広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索


[ ブログ ランキング ]

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog


    
チャンスを逃さないトレード環境

デイトレーダーで利益を出している人は、

だいたいトレード環境を整えているものです。

テレビや雑誌などで見たこともあると思いますが、

たくさんのモニターに囲まれていて、さながら

企業のトレーディングルームみたいです。


Work Desktop
Work Desktop / Jon B



そこで、

『なんで、あんなにモニターが必要なの?』

と疑問を持った方もいるかと思いますが、


必要なんです。


特にトレードスタイルの時間軸が短ければ
短いほどに必要性が強くなります。

理由は、たくさんモニターがあれば、
トレードチャンスが広がるからです。


例えば、
1つのモニターでトレードしているAさんと
3つのマルチモニターでトレードしているBさんが
いたとします。


Aさんは1つのモニターで、ドル円だけのチャートを表示して
いましたが、Bさんは3つのマルチモニターで、
ドル円、ユーロドル、豪ドル円のチャートを表示していました。

あるとき、
ユーロドル、豪ドル円で節目を超えそうな動きがありました。

Bさんは、ユーロドル、豪ドル円も表示していたため、
いち早く気づき節目を越えたときにエントリーする売買予約を
しました。

しかし、Aさんはドル円しか見えてないため、この段階では
まだ気づいていません。


その後、
ユーロドル、豪ドル円は節目を越えて大きく動きました。
大きく動けばニュースになりますので、Aさんも気づき
チャートの表示をドル円からユーロドルや豪ドル円に
切り替えますが、時すでに遅し、もうすでに大きく動いた
あとで、Aさんはエントリーのチャンスを逃してしまいました。


このように、
同時に見れる画面が少ないと不利なのです。
まして、スキャルピングなら数秒で勝負が決まります。
画面を切り替えてる時間でチャンスを逃すことは
容易にあります。

また、
マルチモニターであればチャンスだけではなく
ピンチもいち早く察知し、逃げることもできます。


もちろん、1つのモニターで何画面かは表示できますが、
画面数が多くなればなるほどに表示は小さくなります。

特にチャートは画面表示の大きさで印象がだいぶ違います。
どれくらい違うかというと、小さな表示ではエントリーしようと
思っていたが、大きな表示にしたらエントリーしないほうが
いいな、などと判断が間逆になったりするくらいです。

なので、
デイトレーダーはいち早くチャンスやピンチを察知するために
マルチモニターを導入しトレード環境を整えているのです。


ここで誤解してほしくないのが、トレードスタイルが時間軸の
長いスイングや中長期の人はマルチモニターでなくていい
とは言っていません。

スイングや中長期は頻繁にモニターは見ないかもしれません
が、ここぞというタイミングではたくさんのモニターを見ながら
のほうが情報が多い分有利ですし、考えやすいです。

あくまでも、スキャルピングやデイトレードの人と比較したら
必要性は低いというだけで、多いに越したことはありません。


そこで、
『マルチモニターを使ってトレードしたい!』
という方にはピッタリな専門店が下記になります。

デイトレーダ様ご用達のマルチ4画面・6画面・8画面PC、デイトレパソコン専門店


ここは、デイトレードパソコンの専門店です。

ここで、トレード環境をそろえてはいかがでしょうか。

環境から気持ちを変えることも可能です。

今まで真剣になれなかった人は、

まず環境を整えてみてはどうでしょうか、

環境が整えば気持ちも変わり真剣になると思います。







http://fanblogs.jp/walruswkiba/index1_0.rdf



×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。