広告

posted by fanblog

留学生 VS アメリカのクリスマス。其の一(切ない編)

アメリカで学生だった時に過ごしたクリスマスの話。(切ない編)


アメリカではクリスマスの日は家族と過ごす。

なので、僕ら、日本人留学生は路頭に迷う。


この時期には学校も、冬休みに入っているので、

アメリカ人等は実家にもどり、そして、

大抵の日本人留学生も一時帰国するが、

僕を含む金欠気味なアメリカ残留組も少なからずいるのです。


そんな僕らは、昼頃から孤独に耐えられずに、集まりだす。

しかし、夜も更けてくると、今度は、

自分達だけ街の仲間はずれになってはいやしないか。

などと怯えだす。

どうする。とりあえず、街へ繰り出すか?

なんて出てみても、人もいないし、どこの店も閉まってる。

街の中心部にある、電飾と雪化粧に飾られた

巨大なクリスマスツリーも、ただ、ただ物悲しい。

そ、そんな、ばかな。きっとどこかで、華やかなイベントやら

なにかがやってるはず。と雪がシンシンと降るなか、ひたすら歩く。

あ、光がみえた、人がいっぱいいるぞ。あそこを目指せ!


そして、着いた先は、

そう、そこは、チャイナタウン。

中華街だ。


クリスマスお構いなしの通常営業。

歩きつかれ、おなかも減ってるので餃子、シューマイ貪り食う。

BGMはクリスマスソングではなくなぜか大黒摩季。

ららら、ららら、と歌ってる。

やっぱり、中華はハズレがないね。なんつって、

最後はプーアル茶で、ああ、満足。。



あれ、


まてよ。


このままじゃ、クリスマス度ゼロだ。。。



やべえ。



だもんで、いそいで、

さっきの巨大クリスマスツリーまで舞い戻り、パチリ、パチリの記念撮影。

ああ、あぶなかった。

これで、日本の家族や友人達に

「本場のクリスマスを満喫しました。」

の体面がもてた。


ぷひゅー、ほっとした。よかった、よかった。


そして僕らは家路につく。

途中、近所の家々の窓から漏れる

ツリーの電飾の光、ディナーの匂い、そして笑い声を

ららら、ららら、とモミ消しながら。。。


おしまい。

戻る<日本人VS外国人>進む

<日本人VS外国人>の目次へ

総目次へ       最新記事へ


クリックにご協力を↓

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

   
プロフィール

kai-robot
http://fanblogs.jp/y9fm2om9/index1_0.rdf
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット! 海外支援センター 総合案内 にほんブログ村 海外生活ブログへ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。