食です。
雰囲気のあるレストランでした。

プールもあるレストラン。おそらくホテル内のレストランです。
IMG_0994.JPG

エジプトな雰囲気のある店内。
IMG_0992.JPG

IMG_0993.JPG

タジン鍋料理
IMG_3069.JPG

IMG_0995.JPG

お酒も飲めるお店です。
IMG_0996.JPG

昼食後は、Cinema Studio Atlasへ行きました。
様々な映画のロケで使われてきた場所です。

映画「クンドゥン」で使われたセットらしい。
IMG_0997.JPG

右にいる方々はフランスのアヌシーから来たそうで、当時ジュネーブに住んでいた我々の街から
かなり近いところにお住まいでした。お互い「あらまー奇遇ね!」と仲良くお話ししました。
モロッコは昔フランスの植民地だったこともあり、フランス語を話せる人が多く、
解説員もフランス語と英語を使って解説していました。
IMG_1003.JPG

ファッションセンスが良い解説員ですね。
IMG_3107.JPG

エジプトらしい雰囲気のものが多かったです。
映画「ハムナプトラ」「スターウォーズ」の撮影でも使わているそうですが、
映画がさっぱりわからなくて・・・。
見たことある方は、写真を見ながら「ここはあのシーン!」と
テンションが上がってますかね。
IMG_1005.JPG

IMG_1009.JPG

IMG_1011.JPG

IMG_1013.JPG

IMG_1016.JPG

これは帰り道の写真。「アラビアのロレンス」という映画で使用されたガスパ。
IMG_1033.JPG

残念ながら、映画を見ていない私は楽しめなかったのです・・・涙
何がなんだか覚えていなくて、何も解説できません。
ただし、エジプトには行ったことがあったので、カラフルなエジプト風な建物を見ると。
当時はこんな感じだったのかなあ・・・って思いを馳せることはできました。

これにて3日目は終了です。
4日は午前にマッサージ屋さんへ行ってから(モロッコは安いですよ!)、飛行機で帰国。



☆☆☆お土産はこんなものを買いました♪☆☆☆

ミニタジンには、角切りバターやジャム、オリーブを入れます。
IMG_1046.JPG

壺はたばこ用の灰皿として使用します。
IMG_1045.JPG

ミントティーを飲むのに使います♪すごくきれいなコップが気に入っています!!
IMG_1048.JPG

おじさんが道端で売っていたランプ。1つ500円以下で買えました。
手作り感が満載なランプですが、だからこそ味があって良かったです。
色もデザインもよくて、かわいいランプです。
IMG_1046 1.JPG


以上、モロッコの旅ブログでした〜☆


◎◎◎関連雑貨・食品のご紹介◎◎◎

関連雑貨・食品ご紹介コーナーでは、ブログを見てくださってる方から「あの商品ネットで探してみたけどない!」、「どれを選んだらいいかわかんなかった」という声をいただいた経験をもとに、私なりの見解を含めて商品の紹介をさせていただいてます。

今回はモロッコ感が良く出ている&デザイン値段よさげなものを抜粋してみました!!!
参考にしてくださいませ〜。(2020年4月情報です)

まず最初に、ネットでモロッコ商品買うならここいいなーと思いました。
値段もよいし、モロッコらしいデザインが勢ぞろいしています。
http://mariposadelaesperanza.com/?mode=grp&gid=503718

ただし、売れきれも多いので、
以下のものも参考にしていただければと思います。

@お皿

質感、デザインがモロッコっぽさ出てます◎手作り感がそれっぽい。スークではものによりけりですが、1000円くらいでよく売っていましたが、輸入品でかつあまり売っていません。他にももっと上品なものがありましたが、なんだか北欧っぽいし、モロッコ庶民派皿ならこれだと思います。笑

モロッコ 皿 26センチ 4カラー

価格:4,180円
(2020/4/17 16:57時点)
感想(0件)




Aタジン鍋
見つかりません!最初に紹介したサイトか、メルカリ狙うしかないですかね。


Bケトルポット CコップDテーブルプレート

モロッコで私が買った食器セットは、ケトルポットは2500円前後、コップは6個で1000円、テーブルプレートが1500円前後。元値はもう少し高くて、価格交渉してもなかなか下がりませんでした。旦那がペンをあげたら、さらに下がりましたが。(モロッコではペンは高機能な書き物として有難がられます!)
となると、特にコップとケトルは高すぎるなーという印象のものがネットには多いです!直接行って買うのがいいですが、そうもできないのであれば、以下をすすめます。


Bコップ
まずコップを買うならこれですかね。金銀の簡単な模様が印字されたコップありましたが、やっぱりカラフルがモロッコぽい印象です。柄もトルコにより過ぎないデザインですし。

モロッコ ミントティーグラス アラベスク 耐熱グラス グラス チャイ ハーブティー モロッコ雑貨 食器 おしゃれ かわいい ギフト プレゼント

価格:880円
(2020/4/17 17:36時点)
感想(1件)




Cケトル
ケトルはネットで全然見つからなくて、以下のものしか紹介できないです!コップが小さいので、コップ4個くらいなら、1-2人用のポットでいいんじゃないかと思いますね。ケトル小さくても、1人1杯ずつは必ず飲めるでしょう。お湯入れると取っ手熱くなるので気を付けてくださいね。あと、紅茶だけでなく、たっぷりの砂糖とミントも用意してくださいねっ!

モロッコ メタルティーポット01 (1-2人用)やかん ケトル ティーケトル モロッコ雑貨 インテリア

価格:4,400円
(2020/4/17 17:43時点)
感想(0件)




Dプレートテーブルも、あると華やかです!買うときには、コップとケトルが置ける大きさを買うように気を付けてくださいね!私の家にあるものは、プレートが直径30cm(ふち含む)で、コップ6個(口径6cm)、ケトル1個(長さ22p)が入ってます。直径20cmのプレートだと、ケトルのせたらコップ2個ぐらいじゃないですかね。というわけで、余裕をもって直径25cmおすすめしておきます。

φ25cm モロッカンプレート手彫りの模様がかわいい真鍮トレイ

価格:4,950円
(2020/4/17 18:07時点)
感想(0件)




以上!

2020年04月04日

モロッコ3泊4日B前編

モロッコ3日目は、veltraツアーに参加しました◎

veltraツアーさんは、様々なツアーと比較してもお得で便利なツアーが多く、よく利用しています♪

IMG_3010.JPG
アイト・ベン・ハッドゥ。世界遺産にも登録されています。

早朝、マラケシュの街を出発しました。車で移動です。
車から見える景色が最高にきれいで何枚も撮影してしまいました。
IMG_2908.JPG

IMG_2911.JPG

IMG_2917.JPG

IMG_2918.JPG

IMG_2921.JPG


車から見える景色が変わるので、飽きませんでした。
砂なイメージの強いモロッコですが、緑もいっぱい。
オリーブの木が生えているのも見えました。

途中、カフェでの休憩が入りました。
朝食をいただきました。モロッコのクレープ「ムスメン」です。
ミントティーと一緒に、雄大な景色を眺めながらいただきました。
IMG_0904.JPG

IMG_0907.JPG

これは道中で見つけた街。趣のある街がしばしば見ることができました。
IMG_0925.JPG

アルガンオイルのお店(ASSAISS OUARGAN TICHKA)にも途中立ち寄りました。
手作業で、アルガンの実をすりつぶしてつくっていました。
ネットでこのツアーに参加した人の口コミを読んだところ、ここのは他のに比べて品質も良く、
市内で買うより安いとか。乾燥肌に悩んでいましたので、購入。
これは本当に買って良かったです◎長時間潤います!効果がスバラしかったです。
IMG_0928.JPG

IMG_0930.JPG

IMG_0931.JPG

IMG_0933.JPG

食用から化粧品用まで販売していました。
IMG_0934.JPG

車移動まだまだ続きます。
googleで改めてマラケシュからアイト・ベン・ハッドゥまでどのくらいかかるのか調べたら、
3h30minでした。結構遠いですね。信号なくて、スムーズに進みましたが。

道中絶景ポイントがあると立ち止まってくれました。
IMG_0947.JPG

ついに美しい集落、アイト・ベン・ハッドゥに到着!
ここから自由行動です。橋を渡って、あの頂上まで歩きますよ!
IMG_0962.JPG

遺跡かと思いきや、今でも現地の方に住んでいる人がいます。
にぎわっている感じはありませんでしたが。
観光客向けに手作りの雑貨物や、スカーフなどを売っていました。
IMG_0966.JPG


なぜこのような集落がこんな山奥にあるのかというと、
先住民(ベルベル人)がアラブ人からの侵略から逃れるためだったそうです。
頂上には大切な貯蔵庫があり、集落は迷路のように入り組んでいます。
壁に銃用の穴もあり、闘いに備えられた集落になっています。
このような集落を「クサル」というそうです!
IMG_3010.JPG


貯蔵庫辺りから撮影。
こんな茶色な大地にも小さな川が流れて、緑がはえてるんですよー。
この川が氾濫することもあるようです。
IMG_0969.JPG

旦那が着ている服は、エジプトで買ったガラビアという民族衣装です。
モロッコとは関係がありません。笑
IMG_0970.JPG

スカーフの色が鮮やかできれいです!
IMG_0985.JPG

お次は、ランチとワルザザードです♪

2020年04月03日

モロッコ旅行3泊4日A後編

5日間スキーのツアー添乗に行っていたため、ブログの更新ができませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
事前予告できず申し訳ありません!

モロッコ旅行2日目の後半ブログです◎

IMG_0861.JPG
モロッコのスーク(商業地区、市場)。かなり広範囲に広がっており、まるで迷路。

マジョレル広場をUberタクシーで出発し、フナ広場周辺のスークに降ろしてもらうことにしました。
IMG_0860.JPG

靴屋さんや食器屋さん、スカーフ、ランプなどが印象的でした。
IMG_0863.JPG

スークから外れたところに、木が植えられていたんでしょうか。(記憶あいまい)
オレンジのような実が落ちていました。
各国観光地や道を歩いていると、果物の実がなっていることがあるんですけど、
あれって最後どうしてるんですかね?誰が食べてるんでしょうか。
IMG_2890.JPG

夕暮れ。赤色したマラケシュの街の壁色がより一層きれいに見えますね。
IMG_0868.JPG

左側のはモスクかもしれません。スークを歩いていると、教会はモスクなどがあります。
お祈りの歌が聞こえてくることもあります。
IMG_0870.JPG

ブナ広場を目指してスークを歩きました。
最初はなんとかgooglemapでそれなりにブナ広場近くまでいけたんですが、
途中から看板を頼りに歩いたんですね。
そしたらなんと、フナ広場と逆の場所に連れていかれるという・・・。
人の流れを見て、なんとかブナ広場たどり着きましたが。本当に迷路でした。
IMG_0871.JPG

夕食。パンとオリーブからスタート☆
レストランは「Taj'in Darna」です。評価良し、眺め良しのレストラン。
このパンはおそらくボブズ。モロッコでよく食べられているパンです。
IMG_0874.JPG

ハリラスープ。野菜とひよこ豆の優しいスープです。
IMG_0875.JPG

やっぱりタジン鍋!
IMG_0878.JPG

野菜たっぷり♪
IMG_0882.JPG

夜のにぎわうフナ広場
IMG_2902.JPG

2日目これにて終了!
3日目はアイト・ベン・ハッドゥ&ワルザザードのツアーの様子をお伝えします♪

2020年03月26日

モロッコ旅行3泊4日A前編

モロッコ旅行2日目に突入!
今日は1日マラケシュ散策です。


IMG_0769.JPG
※バヒア宮殿

朝は宿泊しているホテル「Riad Casa Sophia」で朝食をいただきます。
パン、クレープ、バカリール(モロッコのパンケーキ)、バター、ヨーグルト、お茶。
タジン鍋の形をしたミニ皿で出てきました。
IMG_0702.JPG

IMG_0704.JPG

IMG_0705.JPG

歩いて市内観光スタート。
馬車も車も道路を走ります!
IMG_0711.JPG


「Souk el Kheir」という名のマーケットに行きました。

魚屋さん
IMG_0712.JPG

卵屋さん。これは新鮮に違いない!
IMG_2828.JPG

鶏肉屋さんが肉を解体しております。
羽がたくさん床にあります。生きた肉をその場で食べられる状態にしてるのかな。
新鮮に違いない。
IMG_2829.JPG

食用に売られている鶏。
すごく静か・・・。
IMG_2830.JPG

きれいにパックされた鶏肉を食べている日本じゃ、
日ごろから食材を手に入れられる食品店でこのような光景は見ないですよね。
お国によっては、道端に食用の鶏が売られているからびっくりです。

マーケットを後にして街を歩きます。
IMG_0716.JPG

エル・バディ宮殿。
建てられた当時(16世紀)は、金・大理石などが使われかなり厳かだったそうですが、17世紀末からモロッコを統治していた王様により破壊されたそうです。建設年数25年。
IMG_0722.JPG

というわけで、破壊されたと思われる場所に鳥さんの巣を発見!
IMG_0723.JPG

IMG_0745.JPG

水がきれいですね
IMG_0731.JPG

オレンジが実ってますよ、みえますか!?
IMG_0739.JPG

茶色?ピンク?街の壁の色綺麗ですよね。マラケシュはバラ色の街とも呼ばれているらしいですよ。
IMG_0741.JPG


歩いてさらに5分程度でバビア宮殿(イスラム建設)。
総理大臣クラスの偉大なお方のための邸宅だそうで、14年かけてつくられたそうです。
IMG_0748.JPG


ちなみにイスラム建設っていうのは、ぺルシア,ビザンティン,西ゴートなどの文化を独自の様式にしていったものらしいですよー。なんかペルシャ絨毯思い浮かびません?通りでなーって思いましたよ。
IMG_0752.JPG

噴水結構登場しますよね。なぜなのか調べてみたんです。
イスラム的な意味としては、@儀式で身を清めるのに使う A乾いた気候に潤いのイメージをもたらす
この2つがあるようです。
モロッコ文化においても、水は重要だったようで(乾燥してるし、水不足のようだしなあ)、
だからこ噴水があるのではないか説がありました。
IMG_0757.JPG

モスクっぽい、ペルシャ絨毯っぽい。
IMG_0760.JPG

こんなところにも噴水。点々と置かれています。
IMG_0764.JPG

きれいだー。
IMG_0765.JPG

ひと休憩。そしてここから迷宮に迷い込みます。なんとか出られたけれど笑
IMG_0768.JPG

ステンドグラスもきれいですよ♪
IMG_0774.JPG

宮殿をあとにして、街歩き。
スパイス屋さん。山盛りですね!写真撮りたくなるの、わかりますよ!!
IMG_0776.JPG

人が結構並んでいた観光地に気分で立ち寄りました。
サアード朝(16世紀初頭〜1659年)の墳墓群。
サアード朝はオスマン帝国の拡大を阻止したそうですよ。強そうですね!
そしてこの時代のアフメド・アル・マンスール王といえば、
先ほどアップしたエル・バディ宮殿つくらせた人です。
IMG_0781.JPG

荘厳な雰囲気がすごいです!
IMG_0782.JPG

IMG_0784.JPG

墳墓群をあとにします。
IMG_0787.JPG

マラケシュで1番美しいというわれているらしい、アグノウ門。
綺麗なものを見すぎて、すごさがいまいちわからなかった。。。
IMG_0791.JPG

門の前でUberタクシーを拾い、マジョレル庭園へ。
フランス人で画家であり植物収集家であった、ジャック・マジョレル氏が造園したそうです。
彼の遺灰がこの庭園にまかれているそうです。
本当にこの庭を気に入っていたんでしょうね・・・。
IMG_0802.JPG

IMG_0803.JPG

IMG_0818.JPG

IMG_0822.JPG

IMG_0828.JPG

IMG_0832.JPG

庭園の中にはカフェがあります。
モロッコ風のお茶を楽しめます♪
モロッコのお茶は急須を手がまっすぐに、ピン!となるほど上に伸ばして注ぎます。
ミントティー(アッツァイを頼むとでてくる)が砂糖たっぷり入っておいしいんです。
私ミント好きじゃないんですが、モロッコのミントティーは格別においしかったです!
IMG_0833.JPG

IMG_0842.JPG

IMG_0844.JPG

でかいサボテン!!!
IMG_0846.JPG

異国情緒あふれる、青のコントラストが美しい庭園でした。

ながーくなったので2日後半は次回!

2020年03月25日

モロッコ旅行3泊4日@

ブログ更新遅くなりましてごめんなさい!

ヨーロッパからところ変わりまして、モロッコを紹介♪
2017年の3月3日から6日まで、4日間の滞在をしました。

IMG_0693.JPG
※マラケシュのフナ広場で夜に開く屋台

モロッコが気になり始めたのは、シャウエンと呼ばれる青い建物群がある地域を知ってからでした。
行ってみたくて行ってみたくてこの度・・・行ってないんです!!!涙 行きにくい!
結果、今回はマラケシュに行くことに。
いつかスペインから船でモロッコに上陸して、シャウエンに行く日を夢見ています◎

でもでも!短い期間でモロッコのいいところを堪能するならマラケシュを中心にするのがおすすめ☆
ということで、マラケシュ空港に降り立ちました!

茶色の建物が印象的なお国のマラケシュ。土でできてるの??
IMG_0654.JPG

空港からフナ広場がある中心地まではUber移動。
国の治安に合わせて地元のタクシーは使わないのが賢明!

フナ広場に到着後は、細い路地を歩いてまずは宿泊施設へ。
猫もたくさんいます♪
IMG_0660.JPG

宿泊したホテルは「Riad Casa Sophia」という宿。
立地はフナ広場という中心地から近いし、朝食付き、スタッフさんのホスピタリティも最高で、コストパフォーマンスのいい宿です。
また、手軽にリヤド(モロッコ独特の宿泊施設のことです)を楽しみたい方におすすめします◎

こじんまりとした古めかしい宿。ですが、お掃除は行き届いていて清潔です。
IMG_0664.JPG

明るい色のお部屋です
IMG_0665.JPG

外にでると吹き抜けになっていて、下には朝食会場があります。
屋上では真っ白な洗濯物が干されていました。
IMG_0669.JPG

宿に荷物を置いて、フナ広場にあるレストランで昼食を食べます。

フナ広場を見ながらご飯を楽しめるレストラン
IMG_0674.JPG

モロッコでの食事では、パンとオリーブがよく登場します。
まずはパンを食べながら食事を待つ!!!
IMG_0672.JPG

タジン鍋登場!
お野菜&豆がいっぱいで女子にうれしいお食事です☆!!!
下にクスクス(パスタ!米粒の5分の1くらいの大きさ。やわらかいです。)がたっぷり入っていました。
IMG_0676.JPG

食後もゆっくりレストランで休憩。
IMG_0678.JPG

そして日が暮れる。
この日は仕事の翌日モロッコ出発だったので、ちょっと疲れていましたね。
夜にまたフナ広場へ行きました。

夜に現れたゲーム屋台。
釣り竿の先についている紐の輪にペットボトルをくくりつけて持ち上げて、
自分のところまで移動させるゲーム。有料ですよー◎
IMG_0684.JPG

屋台はとっても数が多いです!その中から2つ選んで入りました。まず1店目。
IMG_0689.JPG

牛肉と羊肉の煮物だったかな。まずまずのお味だった。
IMG_0690.JPG

次の店!ここがおいしい!!!
エビのから揚げと、なすの炒め物?・・・いや揚げ物なの??
ガーリック風味しっかりしいて、やみつきな味でした。
IMG_0692.JPG

この看板を見たらぜひ試してください!
最初の画像もこちらのお店のものです。
大人気のお店でした☆
IMG_0694.JPG

本日はこれにて終了!
次回はバビア宮殿やマジョレル庭園という、青が美しい建物が登場します☆
カテゴリーアーカイブ
検索
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。