トレーニング後にはストレッチ等をして筋肉を解す事が大事: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

広告

posted by fanblog

2019年12月29日

トレーニング後にはストレッチ等をして筋肉を解す事が大事

昨日は『痛みやすい肩関節を守る為には事前のウォーミング
アップが大切
』と言うタイトルで、トレーニングの

本番セットに臨む前にはストレッチや、その日のトレーニングで
使う部位の筋肉を刺激する動作を 軽い重量で軽く反復して

血流を高めつつ、筋肉を温めておく事が大切だ。と言う事に
ついて綴りました。

昨日のブログ→痛みやすい肩関節を守る為には
事前のウォーミングアップが大切


筋肉を温める為の反復運動の強度を高めたら、そのままプレイグ
ゾースト法(事前疲労法)と なってしまうので、

プレイグゾースト法を行う時と普通のウォーミングアップとの
境を自身の中でハッキリと区別して居た方が良いですね。

通常のトレー二ングにプレイグゾースト法
(事前疲労法)を取り込む


筋肉を温めるだけならば、その筋肉部位ごとの可動範囲を
いっぱい使い、軽い重量で ゆっくりと反復動作を

繰り返すだけで充分ですから、ここでプレイグゾースト法の
様に、その反復運動自体で筋肉に大きな刺激を与える必要は

ありません。


上腕二頭筋ならば、軽く肘を曲げた位置から腕を巻き上げ切った
位置までを1s~2s程度の軽いダンベルを握りながら10回を

2セット程度反復すると 筋肉が温まりますので、そこから
直ぐに本番セットに臨めます。


勿論、その他の筋肉部位も同じように、軽い負荷で可動範囲を
広めに反復動作を行う事で血流が高まり、筋肉が温まるので


筋肉が温まったら、関節などの怪我の危険性も ある程度は
抑えられるので、キチンと満足の行くトレ−ニングを行う為にも


ストレッチとウォーミングアップは重視して行った方が良いと
思います。



ストレッチに関しては、運動前にガッチガチに行うよりも筋肉が
温まっている状態で行う方が腱に無理な負担を掛けずに済む、

と言う事も聞くので、運動前は軽いストレッチを行い、運動後には
時間を掛けて しっかりと疲弊した筋肉を解す様にするのが

良いと思います。

日常で筋肉を動かして活性化させつつ、
ストレッチやマッサージで疲労を取り除く


運動後に筋肉を解す、と言うのは非常に大切で 運動後に筋肉が
疲弊したままにしておくと、運動を行った事に よって

精神的にはスッキリしますが、身体自体には疲弊感が残り、それが
蓄積してしまうので、日常生活の中でも何だか重苦しさを

感じてしまう事が あります。


なので、トレーニング後には必ずストレッチをして筋肉を解して
和らかい状態に保っておく事が大切に なります。

ストレッチとマッサージを行い、筋肉の
強張りを解す


特に、腰周り(脊柱起立筋)はトレーニングの張ってる感じが
気持ち良かったりしますが、その状態が持続したまま

帰宅し、何もケアをしないでいると、日常の中でも何かと負担が
掛かり易い部位ですから、いつの間にか予期せぬ

腰痛を抱える事に・・・・、なんて言う事に なりかねません。


なので、腰に限らず 必ずトレーニング後のケアとしてストレッチを
行いましょう。

疲弊を軽減する為に、ストレッチやマッサージで
筋肉を解す事が大切




ストレッチを行いやすくするバンド

ストレッチバンドで気軽にストレッチを行う→
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9522720
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。