アームカール用のEZバーを使う事で僧帽筋の収縮は増す: 運動と健康食品との出逢いで健やかな毎日を

2019年01月05日

アームカール用のEZバーを使う事で僧帽筋の収縮は増す

これまでトレーニングを始めたばかりの人が
慣れて居ない動作を行う際に、



如何にして筋肉の動く感覚を掴むか?という事を
テーマに胸のトレーニング、そして肩の様々な


トレーニング種目に ついて綴って来ましたが、



前回から僧帽筋のトレーニングについて
書き始めましたが、前回はバーベルシャフトが




ストレートバーでの前提で書いたのですが、ストレート
バーだと、最初の頃の軽い重量で筋肉を活性化させている




段階の時は良いのですが、やがて動作に慣れて筋力も
強くなり、徐々に重い重量が扱えるようになって来た時に





手首に負担が掛かる様になってしまいます。



アップライト・ローイングの動作上、顎下の位置まで
重量を引き上げるので、この時に手首に とっては




自然では無い角度に一瞬だけでも なってしまいます。




すると、トレーニングをする上で1番気を付けなくては
ならない関節部位の痛みへと繋がってしまうので、




筋肉がアップライトローイングの動作に慣れて、
重い重量が扱えるようになる段階で




使用するシャフト(バー)も変化を つけて
行った方が良いのです。




その手首に負担が掛からない様、変化を付けるための
シャフトと言うのが、二頭筋を鍛えるアームカール用の




持ち手部分に角度が ついたEZバーシャフトです。




通常の真っ直ぐに伸びているストレートバーと異なり、
持ち手部分が緩やかなW型に なっています。




このW型の突起部分を握り、アップライト・
ローイング動作
を行う事で、手首への無理な


負担を避ける事が出来るのです。
W型のEZバーシャフトで僧帽筋を鍛える

ストレートバーに対して、凸凹部分の分だけ 手首の
角度に余裕が出来るので、動作もスムーズに行える、



と言うメリットが あります。




前回書いた様に、ガッチリと握り込むのでは
無くて、親指を外したサムレスグリップで握り、





更にアームカールバーを使用してアップライト
ローイング
の反復運動を行う事で、




僧帽筋に強い収縮・伸展による刺激を与える事が出来ます。



動作時に気を付けるポイントは、前回も書いた様に
親指を横に開いて親指同士が触れる位置で握り


(EZバーの場合は突起部分が自然なグリップに なります)



そして下から顎下の位置まで引き上げるのですが、
ただ引き上げるのではなく、肘から引き上げる、




と言うのを意識しながら行うと、自然な動作で行う事が
出来ると思います。



これまでにも書いて来た様に、筋肉の動きを具体的に
イメージする事がウエイトトレーニング動作に おいて



大切なので、肘から引き上げて行き、僧帽筋が収縮・
伸展する感覚をまずは得て、




イメージ力も強固に して行きましょうね。
手首の負担を軽減するEZバーシャフトはこちらから



EZバーシャフトで僧帽筋を鍛える
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8445585
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
RSS取得
検索
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング