2022年09月24日

神戸新聞杯 全馬ぶった切る!


神戸新聞杯の全頭評価です。

01. リカンカブール
重賞で16番と0.7差。休養挟んで、混合1勝クラスを勝ち上がり。
前目につけられるポジションも良い。人気薄なら抑えてもいい。


02. ボルドグフーシュ
こちらも上記と同じ。だが、2勝クラス勝ち上がりの分やや上か。
切れる脚なので馬場が良いほうがいい。


03. ミスターホワイト
未勝利明け後は連敗。前走は重賞勝ち馬のレースだったが、1.7秒差。
さすがに厳しいか。


04. コントゥラット
未勝利勝ち後。タイムも平凡。大幅な変わり身なければきびしい。


05. ヴェローナシチー
善戦マン。賞金的には微妙な所なので、出走権は欲しい。
ここ二戦は重賞クラスの馬に負けただけ。すんなり勝ってもおかしくはない。
全戦3着以内は超優秀かシルバーコレクターか。


06. ヤマニンゼスト
2勝クラス。前走は同じ3歳に離される。
中京経験済みも、紛れないと難しい。


07. ジャスティンパレス
GT2着、皐月賞・ダービー出走。
両方9着。狙いどころが難しい。抑えまでか。


08. メイショウラナキラ
前走は良い競馬だったが、使い詰めが気になる。
時計のかかるの馬場の方が合いそう。


[㏚]日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」


09. サトノヘリオス
GTクラスは厳しいが、重賞クラスなら好走する馬。
未勝利戦で中京レコードと重賞馬に勝利。
面白味ある。


10. レヴァンジル
ローテーション的に着実な馬。目標はもちろんここ。
鞍上はこちらを選択。距離は大丈夫そう。


11. パラレルヴィジョン
今週のサリエラ枠(ローズS2着)。鞍上は超魅力。
能力は未知数。しかし、ポンポンと2勝を勝ち上がれるのは実力あり。
ただ、トビが大きいので、湿った馬場だと滑るか。


12. ジュンブロッサム
前走は1勝クラスをレコード勝ち。
今までの相手は結構骨太。着差は僅差。
特に3走前のアーリトンカップではNHKマイルCに詰め寄る。
距離は1600の方が合いそうだが、一発あるか。


13. ビーアストニッシド
皐月賞・ダービーは惨敗。
放牧で立て直しを図る。
強調材料はないが、落ち着きがでてきたみたいです。


14. プラダリア
未勝利からの飛び級で青葉賞を制覇。
ダービーも5着と実力はフロックではなかった。
前哨戦なので、無理はしてないだろうが、実力は一つ抜けている。


15. アイキャンドウイッ
1勝馬。
血統的には魅力だが、さすがにここでは厳しいか。


16. アスクワイルドモア
京都新聞杯勝ち。
ダービーでは力の差で負けた。
ここでパワーアップしていないと菊花賞では勝負にならない。


17. サンセットクラウド
未勝利勝ち後。タイム差なし。
条件的に厳しいか。距離は長い距離を使われてきている。
完全ノーマークなら。


【参考レース】
京都新聞杯(GU)
1着 アスクワイルドモア
2着 ヴェローナシチー
3着 ボルドグフーシュ
4着 リカンカブール
9着 メイショウラナキラ
11着ミスターホワイト

[㏚]







短評.png

2022年09月18日

セントライト記念 全馬ぶった切る!


セントライト記念の短評です。


台風接近の為、雨予報。馬場はかなり悪くなる見込みです。
状況次第では中止になる可能性もなくないのか。
こちらは春の活躍場vs夏の上り馬の図式です。


01. ローシャムパーク
休養を挟んで一変。前走はやや重の中山で、3歳1勝クラスを圧勝。
まだ余裕がある感じ。中山も合いそう。
過信は禁物も勝負にはなりそう。


02. ロンギングエーオ
青葉賞敗退後、立て直して前走へ。距離は長い方が合いそう。
混合1勝クラスで、古馬にも勝利。
中山も未勝利で経験済み。権利取れるか。


03. マテンロウスカイ
早いうちから活躍してきたが、勝ちきれないレースがつづいた。
きっちりと1勝クラスを勝ち上がれるのは実力がある証拠。
相手なりに走る感じも否めないので掲示板には食い込んできそう。中山は初めて。


04. ラーグルフ
前走はローズS出走馬に勝利。この馬がローズSでどこまでいけるかで評価決まる。
ホープフルS3着、皐月賞も後方から追い込んで勝ち馬と0.6秒差。
前走は休養明けからの古馬混合で中団から良い脚を使う。


05. セイウンハーデス
ダービー惨敗もリステッド競走勝ちあり。賞金的には微妙なので、権利取りたいところ。
重賞クラス一歩手前までの実力は有。
中山の荒れた馬場こなせるか課題。


06. オニャンコポン
GTは勝てなかったが、上位争いしていた。中山重賞勝ち馬。
距離は合う。休養を経て、パワーアップなるか。
ここで上位争いに入れないと菊花賞は厳しい。


07. アスクビクターモア
唯一の中山3勝馬。負けられない戦い。
GU勝ち、GTも上位争い。本命候補。
不安材料は不良馬場だけ。

08. ショウナンマグマ
前走重賞2着。勝ち馬は新潟記念3着。
先手をとれればいい走りをする。
中山も1勝クラスの時に圧勝。
むらっけあるか。


09. ガイアフォース
連対率100%。新馬ではドウデュースと0.1秒差。
新馬戦の上位3頭中、この馬以外は重賞勝ち。
骨折休養明けが長引いたが、ここまでたどり着いた。
荒れ馬場と中山に課題残るか


10. ベジャール
未勝利からの毎日杯2着で片りん見せるも、ラジNで大敗。
そこから調整して、当レース。
調教は良い。


11. キングズパレス
休養明け手からは好走続く。プリンシパル2着でダービーは出れずだが、その後の1勝クラスで勝ち上がる。
血統的背景では早くから活躍できる血統なので、成長は充分なはず。
広い競馬場がよさそうな気もする。調教は良い。


12. サイモンバロン
未勝利脱出からの1勝クラスで2着。
荒れ馬場でまぎれがあれば。
調教は良い。


13. ボーンディスウェイ
弥生賞3着の実績はあり。中山経験は豊富。
皐月賞からラジNに照準変更も不発。
今回が試金石に。

[㏚]





短評.png

2022年09月17日

ローズS 全馬ぶった切る!


ローズSの短評です。

まず、総合的に見て、牝馬1~2勝馬クラスのレース。
唯一、リステッド競走を勝っているのがアートハウスだけ。
桜花賞、オークス、両方に出ていたのがパーソナルハイだけ。

では、いってみましょう。


01. セントカメリア
前走は混合2勝クラスで惜しいレース。勝ち馬はセントライト記念へ。
2000mでは安定したレースをするように。中京も勝っている。
自分のレース出来れば


02. ブルトンクール
前走2着馬も1勝勝ち上がり。久々どうか。使ってよくなるタイプか。
調教はそこそこ。


03. ミナモトフェイス
未勝利勝ち上がり。タイムも平凡。
まぎれてくれば。


04. パーソナルハイ
唯一の春GT両方経験馬。フローラS2着も賞金微妙か。出走権とりたい。
しかし1勝馬。どうなるか 


05. ラリュエル
前走牝馬1勝クラスを勝ちあがり。斤量は軽かった。
血統的にはよさそうではある。前目狙うポジションの馬おおし。


06. サリエラ
2戦2勝。素質はあると思います。
前走差し切ったが。あっちいったりこっちいったりとうろちょ。
経験不足がでると不発もある。
当日の馬体重も要チェック。


07. メモリーレゾン
唯一の3勝馬。デビューが今年で、地味にレースをこなしてきた。
前走も混合2勝クラスを勝ち抜く。
久々と斤量と距離に課題。


08. アートハウス
唯一のリステッド競走勝馬。賞金もボーダーラインか?
オークスもタイム差は1秒だった。
勝ちきれるかが課題。


09. エグランタイン
2走前はラリュエルと五分、前走は牝馬1勝クラスを完勝。
切れる馬場あうか。
調教はグンバツでした。


10. マイシンフォニー
春は善戦マンだったが、1勝馬。
相手なりに走るか。
1勝クラス勝ち上がれていない。


11. ヴァンルーラー
早い時期から勝ち上がるも、苦戦続き。
ここで出走権は取りたいが。
休養で立て直せたかがポイント。


12. ヒヅルジョウ
前走、札幌での牝馬1勝クラス勝ち上がり。
10番の馬に2馬身差。
外枠から先手とれるか。


13. ベリーヴィーナス
未勝利勝ち上がりも前走大敗。
1勝クラスだが、展開に恵まれれば3着はあるか。


14. ルージュリナージュ
大崩れしない馬。だが勝ちきれない馬。
前走は牝馬限定クラスで勝ち上がる。
今までの相手がそこそこ骨太説もある。


[㏚]





短評.png

2022年05月28日

2022日本ダービー 短評


日本ダービーの出走馬全頭の短評です。



01.アスクワイルドモア
1枠1番。京都新聞杯をレコード勝ち。ダービーを目標に早めに路線変更。高速馬場も対応可。
前走の反動が心配。次で8戦目。駆け足で来た感は否めない。


02.セイウンハーデス
プリンシパルS勝ち。東京競馬場は経験済み。鞍上もダービージョッキーを狙う。
前走は1勝馬が多数のレース。重賞・GTクラスでどこまで通用するか。


03.アスクビクターモア
皐月賞5着。ディープ記念勝ち。前走は先手を取っての勝負で5着。出来れば番手あたりで控えたいか。
前走ペースが速くなかったこともあり、ややかかり気味だった。上位二頭には完全に力負けだったが。。。


04.マテンロウレオ
ここ二戦は着順を落としてきたが、きさらぎ賞での切れ味が再現できれば。
タイム差はないものの、他を圧倒するほどの脚はないか。調子がどこまでもどっているのか。


05.ピースオブエイト
3戦3勝無敗。毎日杯勝利からのダービー参戦。まだまだ成長の余地残す。勝ってもおかしくはない。
多頭数とGTの経験が無いところくらいですか不安点は。


06.プラダリア
青葉賞勝ち馬。あっさりと重賞制覇。ここもあっさりと勝ってもおかしくはないが。。。
青葉賞のダービー成績の不振ぶりが懸念材料。重賞昇格してから、いまだにダービー勝ち馬なし。


07.オニャンコポン
京成杯勝ち馬。皐月賞は6着。東京も経験済みで切れる脚もある。鞍上とともダービー制覇へ。
鞍上がまだ若さが懸念ではある。騎手は馬と一緒に成長する。空気に飲まれないようにしたい。


08.ビーアストニッシド
スプリングS勝ち馬。皐月賞はダメだったが、この期間で立て直せたか。東京競馬場で12,15につぐ三着あり。
前走は最後置いて行かれる。先頭で気持ちよく走れれば粘れるか?


09.ジャスティンパレス
ホープフルS二着馬。鞍上は二度ダービー制覇。前走は4角大外に回され、直線で詰まる。
出負けしなければ。速い馬場に対応できるか。


10.マテンロウオリオン
シンザン記念勝ち。NHKマイル2着。全戦連対。前走の東京での脚は秀逸。
距離がもつか。間隔はせまいがどうか。鞍上の機嫌次第も。


11.ジャスティンロック
皐月賞から直行。タイム差はあまりない。前走はうまく内にもぐりこんだが、最後狭かった。
鞍上変わりだが、最初は騎乗していた。速い馬場についていけるかが問題。


12.ダノンベルーガ
皐月賞4着。東京競馬場で皐月賞馬に勝つ。東京での上がりタイム速い。
前走は上位二頭に完敗の形。


13.ドウデュース
二歳王者。皐月賞三着。前走は追い込んで届かず。広い東京競馬場で逆転なるか。
距離に疑問符がつくか?2000m以上の距離は長いかも。


14.デシエルト
若葉S勝ち馬。若葉Sは完勝タイムも良い。前走は息が入らなかったか。
今回も前目でプレッシャーを受け続けると厳しいか。直線は長い。


15.ジオグリフ
皐月賞馬。ちぐはぐな競馬続いたが、本番で見事に勝利。福永騎手、ダービー三連覇なるか。
素質は高いが、東京競馬場で12番に不甲斐ない負けが気になる。気性面の心配も。


16.キラーアビリティ
二歳中距離王者。直行で皐月賞行くも大敗。一矢報いたい。鞍上は去年のリベンジも。
前走は明らかな調子落ち。気性面も心配。どこまで立て直してきたか。


17.ロードレゼル
青葉賞2着。血統は随一。ダービーを勝つためのような血統。
鞍上乗り替わり。重賞2着もこのメンバーで善戦できるか。


18.イクイノックス
皐月賞二着。鞍上が皐月賞は負けても、ダービーは勝つよと自信の一言。東スポ杯のキレはすさまじい。
大外だが。。そこまで不安はないか。強いて言えば、血統が渋い。


[㏚]



短評.png

2022年05月08日

NHKマイルC 短評


久しぶりに全馬短評やります。


01.マテンロウオリオン
素質は一線級。現状ならGTも勝ち負け。血統も〇。
前走はまさかの届かずで敗北。最内+後方からの位置取り次第でどうなるか。


02.ソネットフレーズ
前走は直線途中まで行き場がなかったが、勝ち馬とタイム差なし。
鞍上初騎乗と久々、二歳からの成長分がどこまでか。


03.ソリタリオ
二走前は1番の馬と僅差の勝負。慣れた距離に戻ってチャンスか。血統は〇。
前走は案外。1800mは長かったか。鞍上騎乗も気になる。


04.セリフォス
三連勝からのGTは惜しくも制覇ならず。負けた相手は皐月賞3着。切れる脚は間違いなく使える。
5か月ぶりの実戦がどうか。テンション上がらければいいが。


05.キングエルメス
前走好スタートから番手の粘りの競馬。ハイペースをうまく追走できれば。東京も経験済み。コンビで初GTへ。
決めてに欠ける分、前目に付けないときびしいか。流れについていけないときつい。中2週。


06.トウシンマカオ
前走は不発だったが、差のない競馬。朝日杯も差が無かった。二走前の東京競馬場での脚は素晴らしい。
1600mがやや長い気もするが。入れ込まなければよいが。


07.タイセイディバイン
重賞で連続二着。GTで優勝飾りたい。鞍上とは長くコンビ組む。
連戦続きで消耗度がきになるし、中2週でどうか。


08.アルーリングウェイ
前走は着順こそ下だが、差のない競馬。直線最初、前が開かず抜け出せなかった。そのあと横からの不利。スムーズな走りがみたい。
前走の不利の影響と疲労度に懸念。


09.ダンテスヴュー
二走前は1番とタイム差なし。前走もたれていきそうな所を粘っていた。粘り腰で。
初1600mでペースについていくことが課題。


10.カワキタレブリー
浮き沈みが激しいが、二歳重賞時、4番の馬と僅差の勝負。叩いて上積み見込める。
前走案外。鞍上が変更で上手く立ち回れるのか。


11.インダストリア
前走で皐月賞上位馬と僅差。道中チグハグだった。皐月賞ではなく、こちらに来たのは勝機があるからか。距離短縮は良い。鞍上も悪くない。
立ち上がり、道中の流れについていけないと後ろすぎて届かない。


12.セイクリッド
未勝利勝ち。抽選を抜けてGTの舞台へ!芝変わりで一変あるか。
いきなりの芝レースがGTだと難しいか。


13.ジャングロ
三連勝でGTへ。重賞2勝の1番の馬にも勝利。鞍上も三度制覇。
先頭でペース作ると、速くなる+狙われやすい。どこのポジションとるかで変わる。4角4番手以内なら。


14.フォラブリューテ
二走前の競馬で左回りへの適正と良い脚をみせた。前走もあまり疲労は溜まっていないか。今回は輸送なし。
出遅れ、気性面に課題か。やる気が出ないと全く走らない可能性も。


15.オタルエバー
順調に使い続けられ、GTに。朝日杯を抜かせば、3着以下なし。鞍上も勢いあり。前走で新しい一面も。
オープンクラスは間違いないが、このメンバーでどうか。逃げるのか控えるのか。


16.プルパレイ
鞍上が乗り続けた馬。間隔も問題なし。三歳になり、脚質転換で開花してきたか。東京は向く。
重賞レベルで通用するか。1600の速い流れが鬼門か。


17.ステルナティーア
2歳時の東京競馬場では素晴らしい脚を見せた。流れハマれば。ノーマークで楽な競馬できる。
チューリップ賞から立て直し出来たか。いいところみせたい。


18.ダノンスコーピオン
朝日杯3着。前走完勝でGTの舞台へ。大外だが一気に差し切るか。
輸送?東京競馬場?二走前が案外。間隔中2週。前走使わなくても良かったと思うが、確認したかったのでしょうか

[㏚]




短評.png

2022年03月26日

高松宮記念 短評


高松宮記念の短評です。


01.サリオス
コントレイルと同期が香港を経て初短距離に挑戦。左回りは○。
1200mのスピードについていけるか。

02.ナランフレグ
本格化してきた同馬。ここ4戦は1200m複勝率100%。
重賞未勝利で初GT挑戦でどこまでいけるか。

03.シャインガーネット
不調が続いていたが、短距離に戻って復調。斤量の軽さを生かして。
GTでどこまで通用するか。馬場が渋ればチャンスあるか。

04.ライトオンキュー
ベテランタッグでGT初戴冠を目指す。1200mは慣れている。
GTで大敗が続く。

05.レイハリア
1200m合う。4連勝で重賞制覇。休養取ってリフレッシュしたか。
前走の大敗が謎。馬込がきついか。

06.サンライズオネスト
ここ目標にローテーションはバッチリ。1200mが一番合うと調教師。
切れ味勝負だと厳しいか。左回りが合わないかも。

07.レシステンシア
春のスプリントチャンピオンに一番近い馬。久しぶりにGT勝ちたい。
GTレース、2着回数5回。勝ちきれない所を払しょくしたい。

08.ジャンダルム
衰えを見せず、前走も重賞制覇。鞍上と共に初GT 制覇へ。
時計がかかる馬場だと厳しいか。1:07より速い時計で決着つけれるなら。

09.ロータスランド
重賞2勝。マイルから距離短縮して挑戦。鞍上と共に初GT 制覇へ。
中京、1200m初めて。行き過ぎても、抑えすぎてもダメ。

10.キルロード
馬場・距離転向でようやくベストが見いだせた。なんとか食い込みたい。
重賞未勝利。速い時計だとついていけないか。

11.クリノガウディー
2年前の高松宮記念1着入線も斜行で降着。リベンジを。
ここ最近不調が続く。

12.エイティーンガール
生粋のスプリントランナー。前が止まるようなことがあれば。
GTでは結果出せず。中京コースが合わないか。

13.トゥラヴェスーラ
7歳にして本格化か。大器晩成。年齢的にもラストチャンスか。前年4着。
前目にもつけれるが、多分後ろから。コース取りと馬群さばきが鍵。

14.ダイアトニック
まだまだ若い者には負けません。2年前、馬場が渋った高松宮記念で3着。
1200mだとやや短いか。2桁着順が続く。流れに乗れれば。

15.ファストフォース
地方から出戻り、短距離に活路。重賞制覇経験もあり。
2回目のGTでどこまで通用するか。ペース次第。

16.ダイメイフジ
生粋のスプリントランナー。輝きを取り戻したい。
3回挑戦したスプリントが全部二桁着順。

17.メイケイエール
ソダシと同じ白の一族。昨夏を越えて本格化したか。
折り合いがつくかどうか。

18.グレナディアガーズ
初1200も朝日杯を1:32秒台で制したのでスピードは充分。
素質はかなりあるが、不安点は初距離・気分屋・大外枠、そして血統的に短距離の重馬場がどうか。

[㏚]



短評.png

2022年02月18日

フェブラリーS 短評


フェブラリーSの各馬の短評です。


01.テオレーマ
牝馬ダート界ではトップの実力。鞍上も強い。
中央のGT・重賞クラスは今回が初めて。


02.ダイワキャグニー
ダート2戦目。得意の東京コースで巻き返しなるか。
武蔵野Sが案外。1800m番長なのか。


03.インティ
古豪健在。トップクラスでも安定した成績。
勝ちきれないところがあるか。年齢も8歳。


04.アルクトス
南部杯2勝2着1回。東京のマイルでも勝ちたい。
同じ距離のフェブラリーでは惨敗続き。小回り巧者か。


05.レッドルゼル
ドバイでも2着になり、ダート短距離界を席巻中。前年4着。
1600こなすも、やや距離が長いか。後方から間に合うか。

06.カフェファラオ
前年度チャンピオン。最近成績振るわずだが、得意のコースに戻って。
芝を使っての変わり身も効果薄。鞍上変わりでどうでるか。


07.タイムフライヤー
ダート適正は高い。鞍上は勢いある。
ここ最近振るわず。気まぐれな部分あるので不明。


08.サンライズノヴァ
東京ダート1600巧者。鞍上との息の合ったコンビで。
最近は勝ち星に恵まれず。年齢も8歳。


09.サンライズホープ
ダート中距離で力をつけてきた。距離短縮で変りもあるか。
GTクラスで通用するか。早いペースについていけるのか。


10.スワーヴアラミス
やっとGU勝利。このままGTの頂へ。
後方からになるので展開に左右される。


11.ソダシ
血統的には申し分のない逸材。距離もあう。
気まぐれ?ずる賢さ?ここ2戦での負けは不可解


12.ミューチャリー
地方の雄。メイセイオペラ以来の勝利へ。一線級とも互角。
距離はやはり中距離のほうがよさそう。


13.ソリストサンダー
ここ三戦のダ1600m成績は1ー1ー1-0。地方も中央もこなす。
いつものキレがだせれば。揉まれなければ。

14.ケイティブレイブ
おととし2着の実績。まだまだ若いものには負けない。
さすがに年齢的な衰えが出てきたか。9歳。


15.テイエムサウスダン
本格化した。連勝でGTへの挑戦。
ここ最近で大敗した2戦が東京コースは気になる。


16.エアスピネル
東京ダート1600mは庭。ダート重賞初勝利なるか。鞍上強化
善戦マン。買うなら紐までか。


[PR]




短評.png



[PR] [PR] 新しい競馬の予想ファクター
<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
ファン
最新コメント
馬券の券種による 当たる確率 by さぬきちゃんさ (11/18)
馬券の券種による 当たる確率 by 令和 (11/17)
菊花賞 予想 by カズ (10/27)
菊花賞 予想 by 讃岐太郎 (10/26)
菊花賞 予想 by カズ (10/26)
写真ギャラリー
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さぬきちゃんさんの画像
さぬきちゃん
競馬歴28年以上 競馬の楽しさ、奥深さを伝えたいと思います。 初めての方にも競馬を知ってほしい。 もちろん予想もしますよ。 あと日向坂46が好きです。
プロフィール