運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2020年02月21日

片腕づつ行うインクラインサイドレイズで三角筋を丁寧に刺激する

昨日は『インクラインベンチ台を活用する事で三角筋後部を
的確に鍛える
』と言うタイトルで、三角筋後部を鍛える為に

リアレイズの動作を行う時に、肘から持ち上げて行き、そして
収縮感を最大限に強く感じたポイントでググッ!と引き寄せて


三角筋後部から僧帽筋に掛けて絞り込むことで1セット終える度に
強いパンプ感・血流の高まりを感じる事が出来る。と言う事に

ついて綴りました。


前回のブログ→インクラインベンチ台を活用する事で
三角筋後部を的確に鍛える



インクラインベンチ台を使用するからこその特殊な角度での反復
動作や上体を全くブラさずに的確に筋肉を刺激できる。と言うのは

何もリアレイズだけに限りません。


バーベル、ダンベルなどのショルダープレスは勿論、サイドレイズや
フロントレイズにも活用出来ます。


【インクラインベンチ台を活用して三角筋を
的確に鍛えるなら こちら↓↓】




インクラインベンチ台を活用し、筋肉を鍛える

インクラインベンチ台を活用して三角筋前部・中部を鍛える→→



しかもリアレイズとは異なり、背もたれ部分に身体の前面を預ける
パターンでも、背もたれに背中を預ける姿勢でも どちらでも工夫次第で

ピンポイントで三角筋前部や三角筋中部に対して的確に刺激を与える事が
出来るので、トレーニングの幅がグン!と広がりますね。



インクラインベンチ台の背もたれに背中を預けてサイドレイズを行う時は
あんまり背もたれの角度を低くし過ぎずに、ある程度 立てた状態で

行う方が三角筋に対して負荷を乗せやすいと思います。


続・インクラインベンチ台を利用して刺激を高める肩トレーニング・続


それに対して背もたれに身体の前面を預ける場合は結構 背もたれの角度を
倒し気味にしても三角筋前部から中部に対して負荷を乗せる事が出来るので、

その時々の気分や目的に よって変化を付けてみると良いと思います。


そしてサイドレイズの場合は、何と言ってもインクインベンチ台を
使う事で片腕づつに絞って的確に負荷を乗せる運動が行えるので、


両腕でのサイドレイズに飽きたり、行き詰った時には片腕づつの
インクラインサイドレイズを取り入れてみると気分転換にも なりますし、

他の箇所に逃げずに、ガッツリと負荷を掛け続ける事が出来るので
お勧めの種目です。


やり方は非常に簡単で大体 背もたれ部分の角度を50度くらいに設定して
座面も高く設定して、その上に身体を横向きにしたまま寝そべり、


身体の正面から側面の軌道を描いて動作を反復するのですが、右手で
動作する時は左足が下側に位置して居るので、身体の正面に下す時は

左太ももがボトムポジションと なる様に下ろして、そして そこから
負荷を逃がすこと無く、丁度 耳と目の高さ位まで挙げて行き、

出来れば そこで1秒か2秒程度 静止して三角筋を絞り込みます。


この位の軌道を意識して軽い重量で丁寧に行うと、『三角筋の形通りに
負荷を掛けられているな。』と言うのが何となく分かるので、

トレーニング意欲も集中力も 行いながらグングン高まって来ます。


インクラインサイドレイズで的確に狙った通りに
効果を出す



基本的に この種目を行うのはショルダープレスや、もしくは別のサイド
レイズ種目を行った後に 更にダメ押しの負荷を掛ける為とかで行う事が

多いので、基本的に筋肉に効かせるに行うトレーニングとは言え、
重い重量を使う必要は ありませんし、無理して重いのを扱って


動作の正確性を損ねてしまうのは むしろ勿体無いので、『こんなので
大丈夫なのか?』と言う位の軽いダンベルを握り、丁寧に筋肉に負荷を

乗せ続ける事を目的に行いましょう。


【固定式軽量ダンベルだからこそ三角筋に対して
丁寧な動作で的確に刺激を掛け続ける事が出来る↓↓】




固定式軽量ダンベルで身体を鍛える

固定式軽量ダンベルで三角筋に対して的確に負荷を掛ける→→

ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング