2017年04月13日

USCPA 勉強方法の話 MC問題については、紙ベースかそれともPC、どちらを選ぶか


2017年4月から新試験制度に移行したため、わたしがせっせと書き記して来たブログ記事もすでに多くが陳腐化している。

TOEICテストにしても然り。

とはいえUSCPAの試験にしても旧制度から通ずる部分も多いので、わたしの勉強方法のうち、自分なりのものを紹介しておきたい。

今回の記事は、単純に紙ベースが良いかPC版で問題を解いた方が良いかというお話である。

ちなみに私は完全にBISK及びWileyの紙ベースのみ使用して合格した。

プロアクティブでも、BISKやWileyの問題をPC上で解けるようにしているが、わたしはほぼ使っていない。どうしても書籍の解説を読んでもわからない問題について、プロアクティブの佐々木講師が解説しているものを閲覧したくらいである。そういう問題に限って「こんなのAに決まってんじゃん!だから答えはA!」みたいなことしか言わないのだが、笑。(ちゃんとした解説ももちろんしてますよ)

PCに触れないということは、私も最初の科目であるFARを受験する際は、不安しかなかった。
いくら内容は同じであるからといって、全くPC上で問題を解かずして本番に臨むのはいかがかと思っていたのである。

しかし結果は合格。
PCの使い方に少々戸惑うが、解き始めればなんてことはない。

結局、どういう媒体を使うかよりも量である。とにかくMC問題については解いて解いて解きまくったが勝ちである。

私の場合は、通勤時間中の勉強がメインであり、自宅でも細切れで勉強することが多かったため、紙ベースの方が向いていたと思う。

もちろん、自宅でじっくり勉強できる人はPCで解くべきであると思う。

プロアクティブのPC画面では、特段チェック機能は付いていない。
チェック機能とは、複数回間違った問題や気になる問題などを備忘で記しをつけておく機能だ。もしPCを使うなら紙に記録を残しておくべきであろう。もちろん正答率も出ないので、自分がどの程度正解したかを知るためにも記録する必要がある。

他校については存じ上げないが、もう少し便利機能が付いてるのではなかろうか。
これから勉強開始を検討する人は専門学校に要確認である。

さて、紙面での勉強スタイルに戻るが、どこの教材を選んだにしても量が膨大である。
タウンページ並みである。若者は知らないか?

しかし半分以上(いや4分の3くらい?)は問題ではなくテキスト部分である。

テキスト部分は基本不要である。独学者であれば必要かもしれないが、専門学校で授業を受けていれば、あとはアウトプットのみ。必要部分は問題と解答解説部分だ。

わたしは、BISKとWileyについて、問題と解答部分をちぎりとり、論点ごとに持ち運んで、電車内などで勉強した。下の写真のような感じ。

bisk.jpg

かなりの軽量である。
これはお勧めだ。

世の中にはWileyなどの洋書を一冊持ち歩いて勉強している強者もいるかもしれない。
が、電車であんなもの見てたら(特に立ってでも見よう根性なら)、完全に変な人だ、笑。

まあ勉強スタイルは人それぞれであるが、わたしは、そのようにして合格したということだ。


PS:洋書をちぎる場合は当たり前だが、切り取り損ないに注意が必要だ。

ALEX


USCPA専門学校リンク
USCPAを目指すならアビタス。

資格の学校TAC<米国公認会計士>初学者向けコース開講

プロアクティブ米国公認会計士

大原簿記専門学校 USCPA講座はこちらから

資格スクエアUSCPA講座はこちら
posted by Alex at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | USCPA全般

2017年03月30日

USCPA ライセンス(WA)手続そのA AICPA Professional Ethicsテストに合格しよう。


NIES学歴審査に申し込んだのなら、まずはAICPAの倫理試験に合格を目指そう。

こちらのHPにアクセスしてProfessional Ethics: The AICPA's Comprehensive Courseなるものを購入する。

オンライン版とテキスト版があるようだ。

プロアクティブはオンライン版について模範教材サポートなどを準備しているので、オンライン版を申し込んだ。

これを購入したのちは、1年内にテストを合格する必要があるようだ。
オンラインのページにテキストが含まれており、テストもオンラインで解く。

本来は、当該テキストである程度勉強しつつ、テスト時も該当箇所を見ながら正解を導き出していくことになる。なお回答は4択である。

しかし、実際のテスト内容を予測したプロアクティブのサポート教材があるため、こちらを参考にしながら解いていく方が手っ取り早い。

90%以上が合格らしいが、わたしはScore97であった。

AICPA Ethics.jpg

ちなみにワシントン州のEthicテストも別途合格(90点以上)が必要なのであるが
こちらは1度失敗して、まだ合格していない。
そのうちこちらも記事にしたい。

ALEX

USCPA専門学校リンク
USCPAを目指すならアビタス。

資格の学校TAC<米国公認会計士>初学者向けコース開講

プロアクティブ米国公認会計士

大原簿記専門学校 USCPA講座はこちらから

資格スクエアUSCPA講座はこちら

2017年03月29日

USCPA 新たな勉強方法 Wileyと資格スクエアが提携したというNews

つい昨日、Wileyと資格スクエアが提携するというNewsをウェブで見かけた。

例えばこちらをご覧ください。

Wileyとはおそらくであるが、もともと、日本の専門学校とは提携はしていないものの、日本でも購入が比較的容易であったから日本人受験者には人気があったと思われる。

また、我らがプロアクティブはもともBISK社と提携していたが、同社のクローズに伴い、Wileyを使用するようになっていた。どのような形で提携していたかは知らなかったが、勝手に利用していただけなのかな。

資格スクエアを運営しているのは潟Tイトビジットというが、わたしは知らなかった。

公認会計士講座もあるようであるが、東京CPA学院がやっている(委託されている?)模様だ。

資格スクエアのWiley講座に申し込むと、日本語解説をしてくれるようなので、もしかすると東京CPA会計学院の人たちが解説してくれるのかな?
それとも新たに講師をやとったのか。不明である。

ともかく、独学スタイルを取りたいが、若干日本語の解説も欲しいという人には良いのかもしれない。

日本語講座の内容はともかくとしてWileyはしっかりしたテキストであるため、もともと独学に近い勉強をイメージしている人には受講してもリスクは少ないであろう。

プロアクティブも日本語での解説はざっくりとしているため、資格スクエアとの競合先になるのでは。

TACやアビタスよりもプロアクティブのスタイルに近い気がする。

個人的には新規参入先よりも、既存の専門学校をお勧めしたい。
とはいえプロアクティブはいつまでたっても日本語のテキストとかを強化することがなさそうなので、東京CPA学院がついている資格スクエアの方が将来的には、良いものになりそうな予感である。

金額的には、4科目で172千円と破格であるが、日本語がどの程度ついているのかは不明。
今なら開校キャンペーンで約103千円だ(投稿日現在)。

下記リンクを見てもらえれば分かるが、AmazonでWiley4科目を買っても53千円はするのだ。


値段もやはりプロアクティブと競合。
ちなみに受験生にとってとても重要な追加単位の取得は準備中となっている(投稿日現在)。
これが確立されない限り受講生は集まらないと思うが。

いずれにしても、これからの学校ですね。
単科もあるようなので、既存の受験生でWiley使用者は取ってみてもいいかもしれませんね。
単科はどの科目も43千円であるが、今はキャンペーンで32千円みたいである。

資格スクエアUSCPA講座はこちらからどうぞ

念のため申し上げると、プロアクティブの佐々木講師もWiley全問解説(ほぼ全問?)をやっている。めちゃ適当なときもあるがw。

資格スクエアは無料会員登録というものもあるらしい。まずはこちらに登録して相談するのが良さそうだ。100講義が見放題になるらしいが、すでに米国公認会計士も見れるのかな?

ご参考までに。


ALEX

USCPA専門学校リンク
USCPAを目指すならアビタス。

資格の学校TAC<米国公認会計士>初学者向けコース開講

プロアクティブ米国公認会計士

大原簿記専門学校 USCPA講座はこちらから

資格スクエアUSCPA講座はこちら
posted by Alex at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | USCPA全般

2017年03月28日

USCPA ライセンス(WA)取得手続@ まずはNIES学歴審査から。


さて、ワシントン州のライセンス取得手続であるが、まずはNIESの学歴審査を行うのが良さそうである。

というのもNIESの学歴審査が最も時間がかかるそうなのだ。

最初にこれを行い、結果待ちの間に他の手続きを進めるのが良い。

プロアクティブのサポートWeb画面でも5から6週間かかると記載されていた。

私は最終科目の合格発表があった翌日には上記学歴審査を申請した。

なお、わたしは当初アラスカ州の受験時にNIESを利用して学歴審査を行ったので、
こちらのホームページからChange in Jurisdiction Evaluation for CPA Examination and/or Licensure – $100を選択すればよかった。

NIES以外を使い、今回NIESが初めての人は、別の箇所(International Credential Evaluation for CPA Examination and/or Licensure – $200)を選択することになると思われる。

州ごとに学歴審査がいるとは非常に面倒であるが、いざ仕方ない。
Jurisdictionは管轄と訳されるようなので、管轄の変更(州の変更)には新たな学歴評価が必要ということであろう。

結果は、当初行ったものと同じで総単位132単位会計単位12単位、ビジネス74単位であった。

これをもとに追加取得単位を進めることになるが
5−6週間かかる場合もあるそうなので、当初見込みをベースに単位取得すべきであろう。私もそのように平行して進めた。結果に変わりはなかったので、過不足なく単位を取得できた。

ちなみに結果は1週間ほどで出た。
NIESを使ったことがあったため、こんなに早かったのだろうか。

NIES.jpg

NIESの学歴審査代金は上記のとおりUS$100であった

ALEX

USCPA専門学校リンク
USCPAを目指すならアビタス。

資格の学校TAC<米国公認会計士>初学者向けコース開講

プロアクティブ米国公認会計士

大原簿記専門学校 USCPA講座はこちらから

タグ:License USCPA

2017年03月16日

USCPA BEC 合格のため TAC直前講義でWritten Communication対策をした件


記憶が薄れる前に投稿しなくてはいけないと思い投稿する。

私はBECに関しては3回目74点を取得した後、少し時間が作れそうだったので
TACの直前講義に申し込むことにした。

74点取得した段階でMCについては、もはや点数を伸ばすのがいっぱいいっぱいな気がして
WC対策も多少やろうと思ったのである。

ちなみにMCについてはBISKに加えWileyもやったと以前記事にした通りである。

3回目までのWC対策と言えば、プロアクティブの濱田講師が行っているWC対策部分を1度講義視聴したくらいである。
この講義でも英文のエッセイのかきかたは簡単に教えてくれるが、TACの直前講義ほど丁寧ではなかったと思われる。

プロアクティブWeb講座では基本的に佐々木講師が4科目を教えてくれるのであるが、何故かBECのみ別途濱田講師の授業も視聴可能だ。
佐々木講師が使用するテキストは95%が英語であるが、濱田講師の講義は日本語がメインである。私はWC部分しか見てないので、授業の講評はできないが。

さて、TACの直前講義がなかなか良いとStudyPlusでつながっていた受験仲間に教えてもらい、わたしも申し込んだ。

TACにメールで確認したら丁寧に回答し教えてくれた、25000円だったと思うが、TACを初めて利用する方は入学金も取られると思うのでお忘れなく(10000円か?)

届いたのは以下の教材。テキスト1冊とDVD3枚。ちなみに直前講義はWebがないと言われた。

tac.jpg


ちなみに1枚目のみがWC対策で、他の2枚はMC対策の総まとめのようなものだ。私はこちらの2枚は使っていない。

WC対策は120分ほどであったと思うが、前半はアメリカ人講師、後半は日本人講師である。
いずれも内容としては同じようなことを教えてくれるが、メインとしては非ネイティブである我々日本人がいかに点数を稼ぐかという点である。

簡単に合格してしまうネイティブは、採点者が見るべきポイントを知らないので、我々日本人はそこを意識して書くようなスタイルを取るのが良いらしい。
やっぱり重要なのは、会計知識よりもコミュニケーションが出来ているいるかであるという。問われたことに対して、例え意見が間違っていても(誤った会計知識)、まっすぐに答えれているかどうかを採点者は見ているという。

私は結果として76点しか取れなかったが、WCに悩んでいる人は是非受講していただきたいと思う。

ちなみに前半のアメリカ人先生の英語は非常に良かったし、わたしは前半部分だけ2度視聴してしまった。このDVDは取っといてシャドウウィングとかにも使えそうである。会計に関するリスニングCDというのは、あまり多くないので。字幕があれば良いんだけど。

TAC直前講義はこちらのサイトから確認ください

有料で添削オプションもあるそうだが、わたしはそこまではやっていない。

最後に、他のブロガーさんで私が参考にしたものは
白紙で出さないWritten Communuication 対策
BEC Written Communication 

などである。非常にまとまっていて参考になると思う。

ご参考までに

ALEX

USCPA専門学校リンク
USCPAを目指すならアビタス。

資格の学校TAC<米国公認会計士>初学者向けコース開講

プロアクティブ米国公認会計士

大原簿記専門学校 USCPA講座はこちらから

posted by Alex at 14:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | USCPA BEC
検索
プロフィール
Alexさんの画像
Alex
TOEICで860点(L440、R420 )をゲットし夢の駐在員生活をゲット。喜びも束の間で、ビジネス英語の出来なさを痛感する日々。これではいかんと自己研鑽でUSCPA取得を目指す、無事合格。しかしビジネス英語は相変わらずカタコト。そんな日々を記したブログ。コメントお待ちしています。
プロフィール
最新記事
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村                                                                       にほんブログ村 英語ブログ ビジネス英語へ
にほんブログ村
最新コメント
カテゴリアーカイブ

USCPA(米国公認会計士) ブログランキングへ <楽天市場/英語教材売れ筋!>
ファン
記事ランキング
ゆめやど(平日がお得な宿泊予約サイト) ヨーク国際留学センターの厳選された7か国の推奨校プログラムで留学を! KIWAMI(極)/初回分のみ実質無料! 年齢による不調を感じる方!専用サプリはコレ 「ライラック乳酸菌」初回980円(税抜)&送料0円 海外航空券+ホテルがお得!<DeNAトラベル>