広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

野良犬を収容する専用施設「お囲い」をブラタモリ

ブラタモリ

「江戸の動物〜中野編〜」

第3シリーズスタート!
初回は江戸の動物をテーマに中野をブラ歩き。
すでに庶民が犬や猫・鳥を飼うペットブームだった江戸時代、
中野には巨大な犬小屋が?
その痕跡を追う!

11月10日(木)
22時00分〜22時50分
NHK総合


ブラタモリ第3シリーズがスタート! 

初回は日本人と動物の関わりがテーマ。

すでに一大ペットブームが巻き起こっていたという江戸時代。
庶民も犬や猫・鳥を飼うことを楽しんでいた。

すべてのペットが登録制だったというこの時代、
なんと増えすぎた野良犬10万匹を収容する
専用施設まで出現していたというのだ。

その名も「お囲い」。

今回は、お囲いの名残を求めて東京・中野を探索。

現代に残る動物にまつわる意外な痕跡を次々と発見する。

 【BOOK】古地図で歩く 江戸・東京 歴史探訪ガイド

ゲスト

法政大学教授…根崎光男

司会

タモリ
久保田祐佳

語り

戸田恵子



マメシバ一郎 #5「大人と子供の境界線は有るようで無いのだ」

マメシバ一郎 

#5
「大人と子供の境界線は有るようで無いのだ」

11月10日(木)
21時00分〜21時30分
tvk

<全国の放送スケジュール>

10/30(日) サンテレビ よる10:00/KBS京都 よる11:00
10/31(月) TVQ九州放送 よる1:53
11/1(火) とちぎテレビ よる 8:00/チバテレよる10:00
11/10(木) tvk よる9:00
11/4(金) 札幌テレビ放送 あさ10:25/テレ玉 よる9:00
11/7(月) 三重テレビ よる7:55
11/6(日) ひかりTV配信 あさ11:00

里親を探して欲しいと
オールド・イングリッシュ・シープドッグの
ユニオンを連れた少女、楓がやってくる。

その子供離れした物言いに、
苦手意識丸出しの二郎(佐藤二朗)。

楓に懐いているのになぜ里親に出すのかと聞くが、
複雑な事情がありそうだ。

早速里親ビデオを撮り始めるも、
まったく動かないユニオン。

どうにか元気な姿をカメラに収めようと
必死になる二郎。

そんな中、
楓は用事があるとユニオンをおいて帰ってしまった。

思春期少女のきまぐれには付き合えんと
撮影を投げ出す二郎だったが…。



出演

佐藤二朗
美波
高橋直純



動物シリーズ随一の人気作
幼獣マメシバ」続編登場!

パラサイト男・芝二郎と
相棒の柴犬・一郎の名コンビが復活!


お犬様騒動 隠された真実…BS歴史館

BS歴史館
 
シリーズあなたの常識大逆転!
(1)「“お犬様”騒動 隠された真実

人間よりも犬を大事にする法律で、
世間を大混乱させたと言われる
江戸幕府の将軍・徳川綱吉。

実は世界的にも優秀な政治家だった?
俳優・石坂浩二らが、日本史の常識に挑む!

11月9日(水)
24時00分〜24時58分
NHKBSプレミアム




人間より犬を大事にする法律「生類憐みの令」で、
江戸の人々を大混乱させたといわれる、
第5代将軍・徳川綱吉

ところが近年、その評価は大逆転! 

実は、世界的にも先見の明がある
優秀な政治家ではないかというのだ。

優しい性格で政治改革に燃える綱吉は、
なぜ悪評で伝わるようになったのか? 

「忠臣蔵」事件との意外な関わりは? 

綱吉の手によるお宝の品や初公開の史料をもとに、
俳優・石坂浩二らが、日本史の常識に挑む!

出演

石坂浩二
童門冬二
磯田道史
渡辺真理

徳川綱吉 犬を愛護した江戸幕府五代将軍 日本史リブレット人 49 (単行本・ムック) / 福田 千鶴 著

デアゴスティーニ 週刊 江戸第28号 「生類憐みの令」の真相




    >>次へ
プロフィール

いぬテレビ
犬が登場したり特集されてるテレビ番組(首都圏版)の情報を集めていきます

主婦の味方になれるアフィリエイト










愛犬用郵送検診キット わんわんチェッカー


ファンブログのおすすめサイト

Powered by ファンブログ

<< 2011年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
リンク集
http://fanblogs.jp/inutv/index1_0.rdf
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。