広告

posted by fanblog

2017年03月16日

免疫ミルクでリウマチを克服できるのか?

薬に頼らずにリウマチを治したい!
薬を減らしたい!

と思って調べた方なら多くが知っているであろう「免疫ミルク(サステナ)」ですが、売れている理由は何なのでしょうか。


リウマチを克服するためには、まずは食生活です。
安くて便利な食品添加物が含まれた食べ物を食べないこと。
そしてできるだけ手作りをして味噌や納豆などの無添加または手作りの発酵食品を食べることです。


発酵食品は腸内細菌の活性化にもつながり、免疫力が上がります。

アレルギー疾患を持つ方のほとんどは、腸が正常に働いていないといいます。
腸内細菌が整っておらず、栄養素の吸収や老廃物の排泄など、健康に生き抜くための機能が衰退します。
すると、本来なら排泄される老廃物や毒素が蓄積されてしまい、あらゆる難病を発症するリスクが上がります。


腸内細菌を整えることが、難病克服には重要な鍵です。




しかし、体の痛みがあると、なかなか自分でご飯を作るのも苦痛ですよね。

立ったままでいるのもきついし、鍋を持つ手は痛んで、
包丁を使って食材を切るのなんて一苦労・・・。

リウマチの痛みを体験した人ならわかるはずですが、
手先を使う作業って、とってもつらいんです。


316711.jpg



そこで、注目したのがこの免疫抗体食品である「免疫ミルク(スターリミルク)」です。






免疫ミルクの働きとは、主に3つあります。

1、腸内環境改善
2、抗炎症作用
3、免疫賦活作用



毎日の食事を手作りすることができず、腸内環境が心配な方でも免疫ミルクの腸内環境改善効果は期待できそうですね。辛いときは無理をしないことです。
きつい時は楽をしてもいいのです。


リウマチを発症する人は、「頑張り屋さんが多い」と言われたことがあります。
確かに、責任感が強かったり、きちっとした性格だったり、と頑張り屋さんが多い印象があります。
逆に言うと、だから交感神経優位になってアレルギー体質になり、結果としてリウマチを発症しやすい体質だったとも考えられます。



「頑張って料理をしなきゃ!」と焦っている気持ちを、たまには緩めてみてはいかがでしょうか。
のんびりゆっくりでいいんです。



免疫ミルクに含まれている「ミルクグロブリン抗体(ミルクグロブリンG、ミルク抗体、ミルクIgG)」が、腸内の悪玉菌を無毒化し、便とともに体外へ排泄されるため、腸内をきれいにしてくれると言われています。

普段の食生活に取り入れることで、よりきれいな腸になれますね。


リウマチだけでなく、便秘や炎症性大腸疾患、アトピーや花粉症、などのアレルギー疾患にも期待ができそうです。


しっかりとした研究データも出ています。
>>免疫ミルク研究データ



また、免疫ミルクの抗炎症作用は、リウマチの関節の炎症や疼痛を鎮めるのではないかと言われています。

こちらも、研究データがあり、免疫ミルクの抗炎症効果とマウスコラーゲン関節炎に対する抑制効果等が紹介されています。


671212.jpg



リウマチを改善させるためには、無理をせずに自分ができることから始めていきましょう。
焦らずに、ゆっくりと。

大丈夫、きっとよくなります。





この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6059786
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
るるさんの画像
るる
病気を治すのは自分自身の免疫力です。 自分の体を見つめなおし、病気の原因となる生活習慣や食生活を見直し、必要な栄養を取り入れていきましょう。 ここでは、難病を克服した自身の体験をもとに、病気にならない生活習慣を紹介します。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
ファン
リンク集
ノキシジル
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。