2019年02月07日

3人の石切職人の話 モチベーション

「我が職を天職と思い、そこに全身全霊を傾ける」


かっこいい言葉ですけど、たまには仕事に嫌気が差すときもあります。


常に漫然と言われたことだけやってるよりは「たまに」だからいいですかね。モチベーションの維持にはそれぞれのやり方があると思いますが、仕事に対する「考え方」のひとつのお話を紹介したいと思います、


3人の石切職人のお話です。


ご存じピラミッドですが、これを作るために石を切っている3人の仕事に対する考え方の違いです。


壮大なスケールのピラミッドですが、何十年とかかる建造物。その苦労は途方もないものです。


まず一人目の方Aさんに声を掛けてみました。なんだかつまらなそうに石を切っています、


「あなたはどんな仕事をされているんですか?」


「はぁ?見りゃわかるだろう。誰かの墓になるらしいけど毎日毎日こうやって石を切ってるだけだ」



続いてBさん


「あなたはどんな仕事をされているんですか?」


「私ですか、王さまのお墓を作っているんです。そのための石を切っています」



イキイキと仕事をしています。そのなかでもひときわ輝くように仕事をしているCさんにも同じことを聞いてみました。


「あなたはどんな仕事をされているんですか」


「はい、私は仲間と共に歴史を作っています」



やりがい、生きがい、それは人それぞれですが、指導者がどう思わせるか?と言うところも考えさせられる話ですよね。


そんなことでまた・・・



この記事へのコメント
モチベーションは自分の仕事が後世にどう残るかで上がったり下がったりする。


経営者が労働者に対してどういう風に伝えているか?
そこがやる気か出るか否かの違いって事ですね。
Posted by けいすけ at 2019年02月19日 09:05
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス: 必須項目

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8539251
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ご師匠たち

ランキングページにリンクします
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村 応援よろしくお願いいたします
ファン
カテゴリアーカイブ
気になるブログ
最新記事
最新コメント
最新記事
検索
同僚の組んでいるバンドです。地元をメインに活動中です。イベントがあると地方ですがお声がけ頂けるようになったそうです。仕事もプライベートもモチベが大事! FOUR RAT FAMILY「サクラサク」 LIVE