アフィリエイト広告を利用しています

2024年06月25日

24' 6/23 - 6/24 週末結果


2024年 6/23 - 6/24 の週末の結果です。


6月22日(土)
・東京ジャンプS(J・GV)

1着 03.ジューンベロシティ ( 2番人気 )△
2着 09.ロスコフ ( 6番人気 )
3着 13.ヴェイルネビュラ ( 5番人気 )


ジューンベロシティ号が久々の重賞V。最後、併せ馬の形になりましたが、振り切りました。おめでとうございます。



・発走時刻を14時01分に変更。
・コウユーヌレエフ号は、枠入り不良。
・ホッコーメヴィウス号は、1周目6号障害〔いけ垣〕着地時につまずき、騎手が落馬したため競走中止。
・ジューンベロシティ号の高田 潤騎手は、最後の直線コースで外側に斜行したことについて令和6年7月6日から令和6年7月7日まで騎乗停止。(被害馬:9番)





[㏚]





6月23日(日)
・宝塚記念(GT)

1着 12.ブローザホーン ( 3番人気 )( 指数 6番手 )
2着 09.ソールオリエンス ( 7番人気 )( 指数 5番手 )
3着 03.ベラジオオペラ ( 5番人気 )( 指数 2番手 )
4着 07.プラダリア ( 6番人気 )( 指数 4番手 )
5着 10.ローシャムパーク ( 4番人気 )( 指数 3番手 )



雨の宝塚記念。上半期の総決算です。
好メンバーが揃いました。

1番人気 ドウデュース
2番人気 ジャスティンパレス
3番人気 ブローザホーン




各馬、見事なスタート。
ベラジオオペラ好スタート。
プラダリア、ヤマニンサンパ、 ローシャムパーク、ブローザホーンは、ややダッシュつかず。

隊列落ち着いて、先頭はルージュエヴァイユ
その後ろにプラダリアとカラテ。
べラジオオペラは先団内側。
シュトルーヴェ、ソールオリエンス、ジャスティンパレスは中団の後方。
その後ろにローシャムパーク。
最後方にドウデュース、ブローザホーン、ヤマニンサンパ。


前半1000mは、61.0秒。後半1200mは、71.0秒。


坂の登りでローシャムパークが上がって行く。
つづいて、ディープボンド、ブローザホーンも上がる。
ドウデュースは動かない。


四角を回って、直線にむくも、各馬は外へ進路をとる。
先頭は、ルージュエヴァイユ。
外からは、プラダリアとべラジオオペラ。
内からはドウデュースとジャスティンパレス。(内といっても、馬場の真ん中くらいです。)
べラジオオペラが先頭。
しかしさらにその外。外ラチの近くから、ソールオリエンスとブローザホーン。
ブローザホーンが並ぶ間もなく一気に交わして優勝。




・ブローザホーン
お見事でした。この悪い馬場も味方につけました。外目を追走してから、早めのロングスパートでした。そして、直線は超大外を選択しての直線一気。馬の力を信じての騎乗でした。馬体は小柄ながら、体全体を使って走っていました。初GT制覇です。
菅原 明良騎手、吉岡 辰弥調教師も初GT制覇おめでとうございます。

重馬場は苦にしないタイプなのでいつもと変わらず走ってくれました。
向正面でローシャムパークが上がっていくのが見えたので、一緒に少し位置を上げていいところで競馬できたなと思います。
4コーナーを回ってくる時も持てるぐらい余裕があった。
馬に感謝しかないです。今年中に(GTを)勝ちたいという気持ちは強かったですし、勝ててホッとしてます。



・ソールオリエンス
惜しかったですね。馬場も味方につけました。調教では復調気配でしたね。重馬場は得意だということが証明されました。最後少し狭くなったところがなければ、とも思うレースでした。

馬場の適性は皐月賞で証明済みだった。
それ以上に返し馬でバランスが良くなっている点に成長を感じました。
もともと古馬になってからと思っていた馬で、今日の走りでこれからの成長がさらに楽しみになりました。



・ベラジオオペラ
実力は示しました。前々から競馬をしての先行抜け出し。GT馬の力は見せましたし、重馬場での走りもこなすところを見せました。

自在に動ける。
今日は行きたい馬を先に行かせて、最もリズム良く走れるポジションで運びました。
ローシャムパークが外からきたところで早めに動かされる形となりましたが、最後までしっかりと走ってくれています。



・プラダリア
スタートでダッシュを付けた分、最後きつくなってしまったか。それでも驚異の粘りでした。京都での成績は安定しています。

調教はあまり良く見えなかったけど、返し馬での雰囲気はすごく良かった。
それに京都が好きなんでしょうね。
好スタートではなかったけど、馬場を選びながらいい形で進めることができて、これならという感じで直線に向かえたんですけどね。
1、2着馬との差は馬場適性の分もあったと思います。



・ローシャムパーク
惜しい競馬でした。スタートもちょっとよくなかったですし、最後の直線も少しの振りがありました。早めに動いて勝ちにいきました。前四頭とは差がついてしまいました。少しテンションが高かったでしょうか。

スピードの乗りがもうひとつで、途中から動いていくような形になった。
もう少しリラックスして走らせてあげられれば良かったんだけど。



・ドウデュース
いきっぷりはよさそうに見えましたが、抑えてましたね。直線を向いた時はジャスティンパレスと上がってくるかと思いましたが、重馬場自体は平気だが、内側の馬場が、おもったより、よくなかったですかね。

残念。いつものこの馬の競馬だったんだけどね。
4コーナーで外を回し過ぎるよりはと思って内に切り替えたんだけど、ラストは伸びなかった。
状態はいいと感じたし、みんな同じ条件だから馬場のせいにもしたくない。また秋ですね。



・ディープボンド
年齢の割にはがんばっていますが、ズブくなってきているのでしょうか。そうなると長めの距離のほうがいいですかね。

思ったより進んでいかなくて、自分の形で運べませんでした。
もう少し前の位置につけられたらよかった。



・ルージュエヴァイユ
思い切った競馬でいきました。良馬場でしたら、キレ勝負でいったのでしょうか。先手を取って勝負にいきましたね。いい競馬でした。体重が戻ってきたのはよかったです。

この馬のバランス、今日の馬場を考慮してこういう形の競馬となりました。
最後までよく頑張ってくれました。



・ヤマニンサンパ
最後走りが重そうに見えました。メンバー揃っても好走できるので、重賞勝利したいですね。

GTの強いメンバーを相手に、恥ずかしくない競馬をしてくれました。
今後、順調にいけば、オープン、重賞で十分に通用してくれると思います。



・ジャスティンパレス
直線を向いた時は期待感ありました。去年も言っていた通り、この距離だと少し短いか。ドウデュースとおなじで、内側の馬場が、おもったより、よくなかったですかね。こちらの馬は重馬場きびしかったのかな。

スムーズにいい感じの競馬で、4コーナーでも手応えは良かったけど、直線では進んでいかなかった。
ディープインパクトの子にはこういう馬場は難しい。
最後は疲れてしまった。



・シュトルーヴェ
初GT挑戦でしたが、ここまで負ける馬ではないと思います。重馬場の影響ですかね。あとは距離か。秋に期待したいです。

もともとスタートの速い馬ではありませんが、中団くらいにはつけられました。
手応えは良かったものの、最後はいつもの伸びが見られませんでした。
馬場の影響もあったのかも。



・ヒートオンビート
好位置はとれましたが、最後きびしかったですね。

一発を狙っていたんですが、さすがにメンバーが強く、勝負どころでは疲れてしまいました。



・カラテ
ベテラン頑張りました。
8歳馬としてはよく頑張ってくれました。
この馬場でも最後までよく走り切ってくれました。




1Fの平均タイムは、12.0秒。
最速上りタイムは、ブローザホーン・ソールオリエンスの34.0秒。





[㏚]



20200202_180244_0000.png


重賞 結果 回顧 週末の結果 週末の結果24 2024

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/12601224

この記事へのトラックバック
[㏚]お買い物なら楽天! [PR] 新しい競馬の予想ファクター
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索
ファン
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さぬきちゃんさんの画像
さぬきちゃん
競馬歴28年以上 競馬の楽しさ、奥深さを伝えたいと思います。 初めての方にも競馬を知ってほしい。 もちろん予想もしますよ。 あと日向坂46が好きです。
プロフィール