家にマシンしか無い場合、変化を付けて飽きずに継続する方法: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2020年01月13日

家にマシンしか無い場合、変化を付けて飽きずに継続する方法

昨日は『家でトレーニングを行う時に悩む事/どの器具を
メインにするか?
』と言うタイトルでバーベル、ダンベル、

マシンと それぞれの器具を自身の目的ごとに順次取り入れて
行くのが結局 変に迷わないで良い。と言う感じの事を

綴りました。

昨日のブログ→家でトレーニングを行う時に
悩む事/どの器具をメインにするか?


最初の摂り揃えるのはバーベル(もしくはダンベル)とベンチ台、
それに伴いセーフティバーかパワーラックを選択するのが

結局 長い目で見た場合、筋力が向上した後もプレートを買い足す
だけで筋力アップする分には事欠かないので、最も間違いが少ない

組み合わせかな。とは思いますが、しかし最初から100%に近い位
安全が確保された状態でトレーニング無理せずに行いたい。


と言う人の場合は、最初からマシンを取り入れてトレーニングを
行った方が 無理してフリーウエイト器具を取り揃えて行くよりも

よほど満足して毎回のトレーニングを終えられるでしょう。

ホームジムマシンの安全性と気軽さ


【ホームジムマシンで安全に身体を鍛えるなら こちら↓↓】



ホームジムマシンで安全に身体を鍛える

家で安全に身体を引き締めるホームジムマシンはこちら→→


結局の所、どんなに筋力アップに適して居る。とか、こうすれば
安全に筋力トレーニングが行える。と言う情報が あっても、

自身の目的に沿わない器具の場合、満足感を得られないのでは
無いかな?と思います。



以前も書きましたが、トレーニングを継続して行く為には自分の
中で如何にモチベーションを保つか?が重要に なります。


勿論、常に一定のモチベーションを保ち続けるのは難しいので
何か意欲を燃え上がらせる きっかけ等が必要に なります。


一番そのキッカケと なり易いのは、毎回のトレーニングに おける
満足感や身体への反応ですね。


そして、その身体への反応を継続的に感じ続ける為にはトレーニング
内容に ほんの少しづつ変化を加えて行く。と言う事ですね。

トレーニングを継続する為には満足感を
得る事も大事


これが毎回達成出来るのならば、コンデイションがイマイチだったり
怠さが強く現れて居て モチベーションが多少下がってしまおうと、

『前回あれだけやったのだから!』と意欲を燃やし易くなります。


変化を加えようとするには、やはり特定に器具だけで無く、沢山の
器具が あった方が 容易に変化を加える事が出来ますが、


マシンしか自宅に無い状況でも1レップ毎のスピードを早めたり
遅めたり、あるいは完全にネガティブ重視に絞って運動を行う等、

変化の付けようは あります。

ネガティブ動作を意識してトレーニングを
行う事で強い負荷を筋肉に与える



トレーニングのスピードや持ち上げる時(引き下げる時)戻す時、
どのポイントで最も力を発揮するか?と言う点を工夫するのが

簡単に変化を加えられるポイントですが、それ以外にも単純に
重量を軽くしてレップス数を敢えて増やして行う、


と言う やり方や、その反対に黙して少ないレップス数で行う、と
言うやり方も簡単に変化を付けられるので、


例えマシンしか持っていない場合でも筋肉に対して、継続的に
新鮮な刺激を与えて行く事は可能です。


トレーニングのバリエーションで言えば、ダンベルを何種類か
取り揃えるのが1番幅広く行えるとは思いますが、


最初に入手する器具に関わらず、工夫次第では幅広いトレー
ニングが行えますので、上手い事モチべーションを維持したり、


意欲が消えた時も再度燃え上がらせてトレーニングを継続して
行きましょうね。


【自宅で身体を引き締めるなら こちらのケーブルマシン↓↓】



ケーブルマシンで身体を引き締める

自宅で強い収縮を感じて身体を引き締めるケーブルマシンは こちら→→
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9555234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング