広告

posted by fanblog

嫁の病状・・・原因不明

風邪引きの女性



今週は、嫁がずっと入院しております。
かく言う僕自身も人間ドック入りしていたりと、医療機関に矢鱈と足を運ぶ破目になったのが今週です。


主だった検査治療は終わったわけだが


腸近辺の不調から入院となった嫁。レントゲンやら超音波、内視鏡など主だったものは全て動員して、予定していた検査や治療は終わりました。今、あと残っているのは抗生剤の点滴をあと数日続けなくてはならないくらいです。それにしても、矢鱈入院期間を延ばそうという病院の態度は露骨ですね。僕も同じ病院で無駄に検査をされそうになった経験があるため、どうもこの病院(というか院長)は心配なんですよね。まあ、既に入院してしまったので仕方ない。

こうして、やることは全て終わった(と思います。余計な検査をやらされなければ)わけですが、困ったことに回答は「異常なし」。腸関連全て調べたそうですが、嫁の不調の原因は不明ということです。大腸なんて、すごくキレイだったそうです。なお、嫁自身は未だ腹部に違和感が若干残るものの、

・出すものは全て出した
・点滴を続けて顔色は良くなった
・「ポテチが食べたい」と言うくらいにはなった
・流動食だけど食事をようやく再開した

・・・このように、まあ一応状態的には良くなっているんだと思います。ただ、本人も言っていますが「原因がわからないのが一番スッキリしない」というのはよくわかります。いっそポリープでもあったら、身体は大変ですが気分的にはモヤモヤしなくて済んだのかもしれません。

あまりに原因がわからないので、今度は胃を調べたいと言ってきたそうです。嫁は断ったそうですが、それよりも婦人系の部位(卵巣など)を診てもらいたいくらいだ、と言っています。嫁は毎年婦人科検診を受けているので多分大きな異常はないと思いますが、本人が不安だったらこの際診てもらったらいいと思います。嫁が入院している病院には婦人系の扱いがないので、これを伝えたら難色を示されたといいます。医師は特に、患者に意見具申されると不快になると聞きますからね。近所に産婦人科があるのですが、そこに行かせろと言ったら反対されるんだろうな・・・と嫁はボヤいていました。


というわけで、一応仮にも入院していますので、嫁のコンディションじたいは徐々に戻ってきているとは思われます。が、このようにサッパリ原因がわからないし終わりが見えないので、嫁は甚だその辺(いつ帰ることができるか)心配でならないようです。困ったものですね。

なお余談ですが、僕は平均してあまり病院や医師についてよく言いません。普通によくしてくれる病院や医師の先生などももちろんいますが、酷い例の方が印象に残っているのでしょう。誤診とか、やる気がない、思い通りにやらせないと怒り出すとか。そんななのであまりよいイメージは抱いていませんが、だからと言って医者嫌いなわけではありません。何かあれば割とすぐ受診しますし、必要があれば入院だってするんです。以上、余談。




トラックバック

この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://fanblogs.jp/tb/3879755

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。