パワーラックを活用して安全に筋肉に強い刺激を与える: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年11月05日

パワーラックを活用して安全に筋肉に強い刺激を与える

前回は『パワーラックを使用してトレーニング時の
安全性を高める
』と言う内容に ついて綴りましたが、

ラックは基本的に室内のスペースを 上手く確保し無いと
設置する事が難しいですが、どうにか設置が完了した後は


ある程度の安全が確保されながら運動は行えます。


『ある程度』と言うのは、前回、前々回に触れたように
筋力が限界に達し、ガクン!と力が抜けて 潰れた拍子に


斜めにバーベルが落ちて来てしまう恐れも あるので、
絶対に安全とは言い切れない為です。

前回のブログ→パワーラックを使用して
トレーニング時の安全性を高める


それでも、自宅で運動を行う上でパワーラックに勝る
安全性がある程度 約束されたフリーウエイトトレーニングを

行う上での補助器具は中々無いと思います。


他に安全に行うとしたらスミスマシンを取り入れる方法も
ありますが、スミスマシンの場合はバーベルシャフト

(の形状のバー)とバーベルプレートを使いますが、
枠内で滑車に繋がれているので、


一応 今回のフリーウエイトとは切り離して書いて
行きます。(^_^;)


前回書いた様に、スクワットやベンチプレスを行う際にも
非常に有効な補助としての役割を果たしてくれますし、

またショルダープレスを行う際にも 万が一潰れた時に
肩の高さにセーフティバーを設置して置けば怪我を

避けられる可能性が高くなります。


パワーラックで安全にトレーニングを行う

また、パワーラックはバーベルから身を守る機能だけで
無く、頭上に設置されているグリップを握る事で

チンアップ(懸垂)を行う事も出来ます。

チンアップ(懸垂)で広背筋と周囲の筋肉を絞り込む

物によってはパーツを追加する事で上腕三頭筋や
大胸筋下部をメインに鍛える事が出来る種目である

ディップスを行う事も可能です。


フリーウエイトのみで鍛えようと思った時に、ラックを
家に設置すると安全性が高まると共に、トレーニングの

幅も増えるので、非常に便利です。

ディップススタンドがある事で広がる可能性

こうしたサイドメニュー的な要素が加わる事で、メイン
ディッシュのベントオーバーローイングを行った後に


間髪入れずにチンアップ(懸垂)で 更に追い込む事も
出来ますし、あるいはベンチプレスを行った直後に

ベンチから起き上がり、直ぐにディップスバーに移動し、
ディップスを行う事で 上腕三頭筋と大胸筋にガンガン強い

刺激を与える事も可能に なります。



チンアップやディップスは加重しようとすると、ベルトを
装着しなければならないので、時間が多少掛かってしまい、

無駄なロスになってしまうので、メインで強い負荷を筋肉に
与えた直後は加重し無くとも 筋肉が疲弊して居るので、

自重で そのままバーに ぶら下がり チンアップを行ったり、
グリップを握りディップスを行っても物凄く強い刺激を


筋肉に持続的に与える事が出来るので、こうした やり方も
お勧めです。

パワーラックを有効に活用して強い刺激を筋肉に与える→

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9384195
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング