広告

posted by fanblog

NICE KARATE LIFE VOL.220

糸東会の会報ネタが続きましたので今日は全空連ネタです。

以前にもご紹介したことがありますが、全空連の季刊誌NICE KARATE LIFEが、先日自宅に届きました。

これは全空連会員全員の自宅に届くようになっているようです。

新春号ですので、もちろん、全空連会長・副会長の新年のご挨拶は掲載されていますが、表紙をめくると、トップページは、昨年11月に財団法人日本武道館の主催により、「日本武道団」がメキシコ合衆国へ派遣されたときのニュースが一面に掲載されていました。

下の写真はそのときの演武や指導の様子です。

約束組手演武をされている左側の先生は、和道流の柳田俊介先生で全空連1級資格審査員でいらっしゃいます。

またもう一つの写真は、ニーパイポを指導されている原口高司先生で、糸東会の誇る全空連1級資格審査員です。

この記事によると、1609年、房総御宿沖で遭難したメキシコの軍艦の船長らを救難したことを機に日本とメキシコ間に交流が始まり、2010年が400周年に当たることから、2010年の日本武道団の派遣をメキシコ合衆国に決められたそうです。

また、この季刊誌の最後の方のページには、今年度、全空連公認段位を取得された方々の氏名が掲載されており、本学の現役・OBで昇段された皆様のお名前もしっかりと確認させていただきました!


この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。