広告

posted by fanblog

2018年05月16日

学校は安全なのか?

 学校にいれば安全なのでしょうか?
 外から不審者がやってくる場合に備えて、安全対策をしています。
 しかし、門を施錠しているわけでもなく、門が閉まっているだけです。
 昼休みに、生徒が外に出ないように、教員が立っていることもあります。
 でも、立っているときの方が、門を開けてあげたり、誰なのか、どういう用件かを聞かずに、開けています。
 事務室前を通った人には、記名をし、来客者の名札を渡しています。
 とりあえずやってますよって感じです。

 外からの侵入者に対しても、この程度です。
 何かあれば、警察が来て防犯カメラを確認するぐらいです。

 最近は、ボランティアなど、教員以外の方の力を借りることも多くなってきました。
 授業をサポートしてくれる学習ボランティア、特別授業の講師、部活動を指導してくださる方など。
 通学路では、見守りのボランティア。
 大学生のボランティア(単位取得のため)

 いろんな人が学校で関わってきています。
 どんな方かわからずに、参加してもらっていることも多いと思います。
 
 最近の犯罪は、見るからに悪そうだという人が犯罪者になっていません。
 もちろん、国民の生活を守ってくれると思っている警察官の犯罪も増えていますし、勤務中の警官が携帯している拳銃で殺人を犯したということもありました。
 教員も、犯罪者が増えてきています。

 もしも、学校内で何かあったとき、そんな想定をしていません。
 不審者が侵入してきた場合の放送が決められていますが、知っている教員が何人いるか?という意識だと思います。
 いい人そうに見える人の方が、殺人を犯していることも多いです。

 温厚な人でも、生徒の心ない一言で、カッとなることもあります。

 いろんなケースを想定していくことが必要だと思います。
 想定し、意識して動いていることは、起こらないのです。
 
 学習ボランティアがいることによって、複数の大人が見守れるという点では安心だと思います。
 教員だって、精神的に限界な人が多いです。
 子どものちょっとした一言で、カッとなって何をするかわからないのですから。

 陰で虐待を受けている子どもの話も聞きます。
 家庭内でも、社会でも、学校でも、子どもには危険がいっぱいです。

















この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7665597

この記事へのトラックバック
QRコード
ファン
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
プロフィール
なちゅらる ばらんすさんの画像
なちゅらる ばらんす
プロフィール


なちゅらる ばらんす


なちゅらる ばらんすHP



悩める先生、保護者へ



楽の修行



本物の美を求めて



心身ともに健康を求めて



生きることに迷ったら


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
日別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー
検索
タグクラウド
最新コメント
地方私立大学の公立化 by ブランド スーパーコピー セリーヌ (10/19)
ノートに書くのが苦手な子 by スーパーコピー (09/28)
地方私立大学の公立化 by スーパーコピー時計 (09/24)
教員不足 by スーパーコピーブランド (09/24)
地方私立大学の公立化 by 韓国 セレブスタイル スーパーコピー (09/05)
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。