広告

posted by fanblog
美容 美肌 美スタイル専門街 >  美容 > 美肌に良い睡眠をとるために取り入れたい習慣5項目

2013年12月12日

美肌に良い睡眠をとるために取り入れたい習慣5項目

睡眠の質を高めることが良い睡眠といわれています。睡眠時間より、質を優先して美肌を育みましょう。

肌の再生を促進させる成長ホルモンの分泌をスムーズにしてあげるには、質の良い睡眠をとることが大切です。

毎日の深い睡眠が美肌を形成していくので、生活環境を見直してはいかがでしょうか。




・寝る前に食べ物を控える

胃の中で行われる食べ物の消化活動は睡眠時に行われます。 寝る前の食べすぎは、胃の活動をさらに活発にしてしまい、良い睡眠、深い睡眠が取れないことになるのです。

良い睡眠を取り入れたいなら、せめて寝る3時間くらい前に食事は済ませておきましょう。

また、ワインなどのアルコールで眠りに入るかたもいますが、質の良い睡眠には逆効果です。



・入浴にもこだわって

快眠を取る入浴方法としての適温もあるのです。 ベッドに入るまでの2時間前が理想ですし、深い睡眠を誘う湯温は体温より少し高めの39度前後。

少しぬるいと感じると思いますが、良い睡眠には適温なのです。

リラックスしながら30分前後浸かると良いでしょう。シャワーは絶対NGです。



・メラトニンの分泌を妨げないように

スマホ、PC、TVなどの比較的強い光によりメラトニンの分泌が減少してしまいます。眠りを誘うメラトニンが減少すると睡眠に悪影響を与えてしまいます。

睡眠に入るときは、明かりを落とし刺激を抑えるようにしましょう。

またメラトニンは年を取ることで減少していきます。

歳を取ると睡眠時間が短くなるのはメラトニンの分泌量が減少するからなのです。

アンチエイジングはここでも発揮できそうです。



・香りで心身リラックス

アロマはリラックス効果を高めてくれます。
スペシャルケアにお勧めする厳選エッセンシャルオイル6種に記載していますが、お好きなアロマを利用して快眠を取り入れてみましょう。

朝の目覚めは良い香りから。



・枕が睡眠を妨げる

枕が合っていないと睡眠を妨げてしまいます。睡眠の時に筋肉を疲れを取るのですが、枕の高さが合わない、寝返りがしにくいようでしたら、枕を変えてみてはいかがでしょうか。

枕の専門家もいますので、相談してみても良いと思います。



肌の再生には6時間の睡眠が必要といわれています。また、睡眠の質が悪いと成長ホルモンの分泌が悪くなり、肌トラブルの原因にもなってしまいます。

睡眠前にリラックスできる環境を整え、素敵な朝を迎えましょう。



更新:20140915







posted by 神埼 優衣 at 22:01 | 美容
最新記事
記事ランキング
  1. 1. ハイドロキノンが目の周りの色素沈着を効果的に改善!茶クマもケア
  2. 2. no img 美肌に生まれ変わらせるたんぱく質(プロテイン)
  3. 3. 正しい体の洗い方|ゴシゴシ洗いは禁物
  4. 4. 目の下の色素沈着をつくらない方法2つの基本
  5. 5. no img 美肌を保つための4つの毛穴解消食品
  6. 6. no img スペシャルケアにお勧めする厳選エッセンシャルオイル6種
  7. 7. 簡単に続けられるダイエットはシンプルが一番!お風呂上がりにお手軽ケア
  8. 8. アンチエイジングの絶対条件!プロテインは必須
  9. 9. no img だんだん濃くなる色素沈着の悩みにはハイドロキノンで美白ケア
  10. 10. no img 目の周りの色素沈着はハイドロキノン成分が効果的
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
神埼 優衣さんの画像
神埼 優衣
人間は約60兆個の細胞でできています。 その細胞を外面、内面の双方からサポートする・・・一番理想のケア方法です。永遠の美しさ、肌の命に着目したスキンケアを行い素肌を咲かせてみてはいかがですか。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。