運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年11月29日

トレーニングを継続する為には満足感を得る事も大事

昨日は『長い時間行うトレーニングは苦痛/短時間で運動を
済ませるには?
』と言うタイトルでトレーニングを

行う時には多くの回数を こなそうと するよりも、長い時間
掛けて行おうとするよりも、トレーニング前から

集中力を高めて 出来るだけコンパクトに短い時間で終える様に
意識して行う事で毎回のトレーニングを30分前後で終えられますし、


短い時間で集中して行う事で、次回トレーニングを行う時に
変に 心理的負担に ならずにトレーニング意欲を高める事が

出来るので、出来るだけ毎回のトレーニングを短く済ませるのが
お勧めの方法です。と言う事に ついて綴りました。

昨日のブログ→長い時間行うトレーニングは苦痛/
短時間で運動を済ませるには?


如何に長い期間に渡りトレーニングを継続させ続けるか?と
言う事を考えながら運動を行う事が大切ですが、

その為には『無理をしない事』と『怪我をしない事』の2つが
特に大切に なりますね。



無理をしない為には、ここ数回書いて来たように高重量すぎて
思いっきり無理をしなければならない様な重たい重量で

3回〜5回、または5回~8回などをギリギリ挙げられる様な
重量設定には せずに、8回~12回、もしくは12回~16回位を


行うように した方がキチンとコントロールして筋肉に負荷を
乗せられますし、短時間で成果を感じやすいと思います。

筋力トレーニングの回数と収縮・伸展について

数回しか上げられない様な高重量で行うと、セット間の休憩
時間も ちょっと長めに取らなければ次のセットに

取り掛かれませんし、当然 高重量でキチンとコントロール
しきれなければ怪我をしてしまう確率が上がってしまいます。

トレーニングを行う上での基礎知識

もちろん、私は まるっきり高重量で行う事を否定している訳で
無く、筋力を高める為には腕なら腕、胸なら胸などの部位を

トレーニングする時に 最も力を発揮出来る種目(例えば胸なら
ベンチプレスなど)を3セットやる内の1セットだけ

その日のトレーニングを行う上での最大の筋力を発揮する。
と言う やり方ならば、そんなに無理なくトレーニングを

続け易いと思います。


その1セット以外は丁寧にコントロール出来る重量で行うのが
良いですが、その日 最大の筋力を発揮する1セットは

勿論、トレーニングの最初の方に行い、

(正確にはウォーミングアップとして軽い重量で1セットか2セット
筋肉を動かして血流を高めた後)


3回~5回でも、5回~8回でも1セットだけ そういうやり方を
取り入れると、強い刺激を筋肉に与えた事による満足感が

得られますし、キチンと血流を高めた後の1セットだけなので、
怪我の危険性も かなり抑えられます。


そして最初に重い重量で行う事で、以降の種目も より丁寧に
行おうと言う意識が 働き易くなります。


勿論、思い重量で行おうとする時には、周りに人が居れば
補助を お願いする事で安全性を高められますが、


自宅トレーニングで誰も人が居ない時はセーフティバーや
ラックを用意するか、スミスマシンを活用しなければ

危険が付きまといます。

パワーラックを設置して、自宅で安全に運動を行う

なので、自宅トレーニングの場合は設備が充分で無い場合、
無理に重い重量を取り入れる必要は ありませんし、


これまでにも書いて来た様に、重い重量で行わずとも筋肉に
充分な刺激を与える事は可能なので、


8回~12回、もしくは12回~16回を行って居る1セットの最後に
ドロップセット法を追加する等して短い時間内で満足な

トレーニングを行ってみて下さいね。

ドロップセット法は限界を超えたその先の心と身体の
強化を生み出す



GOLD'S GYM公式通販




ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング