運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年07月05日

自宅で安全に上半身を鍛えるマシン

前回は、続//自宅で安全に筋肉を強化するには//続
〜安全に大腿四頭筋を鍛える〜
、と言う内容で、



ホームジムマシンを活用して上半身のみならず、
太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋や、


太ももの裏側の筋肉であるハムストリングスも
ホームジムマシンが有れば鍛えられる、





と言う事について、綴りました。




今回は、ホームジムマシンで主に重視して、何処を
重点的に鍛えるのが良いのか?と言う事に ついて、


書いて行きたいと思います。





ホームジムマシンで上半身を鍛える

マシンの特徴として、マシンの構造上、それぞれの
部位に対する動作の軌道が定まっている為、




特にトレーニング種目に ついて詳しくなくても、
マシンの構造に沿って動作すれば、今日トレーニングを



始めたばかりの人でも、その部位ごとの筋肉に対して
的確に刺激を与える事が出来ます。




そしてマシンで軌道が定まって居るが故に、動作中筋力の
限界に達しても、フリーウエイトとは異なり、




潰れる心配が無いので、筋力の限界に達しても、安全だから
安心してネガティブ重視で、




ゆっくりと筋肉に強い刺激を与える事が出来ます。




ネガティブレップで筋肉に対して強い負荷を与える事は
勿論、ドロップセット法でガンガン追い込む事も可能です。




プレートを減らしたり、追加したりするフリーウエイトよりも
ピンの差し込み位置を スッと入れ替えるだけなので、




1秒2秒でドロップセット法をガンガン持続させて行く事が
出来ます。




こうした、マシンの長所を活かすには、背中の
トレーニングなどのプル系種目は勿論ですが、




プレス種目にマシンを活かしたいですね。



フリーウエイトでのプレス種目の場合は、いつでも
潰れる危険性という物が付いて回ります。



ショルダープレスにしても、少しバランスを崩すと、
とても危険な状態に なってしまいますし、




ベンチプレスの場合には、筋力が限界に達して、
一旦潰れてしまうと、重量を逃がす事も




難しい状態になってしまうので、とても危険です。



この点を解消する為に、マシンを取り入れると怪我の
心配を回避する事が出来ます。




つまり、フリーウエイトのベンチプレスで筋肉を
追い込んでから、最後の最後に、




マシンでのチェストプレスでネガティブ重視で
大胸筋の限界まで負荷を与える様にすると、



安全で 且つ、非常に効果的だと言う事です。



上腕三頭筋もフリーウエイトのナロウグリップ・
ベンチプレスや、



ライイング・トライセプス・エクステンションなどを
行った後に、ケーブルトライセプス・プレスダウンなどを



行うと安全に、筋肉へ強い刺激を与える事が出来ます。


ホームジムマシンで上半身を安全に鍛える→

ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング