広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年01月19日

インスタ映えするバタフライピーの効能

真っ青な飲み物を見たことはありますか?
青というと着色料なのでは?と思われがちで、見た目も鮮やかなブルーなのでびっくりしてしまいます。

しかし、天然の植物の色素で青色があるのです。

それが、『バタフライピー』という植物。

2018-01-17_150545.jpg

バタフライピーの紅茶ですが、見た目は真っ青でインパクトがあります。
インスタ映えすること間違いなしの色ですね。

インスタなどをみて気になっている方も多いのではないでしょうか。


バタフライピーを使用した手作り石鹸も!
見た目もとっても可愛いです。

>>バタピー石鹸はこちら


実は今、インスタ映えするフォトジェニックとして、バタフライピーのハーブティーが話題になっています。


バタフライピーとは、東南アジア原産のマメ科の植物で、特徴のある青い花がちょうちょの脳や形をしおり、和名はチョウマメと言います。
東南アジアでは、花葉茎が伝統的に使用され、特に花はハーブティーとして利用されています。



日本でも葵ハーブティーが最近話題になっており、SNSや料理投稿サイト、ブログなどで人気になっており、芸能人も多数愛飲しています。

2018-01-17_150525.jpg



では、そんなバタフライピーの効果と効能を詳しく見ていきましょう。

青色の正体は抗酸化物質であるアントシアニンの成分です。
ブルーベリーやナス、紫芋、紫キャベツなどの紫色の野菜や果物に含まれている成分です。
主に、眼精疲労に良いとして、ブルーベリーのサプリメントとしても販売されています。

しかし、バタフライピーのアントシアニンの量には驚かされます!
なんと、アントシアニンが豊富な食べ物として有名なブルーベリーの約2倍もの量が含まれているのです。
>>ブルーベリーとバタフライピーのアントシアニン量の比較はこちら

アントシアニン色素はレモンやクエン酸などの賛成に反応して紫色になり、炭酸や重曹のアルカリ性に反応すると青色になります。そのため、工夫次第で色鮮やかなドリンク・食べ物になるのですね。


また、アントシアニンは眼精疲労などの目のトラブルに良いとして、サプリメントも販売されているほどです。ブルーベリーよりも多いのでより効果が期待できそうですね。


バタフライピーのハーブティーを選ぶなら、安全な商品を選びましょう。
選ぶポイントして大切なのは、その栽培方法です。
農薬の使用の有無は絶対に確認しておきましょう。(農薬は虫を殺す劇薬です!人間が食べて言い訳がありません。ましてやそのまま洗わずにいただく緑茶やハーブティーは、残留農薬が多いといわれています。)


そこでお勧めなのが、こちらの商品です。





無農薬無化学肥料で生産され、花を一つ一つ手摘みで摘み取り丁寧に乾燥・梱包されたハーブティーです。
さわやかなレモングラスの香りがして飲みやすく、ティーパックに入っているので便利な商品です。
安全に、そして手軽に楽しみたい方にお勧めです。

お菓子作りや料理に、カクテル作りに、そして日々の健康のためのハーブティーとして、取り入れていきたい注目の植物です。

2016年08月31日

ルイテンで目の機能回復!手軽に補う方法とは?

8月30日(火)19時〜テレビ朝日「林修の今でしょ口座」で、日差しを浴びた後の目のケアについて紹介されました。

眼は露出している臓器ともいわれています。
それだけ外部からの刺激を受けやすいため、念入りにケアをしてあげる必要があるのです。

太陽やテレビ、スマホ、パソコンなどの光の刺激により、目は疲労し遠近調節が出いにくくなります。
また、疲労が蓄積されることで、老化も早まり白内障の進行も早くなってしまいます。

