広告

posted by fanblog
カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索


[ ブログ ランキング ]

広告

posted by fanblog



リスク管理
FXを始めると、「リスク管理」という言葉を
よく目にすると思います。


どんなリスクがあるのでしょうか?

物理的、社会的、心理的という区分けで、
あげてみました。



【物理的なリスク】

・ パソコンが壊れる
・ ネット回線が壊れる
・ FX業者のシステムが壊れる



【社会的なリスク】

・ FX業者がつぶれる
・ 世界情勢が急変する
・ 土日停止



【心理的なリスク】

・ ムキになる
・ 疑心暗鬼になる
・ 操作方法を間違う




などなどです。たくさんあるので、最初のほうで
気にするものをあげています。


まず、
物理的なリスクから見てみましょう。

・ パソコンが壊れる

 ⇒ 対策はパソコンを増やせばいい、と言えば簡単
   ですが、携帯やスマートフォンでかまいません。
   それらで取引き可能なFX業者を選べばいいのです。
   
   多いほどリスクは減らせますがキリがありません。
   でも、1つしかないのと2つあるのではかなり違い
   ます。



・ ネット回線が壊れる

 ⇒ 対策は「パソコンが壊れる」と同じです。


・ FX業者のシステムが壊れる
 
 ⇒ 対策はFX口座を2つ以上持つことです。もちろん、
    別々のFX業者です。利用するFX業者を増やせば
    いいのです。


以上の物理的なリスクは数を増やせば、
リスクを減らせます。



次は、社会的なリスクです。


・ FX業者がつぶれる

 ⇒ 対策はFX業者自体が行っています。2010年2月から
    FX業者は、信託保全が義務化されています。


・ 世界情勢が急変する

 ⇒ 対策はあらかじめ、逆指値(ストップ)注文を
    入れておくことでリスクを減らせます。


・ 土日停止

 ⇒ 状況は「世界情勢が急変する」と似ています。

   土曜、日曜は取引きができないので、そのときに
   世界情勢が急変すると月曜日に「窓」ができます。
   
   逆指値を入れておくのも有効ですが、あまりにも
   「窓」が大きいときにはスイングで説明したとおり、
   対応できないときがあります。

   対策としては、金曜にポジションを減らすか、
   全て決済するかになります。


以上の社会的なリスクは逆指値やポジション調整で、
リスクを減らせます。


通常、物理的や社会的なリスクが主なものとして
あげられますが、このブログでは、あえて心理的
ものをあげたいと思います。


まず、どんなリスクか見てみましょう。


ムキになる
 
 ⇒ 2パターンあります。
   
   @ チャンスを逃して、ムキになりすぐに
     取り戻そうとする。
   
   A 損失を出して、ムキになりすぐに
     取り戻そうとしとする。


疑心暗鬼になる
 
 ⇒ 必要以上に、損失やロスカットを恐れポジションが
    作れなかったり、損切りばかりしてしまう。


操作方法を間違う
 
 ⇒ チャートの急変により焦って、誤ったポジションを
    作ったり、違うポジションを決済してしまう。


   
これらのことは、性格により大小の差はありますが、
誰でも起こりえるリスクなのです。


次回は、さらに詳しく追っていきたいと思います。







もし、この記事が気に入って頂けたら、ツイッターや はてなブックマーク等で シェアをお願いします。 新しい記事を書く はげみになります。





この記事のURL

http://fanblogs.jp/walruswkiba/index1_0.rdf



×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。