広告

posted by fanblog
カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索


[ ブログ ランキング ]

広告

posted by fanblog



凪(なぎ)とは無風状態のことですが、FXで相場に

ほとんど動きがないときの表現に使われたりします。





私は、この凪状態で何回も失敗した経験があります。

その失敗とは、

ポジションを作ってしまうという失敗です。


正確に言うと、

「少しでも多くの利益を出したいとの思いから

成行でポジションを作る」
と言うことです。


この成行でポジションを作るというのが問題です。

ポジションを作るということは、予測と逆方向に動いた
場合は、損失になります。しかも、凪からの動きは
通常の動きより、極端に動きやすいのです。

凪は、売り買いが均衡しているということです。
均衡している時間が長ければ長いほどに
相場のパワーはたまっていきます。

パワーがたまった状態から均衡が崩れたときの
動きは激しいので損失も大きくなります。
なので、予測と逆へ行くとかなりの痛手なのです。


では、どうすればいいのか?


凪のときには、成行でポジションを作らずに、
注文の予約を入れて置けばいいのです。

予約なのでポジションは作っていません。

自分が動くと予測した方向にある程度動いたら、
予約してある注文が自動で約定される。
つまり、自分が指定したレートで自動的に
ポジションが作られるということです。

ある程度動いてからポジションを作るので、成行よりは
利益が少なくなりますが、凪から予測と逆の方向へ
動いたときに、損失のポジションをかかえなくて済みます。

初心者のうちは、この「ある程度」分の利益が減るのを嫌い
少しでも早くと成行でポジションを作りたくなりがちです。

私もそうでした。しかし、予測と逆に動いて
含み損が膨らんで行ったときに後悔するのです。

「なぜ、ある程度の方向性が見えてから
判断しなかったのか」
と、

動きも速いので、損切りのタイミングを失うかもしれません。

なので、
注文方法は個人の好みによりますが、
私の理想のとしては、「IFD(イフダン)」です。
注文の予約と、その注文が約定されたら
損切りの注文も予約されるというものです。

「IFD」は、利益確定を自分で行なう必要がありますが、
自動でポジションが作られたあとに、急変して予測と逆の
方向へ動いたとしても、損切りが自動で行なわれるので
安心です。

損切りと利益確定の両方とも予約をして置きたい
という方は、「IFO(イフダンオーシーオー)」になります。


凪のときには多少の利益はあきらめて、方向性が

ある程度見えてきてからポジションを作るという、

やや後出しジャンケンぐらいの感じでいいのです。







もし、この記事が気に入って頂けたら、ツイッターや はてなブックマーク等で シェアをお願いします。 新しい記事を書く はげみになります。





Posted by ウォル氏 at 00:28 | 思考 | この記事のURL
この記事のURL

http://fanblogs.jp/walruswkiba/index1_0.rdf



×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。