老化を予防するにはAGEを除去することも大切ですが、目のアフターケアとして紹介されたのは、
「ルイテン」を摂りいれるということです。

IMG_2840.JPG

ルイテンは、目が受けたダメージを減らしてくれるとして、注目されている成分です。
ダメージを減らしてくれるので、疲労が蓄積しにくく、老化を予防できるため、

結果として白内障のリスクを下げることにつながるのです。

IMG_2841.JPG



特に、夏に強い刺激を浴びた方は、目が光刺激によりダメージを受けているので、ルイテンを含む食品を積極的に食べて、目のアフターケアを行いましょう。



では、ルイテンを摂りいれるためには何を食べればよいのでしょうか。


IMG_2842.JPG

ルイテンが特に多く含まれているのは、ほうれん草です。



IMG_2843.JPG

他にもルイテンを含む野菜はありますが、その配合量を比べてみると、一目瞭然!
ダントツでほうれん草が多いことが分かります。



IMG_2847.JPG
ルイテンは脂溶性で油に溶けやすいため、油で和えるナムルやバター炒めなどにすると吸収しやすくなるそうです。


IMG_2849.JPG

ほうれん草はそんなに高価な野菜ではなく、毎日摂りいれることもできるのでありがたいですね。


それでも毎日ルイテンを摂るためにほうれん草を食べていては、料理のレパートリーもなくなってしまうし、なんといってもほうれん草ばかりというのも飽きてしまいます。


そこで、目のケアを考えたルイテン配合のサプリメントで補ってあげるとより効果的です。


●やわたのめばえ
CMでもおなじみの、ルイテン配合「やわたのめばえ」は、1粒に1日量の20mgのルイテンを配合しています。
コチラのサイトからなら、格安のネット価格で購入することができます!
>>「やわたのめばえ」をネット価格で購入する





知名度も高く、レビューや口コミでも調子が良くなったとの情報が多いので、期待ができそうですね。



目が見えなくなるという恐怖は、本人にしかわかりません。
24時間テレビで「盲目のよしのり先生」が放送され、目が見えなくなる恐怖を感じた方も多いのではないでしょうか。


緑内障やベーチェット病、網膜剥離など予防が難しく、見えなくなる病気もありますが、
毎日の生活の積み重ねで見えなくなる白内障、目の使い過ぎや刺激により遠近調節がしにくくなる疲れ目などは、予防ができます。

今見えている視力を大事にするためにも、毎日の生活の中で、ルイテンを摂りいれていきましょう。

2016年07月05日

ブルーベリーは実より葉の方が効果がある!?

手元のぼんやりに、遠近調節に、ブルーベリーの成分が良いとされています。
眼が良くなるからブルーベリーを食べよう!と聞いたことがあるでしょう。



そんな、ブルーベリーの眼にいいとされる成分ですが、実は実よりも葉の方がすごいんです!


驚くことに、ポリフェノール量は実よりも葉の方に多く、他の栄養分も豊富なのです。
そのことにいち早く着目した宮崎大学が、ブルーベリーの葉の特徴をさらに向上させるために、何度も品種改良を繰り返して生まれたのが、「実」のなりにくい「葉」だけのブルーベリーです。その開発には10年の年月がかかっています。

ブルーベリーの葉.jpg

この葉だけのブルーベリーの成分が驚きです。
一般的なビルベリー(ブルーベリーの中でも特に栄養分が高いとされている種類)の48倍ものポリフェノールを含んでいるのです。しかも、葉に含まれている栄養分の種類の多さにも注目されています。

ポリフェノールの王様と言われているプロアントシアニジンをはじめ、クロロゲン酸キナ酸など、たっぷりの栄養分が詰まっています。一度にこれだけのたくさんの栄養分を補えるのは、この葉だけのブルーベリーだけです。

この葉だけのブルーベリーをサプリメントに商品化したのが、ブルーベリーは実より葉です。

長年の研究で生まれた葉だけのブルーベリーと、その効果を引き立てる栄養分がぎゅっと凝縮されたサプリメントです。

利用者からは、多くの嬉しい声が届いています。

・自分はいわゆる「サプリマニア」。目のサプリだけでももう数十種類飲んできたけど、これはいいよ。ブルーベリーの葉ってのは初めてだし、中に入っている30種類以上の成分の組み合わせもばっちり。目のサプリはこれでOK!生える気はないですね。(40歳代男性)

・子育てとか家事って、結構眼を使うんですよね。お母さん同士の連絡もみなさん携帯なので、いつの間にか目が疲れていることが多くって。「ブルーベリーは実より葉」はママ友から紹介してもらったんですが、飲んで3か月くらいかな?「携帯の画面場見やすいな」って。目が疲れないので、悩んでいた肩こりもだいぶ楽になって助かっています。(30歳代女性)

・SEという仕事柄、目は常に酷使しています。
目薬だと一時的にはスッキリしますが、すぐに元通りになってしまいます。根本的に変えたいと思い、「ブルーベリーは実より葉」を飲み始めました。のんで2か月くらいで、目だけじゃなく体の巡りがはっきり良くなりました。日本製というのも安心ですね。(30歳代男性)


>>ブルーベリーは実より葉の口コミ情報をみる



品質にもこだわったサプリなので、長く飲み続けるなら安心できるものを選びたいですので、これなら最適です。
気になる方は是非初回限定割引を利用してみてはいかがでしょうか。






2016年06月27日

やわたのめばえを徹底検証!安全性は大丈夫?

テレビCMなどでよく見かけるようになったやわたのめばえについて、本当に良いものなのかを検証するために、効果効能、安全性、口コミについて調べ行きたいと思います。


※ただ今調査中。
近々更新しますので、もうしばらくお待ちください。



>>やわたのめばえお買い得サイト


めばえ

2016年06月14日

小林製薬ブルーベリーEXは効果はあるの?

小林製薬ブルーベリーEXの効果について調べてみました。

製薬会社が作っているサプリなので、それだけ効果が期待できるのでしょうか。
成分や含有量、小林製薬HP、口コミ情報などを参考にしながら、その効果効能を徹底検証していきます。


眼のショボショボやぼんやりには、アントシアニンが良いとされていますが、
果たしてこのサプリには、アントシアニンがどれだけ含まれているのでしょうか。

ベリーの種類によって含まれているアントシアニンの種類が異なります。
小林製薬のブルーベリーEXは、23種類ものアントシアニンが含まれているのです。

また、使われているビルベリーは北欧などで自生する野生種なので、アントシアニンを報復含んでいます。

なんと、小林製薬のブルーベリーEXは、これらのこだわった素材を使用しているため、ブルーベリー(ビルベリー)エキスを120.0mgも配合しているのです。

値段も比較的お手頃価格なので、長く続けやすいと言えます。
効果を得るためには、アントシアニンの含有量の多さと、長く続けることが重要です。


眼を健康的に保ちたい方にはお勧めできるサプリメントです。


>>小林製薬ブルーベリーEXお買い得情報サイトはこちら


ブルメグ



2016年02月19日

アイケアサプリの効果を徹底比較!選ぶコツを伝授。

眼の疲れ、かすみ、ぼやっと、しょぼしょぼ・・・

などなど、何らかの不調を感じていませんか。
見え方に違いがあると、不安になりますよね。

私たちは、日常生活のほとんどの動作を視力に頼って行っています。
当たり前のように見えていても、眼の酷使によって視力は落ちてしまうこともあります。

現代人はパソコンやスマホなどの画面を凝視することが多くあります。
そのため、ブルーライトをたくさん浴びており、常に目が疲れた状態になっている可能性があります。

眼が疲れてしまうと、どうなるのでしょうか。
遠近調整を司る目の筋肉は、ブルーライトなどの影響で疲れてしまい動きが鈍くなってしまいます。
そのため、目の酷使によって、ピンと調整が上手くいかず、見えにくい、という現象が起こるのです。

また、目の見え方の変化は、老化現象でもあります。
水晶体の濁りは、50歳を過ぎた頃から表れ始めます。
これは、白髪が増えるのと同じように、私たちの体の老化現象でもあるのです。
しかし、眼の酷使によって、この老化現象が早くなる場合があります。



やはり見え方が変わってくると不安になるものです。
日々の生活の中で、眼への負担を軽減して、
出来るだけ老化現象をくいとめ、見え方を今のままで維持していきたいものです。

そのためには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。
以下にまとめていきたいと思います。

●眼を温める
眼を温めることで、血管が拡張して血流が良くなります。
視力低下のほとんどが、眼の血流障害が原因と言われています。
そのため、眼をアイマスクなどで温める習慣をつけましょう。
特にパソコン作業が多い方には特におすすめです。
眼を温めることで、疲れもとれます。
寝る前などにホットアイマスクをして、眼をいたわりましょう。



●長時間近くでものを見ない
最近話題なのが、「スマホ老眼」です。
一度は耳にしたこともあるのではないでしょうか。
長時間近い距離でスマホを凝視することにより、老眼と同じような症状が若者でも出てきてしまうのです。
なぜ近くを見続けると、老眼になるのでしょうか。
それは、目の疲れです。
遠近を調節する筋肉は、近くを見るときには収縮している状態です。
この状態を長く続けるということは、筋肉は収縮しっぱなしなので、疲れてしまいます。
すると、動きが悪くなり、遠くのものが見えにくくなるなどのピント調節が上手くできない状態になってしまうのです。


●眼の疲れをとる成分を補う
眼のケアを十分に行っていても、眼の不調を感じる場合は、眼に良い成分を外部から補い、サポートしていく必要があります。
眼に良い成分として、注目されているのが、アントシアニン、ルイテン、です。
これらの成分は、ブルーライトなどによる刺激から眼を保護し、疲れを和らげてくれると期待されています。
これらの成分が多く含まれている食材を摂るように意識しましょう。
まら、アントシアニンとルイテンがたくさん含まれているサプリメントも人気がありますので、サプリメントで眼に良い成分を補っていくことも、一つの方法です。


天然のアントシアニンとルイテンが豊富に含まれているサプリメントとしてお勧めしたいのは、
アイケアサプリ「一望百景」です。
その効果は、口コミ情報をみるとよくわかります。
人気の理由がここにあるのですね。


→アイケアサプリ「一望百景」口コミを見る








アスタキサンチン【アイ&アイ】




2016年02月15日

ファンケルの「えんきん」の口コミと効果を徹底解析!

テレビCMなどで有名な、ファンケルの「えんきん」ですが、
実際のところは、効果はあるのでしょうか。

あれだけ宣伝しているということは、さぞ自信がある商品なのでしょう。
その裏付けをすべく、調査してみました。






口コミ情報
●50歳代女性
初回の3ヶ月、3袋のみ切って、まず言える事は、眼の疲れ方がかなり違ってきました。
目の奥ジンジンがありません。しょぼしょぼ感も減りました。
乾きも減っている感じがします。
ただし、見え方には変わりありません。
相変わらずの見え方です。手元のピントが合ってくることは
ありません。
 
●40歳代女性
視力1.5、2.0です。
でも最近老眼?らしき症状が出てきました。
目がかすみ、遠くのものにピントがあいづらい。。。
疲れ目も。
そこで2週間お試し1000円のものをトライ中。
気のせいか、疲れ目、かすみ目にすこしいいかも???
即効性は期待していません。
細く長く続けてみたいなと思います。
同時に効果的な食生活、PC使用頻度なども調整しながら楽しみながら継続予定。

●40歳代女性
まずは、2週間お試しセットに、もう1袋付いて1000円送料無料セットを購入。
黄斑変性症を患っている義父にルティンを(他社)摂取してもらっているんですが
サプリメントなので、1年摂取して、ギリギリ免許更新が出来ました!良かった。
瞳のためには、ブルーベリーとかばかり考えていましたが、ルティンは大事みたいで
私は煙草は飲まないのですが、主人は煙草ユーザーでして、遺伝も怖いので
家族で摂取できたらと思い購入した次第です。

→口コミをもっと見る

082980.jpg




口コミサイトを見る限りでは、目の疲れやカスミに効果があったようだ、との口コミが多いようです。
視力回復に関しては、長く続けていかないとわからない、との意見がありますが、
日ごろから目に良い栄養素を摂りいれていると、目の疲れも早く取れて
視力が落ちにくくなるのではないでしょうか。

なんといっても、日ごろから眼をいたわることが大切だということが分かります。
このファンケルの「えんきん」を飲むことで、意識的に眼を大切にしようとの思いが
強くなり、結果的に良い効果を実感できるのではないでしょうか。


スマホやパソコン作業が多くなってきた現代人は、ブルーライトによる眼へのダメージが
多くなってきたと言われています。

そんなダメージから眼を保護してくれる成分を、まとめてみたいと思います。




ルイテンの効果
ルテインは、体内に吸収されると、そのほとんどが目の網膜と水晶体に蓄積されます。
活性酸素の発生原因となる紫外線ですが、
紫外線や可視光線のうち青白色の部分だけを吸収、眼球内の組織の保護に役立ちます。

ルテインは強い抗酸化力を持ち、眼球内でその力を発揮。水晶体や網膜の酸化を抑えてくれます。
目の病気、視力低下、眼精疲労、様々なトラブル予防に欠かせない成分でとして注目されています。



アントシアニンの効果
抗酸化作用があり、眼球内においては光が当たると、脳にそれを伝達するロドプシンという物質が合成されますが、
ブルーベリーやビルベリーに含まれるアントシアニンのは、このロドプシンという物質の再合成を促進する効能・効果があります。
この働きにより、眼精疲労の予防・改善効果、視力の維持などの効果があるとされています。




アスタキサンチンの効果

アスタキサンチンは紫外線によって発生する一重項酸素の消去に働くことがわかっています。そのため、アスタキサンチンは眼精疲労だけでなく、紫外線のダメージが原因と考えられるさまざまな目のトラブル、黄斑変性症、白内障、網膜症、ブドウ膜炎などに対しても有効性が期待されています。


DHAの効果

目のしょぼしょぼや疲れ目などに効く食品としてブルーベリーが有名ですが、意外と知られていないのがDHAの効果です。網膜や視神経の中に含まれるDHAは、網膜の脂肪酸の約40%を占めていて、目の健康に欠かせない栄養です。

DHAには、網膜や視神経の細胞膜を柔らかくする作用があり、網膜で捉えた情報を脳にスムーズに伝達して、しっかり認識させてくれます。

また、血液の流れが良くなるので、目の細胞(網膜や視神経)に酸素と栄養が充分にいきわたります。その結果、細胞や組織が活性化し、目の疲れが取れて近視や老眼も改善されるのです。




これらの眼に良いとされている、今話題の成分がすべて含まれているのが、
ファンケルの「えんきん」です。
初回お試し価格もあり、お安く手に入れることができるので、この機会に試してみる価値はありそうです。
→ファンケル「えんきん」お試し価格






2016年01月27日

自分でできる視力回復の秘訣とは!?

眼の健康は自分で維持することができます。
パソコンやスマホのブルーライトや紫外線で眼は疲れていませんか。

眼の健康維持に必要な栄養素には、「ルイテン」があります。

ルイテンとは、水晶体や黄斑部分に多く含まれている抗酸化成分で、
パソコンやスマホなどのブルーライトから目を守ってくれる働きをします。

しかし、ルイテンは眼の使いすぎや老化により徐々に減少していきます。
そのため、食べ物から積極的に補っていきたい成分になります。

082980.jpg

では、ルイテンが多く含まれている成分とはいったい何なのでしょうか。

それは、緑黄色野菜です。
具体的には、ケール、ほうれん草、ブロッコリー、いんげん、カボチャなどの色の濃い野菜です。
ルテインは、かぼちゃの色から想像できると思いますが、カロチノイドの一種でオレンジっぽい色の成分なのです。

毎日の食卓で、こららの緑黄色野菜をバランスよく取り入れましょう。
眼を休めて温めることも、目の疲れをとり、血流を良くするため、視力回復につながります。



もっとしっかりとルイテンを補給したい場合は、
ルイテンをギュッと凝縮したサプリメントもお勧めです。

朝のルテイン&プラセンタは、
人参77本分に相当する、40mgのルイテンを含んでいます。
更に、効果を発揮しやすいようにプラセンタも含まれています。




より吸収しやすく効果を発揮しやすいように開発されたサプリメントになっています。



また、ルイテン、ゼアキサンチン、ビルベリーを贅沢に含んだ眼のサプリメント
「めなり」は、今アイケアサプリとして人気急上昇中です。

眼のダメージをケアし、更に機能を高めるための有効成分が含まれています。


眼のゴロゴロ、しょぼしょぼ、涙が出る、疲れる、かすむ・・・
あらゆる目の症状に良いと評判が良く、今後一層人気が高まってくるれあろう商品です。
→めなりについてもっと見る









眼の症状は、自分で改善出来ることが多くあります。
日々の生活で、ブルーライトを浴びている方は特にケアが必要です。
眼をいたわり温めて休めること。
そして、目に良い栄養素を補うことです。


そうすることで、多くの症状は改善されます。
自分の病気は自分しか治せない、
医師は薬を出したり助言を言ったりはできますが、
実際に治すのは自分自身の力です。


そのため、病気にならない体づくりを、自分でしていきましょう。
それが、医療に頼りすぎた今の現状を打破するために必要なことではないでしょうか。
プロフィール
るるさんの画像
るる
病気を治すのは自分自身の免疫力です。 自分の体を見つめなおし、病気の原因となる生活習慣や食生活を見直し、必要な栄養を取り入れていきましょう。 ここでは、難病を克服した自身の体験をもとに、病気にならない生活習慣を紹介します。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
ファン
リンク集
ノキシジル
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。