<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
ファン
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2017年10月15日

【vsftpd】chrootされたSFTP専用ユーザのFTP転送logを/var/log/sftp.logへはきだす方法

タイトル通りを実現したい方向け。
だいぶハマったし、記事がなかったのでメモ。


環境
CentOS6.5
Filezilla3.28(最新版)



1.sshd_config設定ファイルの変更

# vim /etc/ssh/sshd_config

↓以下に変更↓

#Subsystem sftp /usr/libexec/openssh/sftp-server -f LOCAL5 -l VERBOSE
Subsystem sftp internal-sftp

Match Group sftp_group
ChrootDirectory /data/sftp/%u
ForceCommand internal-sftp -f AUTH -l INFO
#PasswordAuthentication yes
# X11Forwarding no
# AllowTcpForwarding no
# ForceCommand cvs server


2.ssh_config再起動

# service sshd restart



解説:
・chroot化 →/data/sftp/クライアント名 以下みられない
・SSHログイン不可 →SFTP送受信専用ユーザ完成。セキュリティ上SSHでTeraTermとかで入れないように。



3.rsyslog.conf設定ファイルの変更

# vim /etc/rsyslog.conf

↓以下を追加↓

if $syslogfacility-text == 'authpriv' and $msg contains 'flags WRITE,CREATE,TRUNCATE mode 0666' then /var/log/sftp.log


4.rsyslog.conf再起動
# service rsyslog restart



解説:
/var/log/secure より出力したいlogの一部を上記のように記載
例1)ファイルのダウンロードだけsftp/logに書き込みたい →上記を追加
例2)/var/log/secureの全てをsftp.logに書き込みたい →if $syslogfacility-text == 'authpriv' then /var/log/sftp.log



とりあえず上記1.~4.を実施することでタイトル通りのことはできます。



あとはローテーション設定も追加すればよいと思います。

5.logrotate.d/syslogファイルの編集

# vim /etc/logrotate.d/syslog
↓以下を追加↓
/var/log/sftp.log




以上。
タグ:vsftpd
【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6861464
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
RSS取得
タグクラウド
プロフィール
ふるきちさんの画像
ふるきち
ご訪問ありがとうございます。ふるきちと申します。 片付けが苦手な妻とお話大好き娘(2歳)、暴れん坊息子(0歳)の4人家族。 家族の時間を大切にしながら東北のド田舎に素敵なマイホームを建てるため 日々、サーバエンジニアの仕事に励んでます。 将来、子供に誇れる仕事にしていくため、仕事、生活を赤裸々に公開中^^
プロフィール
記事ランキング
最新コメント
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。