手首の向きを変えて変化を付ける/リバースグリップ・ラットプルダウン: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年05月23日

手首の向きを変えて変化を付ける/リバースグリップ・ラットプルダウン

前回はダンベルプルオーバーとラットプルダウンの
組み合わせ
により、プレイグゾースト法の効果を引き出す、

と言う やり方について 綴りましたが、今回は手首の向きを
通常のやり方の反対側に向けた状態で行う

リバースグリップ・ラットプルダウンについて
書いて行きたいと思います。




手首を反対側に向けて 逆手で行う為、筋肉の
絞り込み時に また異なる刺激を与える事が出来ます。
リバースグリップ・ラットプルダウンで背中を鍛える


但し、手首を反対側に向けて 逆手でケーブルを
引き寄せる為、上腕二頭筋に負荷が

大きく掛かってしまうので、その点は注意が必要です。


リバースグリップで行う場合も これまでに書いて来た
やり方と意識するポイントは同じで、

腕が伸びきる手前で 伸展を止めて 再び筋肉が
収縮するポイントまで引いて来て、そこでググっと

筋肉を絞り込む、と言う流れです。
リバースグリップ・ラットプルダウンで背中の中央まで絞り込む


先程も書いた様に、上腕二頭筋に対しても大きく負荷が
掛かってしまうので、あくまで背中のトレーニングだという
意識・イメージが重要です。



逆手で動作を行う特性上、脇を絞りやすくなるので、
背中の筋肉の中央付近をガッツリと絞り込むことが
出来ます。


引き寄せる時に二頭筋への負荷ばかり掛かってしまう、
と言う場合には ケーブルを引き寄せてくるタイミングで

下ろして来たバーにグッと、更に胸を張って 胸を合わせに
行くと良いです。

すると必然的に背中の反りも 強くなるので、筋肉への
刺激も強く与えられる、と言う訳です。


動作の感覚さえ掴めば、先程も書いた様に 背中の中央まで
強い収縮感を与える事が出来るので、時々は取り入れてみるのも
面白い種目です。



リバースグリップ・ベンチプレスの場合でも同様に 通常の やり方とは
異なる絞り込みを行える為、 その分 筋肉に強い負荷を掛ける事が
可能になります。



ウエイトトレーニングは この様に、手首の向きを変えただけで
それまでとは違う収縮感を得られるのが 面白いポイントです。


更に変化を付ける為の工夫は 手首の向きだけでは無く、
手の幅や身体の角度を変えたりなど、様々な やり方があります。

この少しづつの変化を付けて行う、と言うのが筋肉には
とても大事で、3週間に1度くらいの頻度でトレーニングに



変化を付ける事がマンネリ化防止のために大切です。

変化を付ける、と言うのは筋肉の持続的な成長に不可欠です。


マンネリ化が生じてしまうと、筋肉の成長や筋力の向上の
妨げになりますし、何よりもマンネリ化を感じて居る期間が

長ければ長い程、トレーニング意欲が削がれて行ってしまうので、
定期的な変化を付ける、と言うのは継続的な筋肉の発達の為に
守って行きたい意識です。


TUFFSTUFFマシン公式通販サイト
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8829262
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング