広告

posted by fanblog
美容 美肌 美スタイル専門街 >  美肌とビタミン > 美容 美肌の為に体内から毒素(有害物質)を追い払いましょう。

2013年04月04日

美容 美肌の為に体内から毒素(有害物質)を追い払いましょう。

毒素(有害物質)はなぜ美容、美肌に悪いのでしょうか?

毒素が体内に入ってくると、体は、その毒素を排出しようとします。
その排出する際に、第一に活躍してくれるのがビタミンCなのです。
ただ、現代は毒素があまりにも多く、排出が間に合わないこともあります。
例えば、毒素の排出が間追いつかないばかりに乾燥肌、アトピー性皮膚炎になったり・・・


毒素とは大きく分けて5つに分類されます。
食品を加工して加えられる着色料、保存料などの食品添加物。
食品加工の過程で製造装置などから混入してくる化学物質。
食物の栽培において使用される農薬、肥料。
医薬品。
大気汚染(空気、水)他、最近ではPM2.5。


これらは普通に生活しているだけで、体は毒素と思ってしまいます。
すると、体の防衛反応により、ビタミンCを必要以上に消費しだします。
ビタミンCが不足すると、肌のハリ、弾力、水分保持力が弱ってきてしまい、
しまいには乾燥肌になってしまう可能性のあるのです。
アトビー肌の方で、脂性肌をお持ちの方は出会ったことがありません。
アトピーの方はお肌が乾燥しています。

乾燥肌にならないようにするために、ビタミンCはこまめに摂取しましょう。
毒素がたまってしまったら、解毒作業を行いましょう。

その前に、原発事故で話題になっているセシウム。
政府はヨウ素を核市町村に配給するように指示しています。
この理由はセシウムとヨウ素が似ている物質で、
ヨウ素を摂取するとセシウムが体内に留まらないようにする
ために政府が進めています。 (個人的な意見も含みます)
セシウムを取り込まないようにする手段と言えるでしょう。

さて、解毒作用ですが、栄養面でいいますとビタミンC、ビタミンB群を
摂取しておいて損はないと思います。
ビタミンC、ビタミンB群は、全身に拡散する医薬を早く分解して、対外に排出してくれます。
ビタミンB6には、その解毒作用を高める働きがあります。
ビタミンB12は、食品添加物に多いタール系色素を腸壁や肝臓で分解してくれます。
また、亜鉛はカドミウム、水銀、鉛などの有害金属と結合して、その毒性を消去させる
たんぱく質をつくらせる働きに関わっていますので、亜鉛不足にならないようにしましょう。
美肌 美容のためにも解毒作用はしっかり行いましょうね。








最新記事
記事ランキング
  1. 1. ハイドロキノンが目の周りの色素沈着を効果的に改善!茶クマもケア
  2. 2. no img 美肌に生まれ変わらせるたんぱく質(プロテイン)
  3. 3. 正しい体の洗い方|ゴシゴシ洗いは禁物
  4. 4. 目の下の色素沈着をつくらない方法2つの基本
  5. 5. no img 美肌を保つための4つの毛穴解消食品
  6. 6. no img スペシャルケアにお勧めする厳選エッセンシャルオイル6種
  7. 7. 簡単に続けられるダイエットはシンプルが一番!お風呂上がりにお手軽ケア
  8. 8. アンチエイジングの絶対条件!プロテインは必須
  9. 9. no img だんだん濃くなる色素沈着の悩みにはハイドロキノンで美白ケア
  10. 10. no img 目の周りの色素沈着はハイドロキノン成分が効果的
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
神埼 優衣さんの画像
神埼 優衣
人間は約60兆個の細胞でできています。 その細胞を外面、内面の双方からサポートする・・・一番理想のケア方法です。永遠の美しさ、肌の命に着目したスキンケアを行い素肌を咲かせてみてはいかがですか。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。