広告

posted by fanblog

欲望と幻想の市場(リバモア)



今日は、スペキュレーター(投機家)を目指す人に参考になる本をご紹介します。

相場にかかわる者なら誰もが知っているジェシー・リバモアの本の紹介です。

欲望と幻想の市場は、新聞に掲載されたリバモアへのインタビューを元に書

かれた小説です。

1923年に出版され,リバモアがモデルになっています。

1929年9月4日の暗黒の木曜日に向けて空売りを行い、1億ドル以上の利益を上げた

とされていますが、この本は1923年出版のため、残念ながらこの本には

1929年の世界大恐慌の空売りの記載はありません。

ジェシー・リバモアは私とは逆の、順張り投資手法をとっています。

ポジションを取って、利が乗っていくにつれ、建て玉を増やす投資手法です。

ジェシー・リバモアはいい言葉を多く残していますが、いくつかを紹介します。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
投機家の最大の敵は自分の中にいる。 人間の本性として、人は希望と恐れとは無縁ではいられない。


株というものは、買い始めるのに高すぎるということはないし、売り始めるのに安すぎるということはない。
最初の建玉で利益があがらないかぎりは、続けての建玉は手控えるべきだ。 よく状況を見極めて待つことだ。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

並外れた相場の才能がありながら、4度の破産を経験しています。

最後は「自分の人生は失敗だった。」と4番目の妻に書き残してピストル自殺、

自ら命を絶ちました。

残念でなりません。

以上の知識を頭にいれて、本書を読んでいただくと読みやすいと思います。



オススメ度は5ランク中3です。星星星

欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア

新品価格
¥2,310から
(2013/3/20 13:47時点)






この記事へのコメント

   
スポンサードリンク
プロフィール

株式トレーダーM
投資家Mの記録ノート
ランキング参加中

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ

SBI FXトレード
イオンカードセレクト
カテゴリアーカイブ
リンク集
免責事項
このブログは筆者の
個人的なバイアス
(偏り)がかかってお
り記事内容にも当然
バイアスがかかって
いるものとしてお読み
ください。
株式投資は自己責任
です。バイアスのかかっ
た記事による投資の
損害の責任は当ブログ
運営者は負いかねます
のでご了承下さい。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。