広告

posted by fanblog
美容 美肌 美スタイル専門街 >  エイジング > 50代はハリとシミケアで若返り!-老化が進行する原因とエイジングケアの注意点-

2016年03月12日

50代はハリとシミケアで若返り!-老化が進行する原因とエイジングケアの注意点-

※記事に必要な文章等を追記、その他の部分は修正して2018年3月30日に更新しました。


ハリとシミのダブルケアを取り入れてる女性たちはどのようなエイジングケアに注意してるのでしょうか。

手間がかかることを理由にハリのケア又は、シミのケアのどちらかで満足してる50代の方が意外に多いようです。

エイジングケアの基本をしっかり理解しましょう。

ハリを失いシミが大きくなる前に、原因とエイジングケアの注意点を紹介します。


50代からハリとシミ解消に取り組む女性


50代でエイジングケアを取り入れてもハリとシミが目立つ原因


外的な要因-紫外線-

紫外線はシミを作ってしまうだけではないのです。

紫外線により肌が老化する現象を”光老化”と呼ぶこともあります。

光老化によるハリの低下やシミのトラブルは、紫外線があたってる期間が長いほど肌の表面に現れてきます。

エイジングケアがおろそかな手の甲の肌がわかりやすいのですが、肌のハリが低下し、場合によってはシミができてるのが実感できるでしょう。



内的な原因-食生活の乱れ-

食事の時のアルコールにより、ハリの低下とシミ形成へと導かれることはあるようです。

アルコールを摂取すると肝臓に負担がかかり、メラニンを抑制する機能が低下します。

またハリに必要なコラーゲンの生産を妨げてしまいます。

頻繁に糖分が高い食事をとっていると肌の”糖化”が進行し、ハリを低下させシミを促進させます。

”糖化”とはコラーゲンの硬化を早め、肌の内部を焦がす状態。


50代でエイジングケアしてる女性


次にエイジングケアの注意点を見ていきましょう。



ハリとシミのエイジングケアでの注意点

紫外線の影響を避けるために、塗り残しやムラがないようにしっかりとUVケアを行いましょう。

UVケアを取り入れない限り、どんなにハリやシミのエイジングケアを取り入れても効果が期待できないでしょう。

肌が本来のハリや透明感を取り戻そうとしてるのにUVケアをしないばかりに解消することが難しいといえるのです。

また食生活もあらため、肌トラブルを起こさない食事を取り入れることが大切でしょう。

ハリとシミを作り出す原因を最小限に抑え、エイジングケアを惜しみなく取り入れることが大切です。

特に50代のエイジングケアは継続が大切です。継続できることから取り入れ、ハリを取り戻しシミのない若肌へと導きましょう。



エイジングケア製品アクセスランキング
≪DERMED≫ 本格エイジングケア
リペアジェル
このランキングは製品の優劣を示してません







この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

最新記事
記事ランキング
  1. 1. ハイドロキノンが目の周りの色素沈着を効果的に改善!茶クマもケア
  2. 2. no img 美肌に生まれ変わらせるたんぱく質(プロテイン)
  3. 3. 正しい体の洗い方|ゴシゴシ洗いは禁物
  4. 4. 目の下の色素沈着をつくらない方法2つの基本
  5. 5. no img 美肌を保つための4つの毛穴解消食品
  6. 6. no img スペシャルケアにお勧めする厳選エッセンシャルオイル6種
  7. 7. 簡単に続けられるダイエットはシンプルが一番!お風呂上がりにお手軽ケア
  8. 8. アンチエイジングの絶対条件!プロテインは必須
  9. 9. no img だんだん濃くなる色素沈着の悩みにはハイドロキノンで美白ケア
  10. 10. no img 目の周りの色素沈着はハイドロキノン成分が効果的
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
神埼 優衣さんの画像
神埼 優衣
人間は約60兆個の細胞でできています。 その細胞を外面、内面の双方からサポートする・・・一番理想のケア方法です。永遠の美しさ、肌の命に着目したスキンケアを行い素肌を咲かせてみてはいかがですか。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。