広告

posted by fanblog
カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索


[ ブログ ランキング ]

広告

posted by fanblog



スワップ

前の記事の売りから始めるときの1ドルは、
ただで借りられるの?ですが、
その日中(締め時間まで)に決済すれば、ただです。


では、決済をしなかった場合どうなるでしょうか。

その場合は、スワップを払うことになります。
つまり、スワップとは金利差になります。


例えば、ドルの金利が 0.25%、円の金利が 0.1%とします。

ドルと円の金利差は、0.25 - 0.1 = 0.15 となりますので、1ドルを借りた場合、金利差 0.15% を払うことになります。


もちろん、逆もあります。スワップを払うのではなく、
貰うこともできるのです。それは、


買いから始めることです。

買いだと借りてるわけではないので、スワップを貰えます。


ここで、未経験の方はこう思うかもしれません。


『なんだ、簡単!買いから始めれば、

スワップを貰えて利益でるんだぁ』



しかし、そう簡単にはいかないのです。

確かに今現在のドル/円では、
買いから始めれば、スワップは貰えます。


利益が出るかは別として・・・


なぜか?

それは利益を出すための大半が、安く買って高く売ることや、
高く売って安く買い戻すことの為替差益だからです。


私は当初、スワップを払ってでも売りから始めたほうが、
利益が出やすいときがありました。

そのときは、理由がわかりませんでしたが(;^_^A


ここにトリックと言いますか、

売りと買いの違いがあるのです。


因みに、
スワップが多いFX業者ですと下記になります。
外為オンライン



【補足】

金利は変化しますので、
例えば、ドルの金利が0.1%、円の金利が0.25%、になると、
今までの話が逆になります。

つまり、売りから始めると金利差を貰え、
買いから始めると金利差を払うことになります。

まぁ、金利差が逆転するほどの変化は、
そうはないので今は気にしなくてもいいと思います。




もし、この記事が気に入って頂けたら、ツイッターや はてなブックマーク等で シェアをお願いします。 新しい記事を書く はげみになります。





この記事のURL

http://fanblogs.jp/walruswkiba/index1_0.rdf



×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。