アフィリエイト広告を利用しています

2023年12月05日

23' 12.2 / 12.3 週末結果


2023年 12.2 / 12.3の週末の結果です。


12月2日(土)
・ステイヤーズS(GU)

1着 07.アイアンバローズ ( 8番人気 )( 指数 5番手 )
2着 11.テーオーロイヤル ( 2番人気 )( 指数 3番手 )
3着 05.マイネルウィルトス ( 3番人気 )( 指数 2番手 )

日本で一番距離の長い重賞。ステイヤーズS。
スタミナ豊富な馬が出場です。
ダンディズム、セファーラジエルがスタート遅れ。
長丁場なので、各馬様子見。
アフリカンゴールドが一気に先頭へ。
その後ろぴったりにアイアンバローズ。
この二頭が抜け出す展開。後方に5馬身くらい差をつけます。
テーオーロイヤル、マイネルウィルトスが中団。

前半1000mは、63.9秒。
中盤1000mは、62.9秒。( 2000m通過時 2:06.8)
中盤1000mは、63.0秒。( 3000m通過時 3:09.8)
ラスト600m、35.6秒。

アイアンバローズが変わって先頭へ。
後続を10馬身くらい差をつける流れ。
アフリカンゴールドとセファーラジエルと並ぶ。
その後ろヒュミドールは6馬身くらい離れているか。
テーオーロイヤル、マイネルウィルトスはさらに3馬身くらいうしろ。

800mで、セファーラジエル、アフリカンゴールドが、アイアンバローズを捕まえにいく。
4角を丁寧に回って、後ろに差をつけるアイアンバローズ。
その差は4〜5馬身か。
マイネルウィルトスが二番手にあがってくるも、なかなか差が縮まらず。
そのままアイアンバローズが、振り切ってゴール。
テーオーロイヤルがマイネルウィルトスを交わして2着。

今回はアイアンバローズと石橋 脩騎手が見事な競馬でした。
長距離実績もありましたが、自分のペースでうまく運べました。
父もこのレース得意なオルフェーヴル産駒でした。

1Fの平均タイムは、12.5秒。
最速上りタイムは、テーオーロイヤルの33.9秒。

・グランオフィシエ号の田辺 裕信騎手は、病気のため吉田 豊騎手に変更。
・マイネルウィルトス号の横山 武史騎手は、2周目2コーナーで内側に斜行したことについて戒告。(被害馬:11番)



[㏚]




12月2日(土)
・チャレンジC(GV)

1着 05.ベラジオオペラ ( 3番人気 )( 指数 3番手 )
2着 04.ボッケリーニ ( 2番人気 )( 指数 4番手 )
3着 02.イズジョーノキセキ ( 9番人気 )( 指数 7番手 )

スタートは五分。
先手はテーオーシリウス。
ベラジオオペラは中団。
その後ろにボッケリーニ。
さらに後ろにイズジョーノキセキ。

前半1000mは、59.9秒。後半1000mは、58.9秒。

4角回って一団。
馬場の真ん中から、ベラジオオペラが抜け出す。
うまく内を回って、ボッケリーニ。
並んだところでゴールイン。
わずかにべラジオオペラがしのいで優勝。
べラジオオペラはダービー4着からのローテーションで、地力を見せました。
ボッケリーニは、モレイラ騎手の決断が素晴らしいですね。4角回ってから、最内に一気に進路をとっていきました。その結果惜しくもハナ差の2着。もうすこしで勝ちでした。
イズジョーノキセキは斤量が減って、気分よく走れましたかね。
エピファニーはちょっと後ろすぎました。

1Fの平均タイムは、11.8秒。
最速上りタイムは、ボッケリーニの34.4秒。



[㏚]




12月3日(日)
・チャンピオンズC(GT)

1着 15.レモンポップ ( 1番人気 )( 指数 1番手 )
2着 07.ウィルソンテソーロ ( 12番人気 )( 指数 8番手 )
3着 05.ドゥラエレーデ ( 9番人気 )( 指数 6番手 )
4着 04.テーオーケインズ ( 4番人気 )( 指数 3番手 )
5着 02.メイショウハリオ ( 6番人気 )( 指数 2番手 )

2023年度の中央ダートの総決算。
今年のダート戦線を盛り上げた馬が出走。

1番人気 レモンポップ
2番人気 セラフィックコール
3番人気 クラウンプライド

グロリアムンディがスタート遅れ。
セラフィックコールはダッシュがつかず。
迷いなく外からレモンポップが先頭へ。
ケイアイシェルビーもしごいているが、スピード差がありました。
二番手ドゥラエレーデ。
テーオーケインズ、クラウンプライドはその後ろ。
メイショウハリオ、ウィルソンテソーロ、セラフィックコールは後方から。

前半1000mは、60.8秒。

4角回って、レモンポップが先頭。
後続を突き放す。
ドゥラエレーデもテーオーケインズも追いつけません。
後方から一気にウィルソンテソーロが伸びてくる。
しかし、レモンポップが振り切って優勝。
レモンポップがフェブラリーS、チャンピオンズCのJRAダートGT完全制覇。
同一年のダブル制覇は史上四頭目です。


・レモンポップ
見事な勝利でした。大外枠の不利を跳ね返す勝利。鞍上の迷わない逃げの姿勢が見事でした。1800mの初距離もこなしました。が、鞍上曰く、最後は脚が止まったみたいなので、ベストは1600mまでか。これで、名実ともにダート王者になりました。来年の動向が楽しみです。

・ウィルソンテソーロ
原 優介騎手乗り替わりでお見事でした。あともう少しでしたね。出遅れたのが功を奏したか、腹をくくって後方一気。最速の上がりタイムをマーク。東京競馬場のフェブラリーSで巻き返すことができるか。鞍上を変える理由はないとは思います。

・ドゥラエレーデ
ちょっと私勘違いしてました。日本でダートも走ってると思ってましたが、走ってなかったですね。ムルザバエフ騎手も一年ぶりでも、手応えを掴んでいました。操縦性や先手を取れるスピードなので、小回りのダートで成績を上げそうな予感がします。

・テーオーケインズ
古老は惜しくも、今年も4着。残念なのは、ドゥラエレーデを一度少し交わしたものの、再度差し返されたことですね。

・メイショウハリオ
こちらの古老も帝王賞あたりから、最後のスピードの乗りがイマイチな所があります。最後、差が縮まらなかったですね。

・ハギノアレグリアス
頑張ってはいましたが、今回はちょっと足りなかったか。

・セラフィックコール
上がっていこうとしたところで、少し動きましたが、そのあとまったくあがっていけませんでした。中3週が厳しかったか。調教もそこまでよくなかったです。

・アイコンテーラー、ジオグリフ
アイコンテーラーは先手取れなかったのが厳しかったか。自分の競馬を全くできず。馬もやる気をそがれる感じに。大差で離されてしまいました。
ジオグリフは日本のダート合わないですかね。不振が続いている状況なので、立て直しを期待したいです。

・ノットゥルノ、クラウンプライド
ノットゥルノはだいぶ外にふられました。クラウンプライドも、やや不利があったかんじか。
レモンポップの来年が楽しみです。
ギルデッドミラーがいたら。。。

1Fの平均タイムは、12.2秒。
最速上りタイムは、ウィルソンテソーロの36.6秒。

・ウィルソンテソーロ号の原 優介騎手は、最後の直線コースで外側に斜行したことについて過怠金10,000円。(被害馬:10番)



[㏚]



20200202_180244_0000.png


重賞 結果 回顧 週末の結果 週末の結果23 2023

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/12329528

この記事へのトラックバック
[㏚]お買い物なら楽天! [PR] 新しい競馬の予想ファクター
<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
ファン
最新コメント
東京新聞杯 データ by BagssjpPailm (03/01)
馬券の券種による 当たる確率 by さぬきちゃんさ (11/18)
馬券の券種による 当たる確率 by 令和 (11/17)
菊花賞 予想 by カズ (10/27)
菊花賞 予想 by 讃岐太郎 (10/26)
写真ギャラリー
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さぬきちゃんさんの画像
さぬきちゃん
競馬歴28年以上 競馬の楽しさ、奥深さを伝えたいと思います。 初めての方にも競馬を知ってほしい。 もちろん予想もしますよ。 あと日向坂46が好きです。
プロフィール