広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

日経平均株価が25日移動平均線を上回ってきましたが、油断は禁物

ここ数日の上げで日経平均株価が25日移動平均線を上回ってきました。

25日移動平均線に頭を抑えられると思っていましたが、見事に外れました。

ただ油断は禁物・・・

この形のチャートからでも株価が崩れるのを過去何度も見ましたので・・・

今後は25日移動平均以上の株価で安定して取引されるかどうか注目していこ

うと思っています。



ところで最近周りの株式投資に興味なかった人からNISA(ニーサ)をやろうと

思っているけど、どう思う?なんていう質問をよく受けるようになりました。

正直私個人、まだNISA(ニーサ)の口座開いていないんです(汗)

理由は100万円という上限・・・少なすぎます。

上限を引き上げようという動きもあるようですが、まだまだ先のようです。

不景気になってから、NISAの口座開設しても十分間に合いそうです。

NISA(ニーサ)で買う株は、不景気になって安くなった株を買うしかない

と思ってますので。

配当非課税目的で買うとおそらくひどい目にあうと思います。

もらった配当以上に株価が下落して、涙目になる可能性が高いです。

株価が激安且つ配当もいい株でないとNISAのメリットを最大限生かせません





週末なので日経平均のチャートをチェックしてみました


日経平均株価のチャート(日足・週足)をチェックしてみました。

月足チャートはまだ完成していないのでチェックしていません。

金曜日の日経平均の上げで25日移動平均である14899円に迫りました。

ここを越えて25日移動平均以上の株価で安定して取引されるかどうかを今後

注目することになりますが、25日移動平均線に頭を抑えられる可能性が一番

高いと個人的には思っています。

ただ25日移動平均線を突き抜ける可能性もあるとは思います。

ただすぐに今年の高値を取ってくるのは厳しいかな〜・・・

さて日経平均株価の下値のメドは14000円・・・ここを下回れば要注意。

先週・今週の週末は天気が大荒れ・・・


先週・今週の週末は雪が降ったり風が強く大荒れの天気でした。

一見株式投資には関係なさそうですが、小売・外食産業には大きな影響がでます。

例えば、アダストリアHD(旧ポイント)ですが、下方修正したときに急落してから

買うタイミングを考えていましたが、今回の天気の大荒れで買うのは先の延ばし

になりそうです。

天気程度でと思うかもしれませんが、天気が悪いとこうゆう業種は売上げが落ち

るんです。

2月の月次売上げはどの小売・外食産業もあまりよくないと思います。

3月になれば、ぞくぞくと2月月次売上げを各企業から発表されますので要注目です。

我が家も今週末、あまりの寒さに外出を控えていますし、4月には恐怖の消費税増税

がやってきます。

小売・外食産業の株を買うのはこれらの影響を見極めてからでも十分間に合いそうです。



今回の2日間の下げでは大幅なリバウンドは期待薄・・・


昨日・今日と2日間日経平均株価は下げましたが、この下げでの大きなリバウンド

はあまり期待できないと思います。

今回のリバンドで売れず逃げ遅れた短期投資家も多いと思いますし、値段は

いくらでも売るというパニック的な売りはこの2日間は見られませんでした。

私は、距離を取りながら、終始短期投資に2日間集中し、持ち越ししないことを

最優先で取引しました。

週末の持ち越し株は低位株のわずか一万株、含み益を維持しての持越しです。

同時に、長期投資銘柄をピックアップして監視もしていますが、まだ買うまでの

値段には達していません。




ところで私は以前からキャノン(7751)が投資先として大好きでしたが、

キャノンは今後長期投資先から外すことにしました。

精密機器は日本企業にアドバンテッジがある数少ない業種と見ていましたが、

スマートフォンの台頭で、一眼レフカメラも売上げが落ち、価格競争にも巻き込ま

れそうな雰囲気があります。

以前はスマートフォンと一眼レフカメラはきちんと棲み分けができていて競合する

ことはないと考えていましたが、スマートフォンの高機能化で一眼レフカメラでな

くても、写真はきれいに撮れるし、ネットにUPするならそれほど高画素も必要あり

ません。

キャノンはいまでも好きですが、残念ながら長期投資銘柄から外すことにしました。

キャノンは今後緩やかに衰退すると考えるようになったのが一因です。

まあ、まだ小型株であれば、長期投資に値する会社はまだまだありますので、そち

らを監視して、値段が基準に達すれば、組み込んでいきたいと思います。

残りの短期買いポジションを解消しました。


先日の暴落時に買って、月曜日までに8割を売却していましたが、残り2割も今日売却。

リバウンドはここまでかな〜という個人的な感覚で売りましたが、実際は

どうなるかは分りません。

このまま今年の高値を取ってくることも考えられますが、一度はまた押す

と思っています。

外れることも多いので気にしないください(汗)

でも今回のような投げ売りは年1・2回くらいしかないので、次の下げは下げてもじりじり

下げるような気がします。

じりじりと下げる下げ方はあまり大きなリバンドが期待できない下げ方ですね・・・

あまり大きなチャンスはしばらくないと思っていますので、しばらくのんびりチャートと

睨めっこです・・・

短期投資の買いポジション縮小させる・・・


2日前に大量に買った低位株のポジションですが、昨日・今日でだいぶ落としました。

具体的には、1570 日経平均レバレッジ上場投信を昨日の寄り付きで売却

原興産(8894)も昨日の上昇局面で売却。

原興産(8894)は昨日の大引け後、幸運にもDES(デットエクイティースワップ)を発表し

一時ストップ高まで上昇しました。

これには本当に助けられました。

DES(デットエクイティースワップ)は債務の株式化とも言われ、経営不振企業がよくやり

ますが、私にとっては絶妙のタイミングでの発表でした。

一番苦労したのがオンキョー(6628)です。

昨日はあまり戻らずさてどうしたものかと思っていたら、今日109円の9円高(7.92%)の

上昇となりました。利が乗ってきたので一部残して売却。

数十万株単位でのポジションでしたので、利益も大きなものとなりました。

さて、今後さらにリバウンドが続くことも考えられるので、買いポジションを2割くらい残して

持続です。

今後の戻りは上値を買うことはせず、いまある買いポジションで対応していきます。

すこし不満なのは1570 日経平均レバレッジ上場投信です。

この投資信託は現金を保証金に現金の2倍日経平均先物を買うという上場投信なんです

が、暴落のときは確かに日経平均株価の下落幅の2倍の下落率でしたが、翌日の戻りで

は日経平均も上昇率と殆どかわりませんでした。

理論上2倍あがるはずなのですが、この1570 日経平均レバレッジ上場投信はよく理論値

から外れます。

下がるときは日経平均の2倍、上がるときは1倍と少しではとても割がありません。

これ買うくらいなら自分で保証金積んで2倍の日経平均先物買ったほうがいいですね〜

そうすれば理論値どうりの動きが期待できますから・・・

よく勉強になりました。


もうすぐ確実にリバウンドに入ると思いますが・・・


今日の低位株の下げは、日経平均株価の下げより体感的には醜いと感じました。

寄り付き前の気配値を見て、低位株中心に徹底的に買い向かいました。

久しぶりにノーガードで買い方として打ちあったので、正直疲れました。

ポクシングに例えるなら、顔が腫れてボコボコ、目が良く見えないという感じですか(汗)

明日もし日経平均が300円から500円以上の下げなら猛烈に買い捲ります。

過去の経験からかなりの確率でリバウンドにはいると確信しています。

あくまでもリバウンドですよ〜

ご注意ください。

長期投資の方の買いはまだ早い気がしますが、自己判断で突入を・・・。

大きく稼ぐには、少数派の側にいるべき(いまは買い方)だと思います。

男なら矢折れ、尽きるまで奮戦すべきです(もちろん女性もね)

これで倒れるなら相場師として本望です。悔いはありません。


追 記



このブログをよく見てる方は、よく分かってみえると思いますが、致命傷

は避けてくださいね

全力2階建てなんてもってのほかです。

ノーガードで打ち合いながらも、致命傷を受けることを避けるよう常に意識してください。

勇敢であっても無謀であってはいけません。

アンケートのお願い 2014年3月末の日経平均株価の終値は?


さて、ここ最近不安定な動きをしている日経平均株価ですが

2014年3月末の日経平均株価の終値はどの水準でしょうか?

私個人は14000円〜15000円だと思っています。

正直自信ありませんが・・・(汗)

   
スポンサードリンク
プロフィール

株式トレーダーM
投資家Mの記録ノート
ランキング参加中

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ

SBI FXトレード
イオンカードセレクト
カテゴリアーカイブ
リンク集
免責事項
このブログは筆者の
個人的なバイアス
(偏り)がかかってお
り記事内容にも当然
バイアスがかかって
いるものとしてお読み
ください。
株式投資は自己責任
です。バイアスのかかっ
た記事による投資の
損害の責任は当ブログ
運営者は負いかねます
のでご了承下さい。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。