ダンベルベンチプレスで大胸筋を強く絞り込んで鍛える: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

広告

posted by fanblog

2019年05月11日

ダンベルベンチプレスで大胸筋を強く絞り込んで鍛える

前回はバーベルベンチプレスとダンベルベンチとの違いに
ついて
、という内容でそれぞれのメリットと短所について

軽く触れたのですが、今回はダンベルベンチプレスを
行うという選択をした時に 迷い無くダンベルベンチプレスの

長所を捉えつつ、筋肉に刺激を送るには何を意識するべきか?
と言う点について書いて行きたいと思います。



普段胸のトレーニング日のメイン種目としてバーベルベンチプレスばかりを
行って居る場合、ある時 急にダンベルベンチプレスを行うと言う判断を
するのはとても勇気が要ります。

バーベルベンチプレスに慣れて居ると その他のあまり扱った事の無い
器具を扱うと言うのは1週間に1度の胸のトレーニング全体がグダグダに
なってしまう恐れがある為です。

慣れて居ない器具を扱う時と言うのは バランス感覚も違えば、動作の軌道も
探り探り行わなければならず、そんな状態でのトレーニングになるので、

普段の様に重量を扱って筋肉に強い刺激を与える事が出来ないのが
目に見えているから、どうしても慣れない器具を扱う時には不安を
感じてしまうのです。

ですが、私が前回書いた様に、ダンベルでプレス種目を行う時の
メリットに目を向ければ それ程大きな不安を感じる必要は無い、と
気づく筈です。

ダンベルベンチプレスを行う事で、バーベルベンチプレスの時には
気付き難い左右の腕の筋力差が如実に現れるので、

その左右の筋力差を埋めるチャンスですし、左右の筋力差を
無くしたのなら(克服した後)普段行って居るバーベルベンチプレスの
筋力向上も期待できます。

それ以外にも、私が思うダンベルベンチプレスの最大の長所は
スタートポジションからトップポジションに持って行くまでの

軌道で大胸筋を絞り込みながら行えますし、更にトップポジションに
達した時に意識して静止させて 大胸筋をググッと強く絞り込む事で

バーベルベンチプレスでは中々得る事の出来ない強烈な大胸筋の
収縮感を感じる事が出来ます。

更に動作中に 一工夫加えようと思った時にダンベルを内側に軽く
旋回させたり、外側に軽く旋回させたりなどの動作も加える事が
出来るのもダンベルの利点だと思います。

なので、普段バーベルでプレス種目をメインにやっている人も
ダンベルの形状特有の動作の軌道で大胸筋を絞り込みながら
行える、

と言うのと、腕を上げ切ったトップポジションの位置で静止して
更に筋肉を絞り込むことが出来る、と言う点を強く意識して

行う事で、ひょっとしたら普段 行って居るバーベルベンチプレスよりも
強い刺激を大胸筋に与える事が出来るかも知れません。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8796417
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。