運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年12月12日

筋肉に強い刺激を与えるには補助役が必要/居ない場合には

昨日は【ネガティブ動作を意識してトレーニングを
行う事で強い負荷を筋肉に与える
】と言うタイトルで


短い時間や、自宅トレー二ングに おける限られた設備の
中で充分な刺激を筋肉に与えるならば ネガティブ動作を

強く意識する事が大事、と言う事を綴りました。

昨日のブログ→ネガティブ動作を意識して
トレーニングを行う事で強い負荷を筋肉に与える

勿論、ネガティブ動作を行う時には『かなりの確率で
潰れてしまう』可能性が非常に高いので、


必ずセーフティバーやラックの設置が必要に なります。


私はジムで行う時も自宅で行う時も ほとんど1人で行って
居るので、バーベルを使用したベンチプレスやスクワットの

本番セット以外はスタッフさんや常連の顔見知りの人に補助を
お願いしないので『確実』と断定する事は出来ませんが、


バーベルを使用して、自分にとっての高重量でトレーニングを
行い、強い刺激を筋肉に与えて筋力を伸ばそうとする時には

やはり、補助してくれる人の存在と言うのが とても重要に
なります。

補助してくれる人が居る場合にはネガティブ
重視でガッツリ胸に効かせる


筋力を伸ばすには自身の筋力の限界まで振り絞って筋繊維を
傷付けて 後は上手く栄養を摂取しつつ、身体を休めると言う

流れが大切に なりますが、その内の一つの要素である、筋肉に
刺激を与える時に効率良く行うには、補助してくれる人が

居る時には助けてもらうと言う事ですね。


しかし、ジムでは そうして、補助してくれる人が居ますが、
自宅トレーニングに おいては人に補助を お願いする事が

出来ません。

補助してくれる人が居る場合にも居ない場合にも
レストポーズ法で限界突破する


そうした時に、同じくらいの負荷を筋肉に掛ける為には
ただ重い重量でガムシャラに やれば良い。と言う物では

ありません。



まず、先程も書いた様にセーフティバーかラックで安全面を
しっかり確保し、その後に一人で行う上で力を最後まで

振り絞って強い刺激を筋肉に与える為にテクニックが必要に
なります。


トレーニングテクニックは感覚さえ掴めば難しい物では
ありません。

何しろ、一番重要な安全面が確保されてる訳ですから、後は
筋肉の動きだけを意識しながら動作を行えば良いのです。

ドロップセット法で筋力の限界に挑戦する

筋肉に強い刺激を与える為のトレーニングテクニックはドロップ
セット法やスーパーセット法、パーシャルレップ法など

様々な方法が ありますが、こうしたテクニックを駆使して
目的の筋肉部位に対して強い負荷を与えれば、補助の人が

居ない自宅トレーニングでも充分な程 強い刺激を筋肉に
与える事が出来ます。


いずれのテクニックの場合も、力を最後まで振り絞る物なので、
セーフティバーやパワーラック、もしくはスミスマシンが無いと


安全性を欠いてしまうので、用意した上で筋肉に強い刺激を
与えましょう。


スミスマシンで安全に身体を鍛える

スミスマシンを活用して自宅で安全に身体を鍛える→
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング