ウエイトトレーニングを継続する為に健康的にダイエットを行う: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年06月20日

ウエイトトレーニングを継続する為に健康的にダイエットを行う

前回は、力が入りづらいコンディション時でも
効果的に運動を行う/パーシャルレップ法
と言う内容で、



身体を絞っているダイエット期間中でも どうにか筋肉に
強い刺激を与えたい!と言う事を考えている場合に



適した方法として、パーシャルレップ法について
綴りましたが、




今回は 食事内容を見直す事で、健康的にダイエットを
行っていく、と言う事について、書いて行きたいと思います。




一汁三菜(主食・汁物・主菜・副菜・副々菜)を食事の基本とし、
この中で、炭水化物、脂質の多い たんぱく質食材を徐々に減らしたり、




塩分の濃い食べ物が あったら、控えめにするか、薄味にして
過度な塩分の摂取を制限するなどの工夫が、まずは大切です。





脂質の多い たんぱく質は、脂質の少ない皮を取り除いた
鳥の胸肉や、ささ身などに切り替え、




摂取する事で 余計な脂肪分の摂取を控える事が出来るので、
出来るだけ意識して 食事を決めたいものです。





お肉は、脂質などを気にせずに摂取していると、お肉の加工の
され方や、調理法次第では、





たんぱく質含有量を 遥かに上回る 脂質の多い お肉も大量に
食べてしまいかね無いので、



出来れば、お肉を購入する際に たんぱく質と脂質は
気にして、ご飯の内容を考えてみて下さい。



脂肪の燃焼を助けるサプリメント



脂身がガッツリ付いている お肉や鶏肉の皮などは、
出来れば 調理の段階で取り除きたいものです。





食事は お腹を満たす為だけの物で無く、出来れば
美味しさも 感じたいですし、




身体を作り上げる為に大切な要素でもあります。




なので、総摂取カロリー数を抑える為だけに、
こんにゃくや、しらたき等の様に、





極端にエネルギーが低い食品で お腹を満たす事を
継続的に していると、




栄養不足に陥り、体調不良や 抜け毛などで身体に
反映されてしまうとの事なので、




先ほど書いた様に、一汁三菜の食事バランスを
基本としましょう。





張り詰め過ぎると、ウエイトトレーニングジョギング
ウォーキングなども 行い続ける気力が無くなってしまうので、





1週間に1回などの頻度で 時には、食べたいものを食べて、
出来るだけ 楽に身体を絞りましょう。




と、言うのも、あまりにも急激に体重を落とし過ぎると、
善玉コレストロールが減少してしまう、と言う事が


起きてしまいます。





善玉コレストロールは、血液中のコレストロールや肝臓で
合成されて、身体の末梢組織の血管壁に こびり付いている



低比重リポたんぱくを回収する働きがあります。





体内のHDL(高比重リポたんぱく・善玉コレストロール)が
少ないと、血液中や血管の壁に こびり付いたコレストロールが




充分に回収されなくなるので、早いペースで体重を
落とすのを避けて、



ゆっくりと計画的に 身体を絞って行きましょう。


脂肪の燃焼を促すサプリメント
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8904838
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング