運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2020年03月31日

二頭筋と三頭筋をスーパーセット法で時間を短縮して鍛える

二頭筋のトレーニングバリエーションは二頭筋に集中したトレー
二ングだけに止まりません。


前回のブログ→カール種目〜プリチャ―カール/
二頭筋を反動を付けずに強化する



上腕二頭筋をトレーニングする様々なカール種目

散々 収縮と伸展を意識し、パンパンになるまで追い込んだのですから、
二頭筋を終えて今日は終わり。と、精神的な満足感も身体に実際に

与えた刺激も相当強い物でしょうから、そこで終わるのも 勿論正しい
判断なのですが、ここでウエイトトレーニングに おいて面白い方法の


1つである『スーパーセット法』を たまに取り入れてみるのも、また
新たな刺激になって 面白い反応が得られるので お勧めの方法です。


スーパーセット法で短時間で腕をパンパンに
パンプさせ太くする



トレーニングを行う上で 知識と実践を繰り返し、得た経験が停滞期の壁を
打破する最善の手段だと思いますが、二頭筋も力が上がり易い種目で

あるが故に、停滞の壁に思いの外、早くブツかる方も多いかと思います。


そうした時に 何か1種目だけ今までとは違う動作や、刺激の物をセットに
組み入れる。と、言うのを以前書きましたが、そう言った停滞を壊す、

あるいは壁に ぶつからず、擦り抜ける ひと工夫が出来る、と言うのが
長く成果を出し続けるのに必要な能力だと思います。


トレーニングにおける変化のつけ方


そして、今回は 幾つもの手法の内の1つで あるこちら。


スーパーセット法

スーパーセット法と言うのは、拮抗筋を同時に(1セットの内で)トレーニング
する事で、トレーニング効率を上げて、通常よりも 強いパンプ感を得る事が

出来る、と言う肉体的には非常に大変なのですが、その分 身体への反応も想定
以上に現れてくれる やりがいのある手法なのです。


拮抗筋と言うのは、今回カール種目を書いて来たので 分り易い例として二頭筋に
対する三頭筋ですね。


二頭筋の種目である カールの動作を行った時に、二頭筋は収縮している状態ですが、
その真裏に位置する上腕三頭筋は逆に伸展している状態です。


同じように、腕を伸ばして三頭筋を収縮させている時、二頭筋は伸展しています。


この様に、互いに拮抗する筋肉を、1セットの内に立て続けに刺激を与える事を
スーパーセット法と言います。


つまりカール種目を行い、休憩を挟まずに直ぐにトライセップス・エクステンション
だったり、ディップスだったりの三頭筋をダイレクトに刺激する種目を1セットの内に

畳み掛ける様に行うのがスーパーセット法なのです。


強度を調整しながらディップスで二の腕を鍛える


1つの種目に最大限集中力を高めて臨む、と言うのも勿論、精神的プレッシャーも
大きいですし 1セット1セット相当な覚悟も必要ですが、こう言った間髪入れずに

立て続けに2つの種目を行うトレーニングもツラいです。


ですが、トレーニングと言うのは己の内に潜むネガティブな精神との闘いでも
ある訳ですから、そのツラいトレーニングを1回1回乗り越える事で肉体も精神も

大きくなるのです。


肉体の大きさと言うのは、研究と実践と覚悟に よって得られた結果ですので、
腕・肩・背中・脚などの太さ・大きさは その人が費やしてきた日々の現れで、

太く大きいと素直に凄いなぁ。と思います。


『筋肥大には知識量も必要不可欠な要素である』と言う事を以前も書いた気が
しますが、自身の体調を考慮したり、ジムで使いたいマシン等が


空いてなかった場合、時間を無駄にする事無く、臨機応変に対応出来る様に
色々なトレーニング種目、手法を知っておく事が大切です。


トレーニングスケジュールの組み方なども 自身の成長を効率化させる為に、
何をするべきか考えて組むことも大切ですね。

GOLD'S GYM公式通販




ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング