2019年07月31日

sim届きました。

モロッコ人彼女用に注文したsimが本日届きました。
非常に速いです。さすがmineoです。

月曜日に発注して、水曜日に到着なので、非常に速いと思います。
単にsimを出すだけだから問題ないのかもしれませんが・・・

基本料金などの料金加算については、初めて通信(パケット)が流れた時、もしくは、到着から10日後の早いほうからスタートするようです。
まだ必要ありませんので、すこしケチですが、モロッコ人彼女が到着する日から利用することにします。

使いもしないものに基本料金支払っても意味がないですから。

携帯電話番号は既に090,080,070,030と4種類まで発行されていて、かなりの番号が必要になってきているんですね。
今では、自動車などにも1つの電話番号が付与されている時代なので、たくさん電話番号があっても足りないのでしょう。
そのうち、010,020などの番号も限定的に開放されるかもしれませんね。
昔は090になったときに、昔の010とかが090-1xxxxなどとなったのが懐かしいです。

この辺の番号が枯渇したら、0AB-J番号みたいな番号展開になるかもしれませんね。
もしくは、電話番号が復活するタイミングが今まで以上に早くなるか。
既に0AB-J番号については、固定電話を利用している人が少なくなってきているので、だぶついていると思いますので、携帯端末用に開放してもよさそうな気がします。
タグ:SIM mineo
posted by moroccokekkon at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月29日

simを用意しました。

モロッコ人彼女が来日した時に利用するためのsimを用意しました。
用意するというか、発注しましたが正しいかもしれませんが。

私が利用しているのはmineoで、同一契約により契約することと増した。
mineoの場合には、同一契約ではなく、別契約にするという方法もあるんですが、別にそれにする必要もないかなという感じで。

同一契約のメリット。
・1回線ごとに50円の割引があります。
 2回線になるため、合計100円毎月割引されます。

別契約のメリット
・パケットギフトを利用することで、無限に余ったパケットを貯金できます。

私は月間3GBもあれば足りるので、パケットは余るくらいです。
2GBでもおつりがくる月が良くあります。
そのため、フリータンクに毎月のように入れています。
1GBではさすがに足りないので、1GBプランにはできないという感じですね。

そこで、とりあえず嫁を3GBプランにして、様子を見ることにします。
これでパケットが余るようなら、嫁を1GBプランにして、パケットシェアします。
これでパケットが十分足りるような状態になるからです。

大した金額差ではないので、3GBx2契約でもいいのかもしれませんが。
それか、0sim契約しているので、それを併用して最後の500MBはしのぐとかもありますね。

あまり面倒な運用をするのであれば、私のほうをパケット少なくして運用するというのもよいかと思います。
嫁にそこまで要求すると、いろいろと面倒だし、かわいそうなので。

また、端末については私が以前利用していたZenfone3を渡します。

まだまだ利用できますが、とりあえずの携帯電話として渡します。
その後、自分の好きなものが出てきたら、買い替えればいいので。
何もないというのはとても不便ですから、これでしのぎます。


パソコンについても昔利用していたパソコンを渡すこととし、Windows10にアップグレードしてありますので、それを渡します。
パソコンも来日する前に購入しようと話をしていましたが、来日してから決めたいという希望がありましたので、当面は古いやつ渡します。

ネットくらいならこれでも見られるので何とかなるでしょう。

といっても、今利用しているパソコンもすでに5年利用しているから、前のやつは7年以上前のパソコンだから、早く新しいのに交換しないといけませんね。
さすがにあれではねぇ・・・

Asus U31F

古い・・・
HDDは、ハイブリッドHDDに換装済み、メモリは6GBに+4GB追加してあります。
電源ケーブルが内部断線しているようなので、あとでそこだけ補修しておく予定です。

さてはて、やることが出てきましたね。
posted by moroccokekkon at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月24日

イスラム教のモスクを見てきました。

近くにあるモスクを見てきました。
特に予約はしていませんでしたが、イマームさんと、日本人ムスリムの方からいろいろとお話をしていただきました。

親切、丁寧にお話をしていただきましたので、いろいろとイスラム教について知ることができました。
この場を借りてお礼申し上げます。

なにげによかったのが、イマームさんのお子さん。高校生かと思われますが、この方とお話をさせていただいているときが特によかったです。
イマームさんは外国人ムスリムですが、奥さんは日本人で、ハーフです。
そのためか、日本人独特の感覚を理解していただけているようで、「ザ・イスラム教徒」という概念から出てくる話とはまた違った観点でお話をしていただきました。

そもそも無償教という名の日本教ともいうべき一般的な日本人の感覚と、特定の宗教に対して特に熱の入っている人との違いというのは大きく、どうも受け入れがたいというか、違和感を感じるところもあるからです。
ただ、彼は、その辺の感覚差が自然と身についているのだと思います。
日本生まれで、多数の日本人の友達を持ち、違いを無意識のうちに理解できるようになっているのでしょう。

別にイスラム教を布教しようという気は全くありませんが、日本人に誤解して理解されている点を払拭すべく説明会などをするのであれば、彼のような人が説明すると、より分かりやすく、受け入れられやすいのではないのかなという気がしました。
いきなり、コーランのことを「クルアーン」とか言われても、それが何なのか私には理解できませんでしたし。
正しいかもしれないけど、日本ではコーランとしか言われていないので、「日本語ではコーラン、我々はクルアーンと呼んでいるものがありますが・・・」みたいな説明だとより受け入れられやすいかと思います。

ただ、いくつか気になる点というのもあり、イスラム教どうなの?という点も帰宅してから出てきました。
全て私一人の考えであり、ぱっと思ったものですから、深い意味はありません。


1.アラー意外を崇拝するな。他の神を崇拝すると、アラーが嫉妬するからだめだ。
 全知全能の神であるアラー。なのになぜ、他の神様を崇拝すると嫉妬してしまうのでしょう?
 全知全能なら、そんな尻の穴の小さいこと言わずに、寛大に許してやればいいじゃないのと思うんですよね。
  
 複数の神様がいると仮定して、その中でもアラーが最も優れた神であると信じるなら、別に他の人がどうのこうのとあっても、まあ、そのくらいは私の器量でカバーしてあげるよってなんで言えないのかなという疑問がわきました。

 唯一の神という観点から行けば、他に神はいないと。であれば、偶像崇拝を否定する理由もよくわかりません。
 偶像作ったところで、「まあいいじゃん」位の軽い気持ちで許してやればいいのに。特に偶像がアラーの偶像であればなおさらです。

2.最後の預言者、ムハンマド
 25人の預言者がいるということは調べました。一個前がイエスのようです。
 別に100人くらいいてもいいんですが、とりあえずムハンマドを最後の預言者と定義します。
 でも、明日、別の預言者が出てくるかもしれません。
 つまり、今現在最後の預言者であって、明日は最後から二番目の預言者になるかもしれません。

 イエスからムハンマドまで570年ほどあるということは、すでに西暦2019年。そろそろ新しい預言者が出てきてもおかしくないと思うんですよね。
 もらったパンフレットには、最後の預言者ですごいみたいな感じで書いてありましたけど、次の預言者が出てきたら、いきなりその考え方が否定されてしまうんです。
 
 個人的には、3人の女性がいて、好きにしていいよって言われたら、一番のタイプである女性からアタックしませんか?
 そう考えるなら、最後の預言者ではなく、最初の預言者のほうがすごい人、神に愛される預言者という考え方もあると思うんですよね。

3.メッカの巡礼ってアラーではなく、ムハンマドのことを崇拝しているように思えてしまう
 メッカはムハンマドの生誕地であるということです。
 であれば、それって、ムハンマドを崇拝することになってないだろうかとおもうわけですよ。
アラーだけが神様であって、ムハンマドは単なる預言者でしかないわけですから、メッカではなく、別のところを巡礼するべきだと思うんです。
 ヒラー山の洞くつで啓示を受けたのであれば、せめてヒラー山だと思うんですけどね・・・

4.最後の審判で善悪がイーブンにならないのか?
 最後の審判の時に、善悪がポイント制により決まるようです。
 これで、善行が上回ると天国行きらしいです。しかもそれは天秤により測られるそうです。
 であれば、同じポイントとなる可能性があるわけです。
 でも、これに対する回答がありません。
 うーん・・・絶対に同じにならないという否定の証明か、同じになったときの判断方法の定義がないといけないと思うんですけどね。

5.極地の信者のことを全く考えていない
 全知全能の神であるアラーですが、ラマダンで断食するときのことです。
 極地で断食する人たちのことを全く考えてないんです。
 北極や南極にちかい極地では、太陽が全く顔を出さない極夜や、太陽が全く沈まない白夜があります。
 この時期にラマダンがあった場合、極地に住む信者たちは全滅します。
 全滅することを望んだ宗教というのも珍しいので、楽しいかもしれませんが、一般的には違うはずです。

 全知全能ならその辺考えておいてくれてもいいはずなのに、なぜ考えてくれないのでしょう?
 太陽が出ている間は水すら飲んではいけないということですから、白夜の時は一か月間飲み食いできませんので、必ず餓死することでしょう。
 まあ、もともとがメッカ、つまり、サウジアラビアで出てきた宗教ですから、こんなこと考えてないんだと思うんですけどね。

6.コーランが言葉の変化についていってない
 コーランはアラビア語で書かれたものとなっています。まぁ、それは預言者が受けた啓示に基づき書いているわけで、それから翻訳したら意味が変わってしまうという話があります。
 まあこれはこれでいいです。理解できるので。
 ただ、当時の言葉と今の言葉で言葉が異なるという問題がすでに出ています。
 この点についての対応がさなれているのでしょうか?
 問題になっているということですから、すでに対応されていないということが証明できたわけです。

 こういう点についてもケアできるような仕組みができていないのはどうなんでしょうかね。

7.お祈りのタイミングが5回のところと3回のところがある
 イランではお祈りは一日3回です。でも、一般に5回といわれます。
 なぜと聞いても答えが返ってきませんでした。
 どっちでもいいけど、どっちか正しい回数位決めておいてほしいです。

ぱっといろいろと話を聞いて、おや???と思うところも
なんかいろいろと詰めが甘い気がした素朴なな疑問でした。

それと、個人的にちょっと気にくわなかった点が私がイスラム教を勉強しようとした理由を否定されたことです。
私は、あくまでモロッコ人彼女がイスラム教なので、その彼女とうまくいくように。また、彼女に不便がないようにイスラム教を勉強しようとしたのですが、いきなりそれを否定されました。

まずは、自分がイスラム教の正しいことを行い、それからダメなことを学ぶべきであるという話でした。

いやいや、私は彼女がストレスなく生活できるように勉強したいだけなのに、まずはそんなことより、自らがイスラム教徒として正しいことをするべきであるとか言われましても・・・
なぜ否定されてしまうのかが全くわかりません。

これについては個人的にはかなりイラっと来ました。

だから、いろいろと疑問点で出てきてしまうのでしようかね?
他人の為に、好きな人のために何かしてあげたいという気持ちは持ってはいけない宗教なのか、それとも、そういうのは関係なく、行動することが求められるのか?
よくわかりません。

ただ、やはり多少なりとも勉強して、ストレスのない生活を送らせてあげたいとは思います。

宗教的なことをいろいろと書いてしまいましたので、読者がいないのはわかっていますが、変なコメントをいただいた場合、個人的に気にくわないコメントがあった場合、独断で削除しますのでご了承ください。
宗教的なものについては、いろいろと論争になりやすいし、結論が無いことも多いので、無用なコメント論争とかしたくありませんから。
posted by moroccokekkon at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月20日

無事、書類を受け付けてもらえました

何とか無事、在日モロッコ大使館に書類を受け付けてもらえました。

すべてを説明、かつ、書類についてはタイプしたものを添付するということで、しっかりと受諾してもらえたということです。

それにしても今回の件、モロッコ側の不手際とはいえ、冗談では済まされない内容である。
もし、彼女が来日してしまっていたら、対応が全く取れないからである。

そもそも独身証明なんて他人が取得できるのかどうか、それも不明だし。

トータルで見たら、今回の領事の急な帰国という手段ですが、これは我々にとってはラッキーであったと言わざるを得ない内容だと思います。
事前に書類を受け付けてくれることとなり、かつ、そこで問題が発見されたからである。

当初の計画であれば9月上旬に来日する予定であったが、来日したときには書類ミス、期限切れと問題だらけでどうにもならないこととなったからである。

それにしても、役所から出てくる書類が普通に書類ミス、手書き文字が恐ろしく読みにくく、読めないからと戻されるなど問題だらけである。
ほかの方のブログを拝見するに、モロッコ国内でのビザ申請、結婚の手続きなど四苦八苦されているが、こういう問題が多々あるというのは自分のところにも出てくるんだなと実感した次第。

そりゃ在モロッコ日本大使館の対応が素晴らしいなんていろいろと書かれているが、その通りだと思う。
場合によっては、事前に書類のコピーをすべて送付し、OKが出たら取りに行くだけという手続きにしてくれるということもあるそうだ。
多分モロッコ国内の一般的な市役所などでは絶対にそんなことしてくれないだろう、そもそも出てきた書類が間違っているのに、自分は間違っていないという対応からスタートする可能性すらある。

手続きになれている人間であれば、書類の確認方法もあるだろうが、それができないのであれば、もらった書類が正しいという前提で動くしかない。

非常に問題が大きい行政であると実感する。

2019年07月19日

モロッコから電気製品を持ってくるって

モロッコから小型の電気機器を持ってくるようです。
ヘアーアイロンとかです。
電流容量自体はそれほど大きくないので、特に問題ないです。
そして、100v-240v対応なので、電圧的にも問題なし。

あとは、コンセントの形状だけです。
日本はA型、モロッコはC型です。

ここの変換アダプタだけを購入すればよいということになります。
たまたまドン・キホーテにてC型からA型に変換するコネクタが500円くらいで売っていました。
しかもPSEマーク付きというおまけつき。

ダイソーに行くと、100円でPSEマークなしが販売されています。

電気容量的には、6Aのものと10Aのものが販売されているんですが、この辺については不明瞭ですね。
内部構造的には非常に単純な形状ですから、内部で結線している導線がちょっと細いとかでしょうか?

まあ、容量的には6Aでも十分おつりがくるし、最悪うまくいかなくてもヘアーアイロンなんて安いので日本で買えばいいんです。
ヘアードライヤーは持ってこず、日本で購入することになっていますので、それは問題なし。
名古屋駅にビックカメラがあるので、そこで買えばお得言うこともわかっていますので、購入します。

ロングヘアーなので、乾かさないと風邪ひいてしまうようです。
えーっと、私は乾かさなくても勝手に乾くので、ドライヤーなんて不用なんです・・・とほほ。

いや、ハシュラビットに住んでいる人なんかもドライヤーなんていらないですね。
湿度18%とかなので、濡れ濡れ状態でも一瞬で乾くと思います。
先日も暑くて水路に足を突っ込んでジーンズが濡れてしまいましたが、気が付いたら乾いてました。

気温30度超で、湿度18%とかになると、Tシャツあたりであれば脱水しなくても秒速で乾きそうです。
確かに汗なんてかかない(かいているが、即時蒸発)ので、あせもなんてできなかったですからね。
posted by moroccokekkon at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月18日

新しい独身証明書を作ってくれました

モロッコ人彼女が、がんばって市役所に行き、新しい独身証明書をすぐに手配してくれました。
そして、アポスティーユ認証ももらってきてくれました。

本当に感謝しかありません。
いい彼女を持ったと思っています。(それだけじゃなくていい子なんだけど)

とりあえずは、次の3点についてお願いするつもりです。

1.印紙については存在しない。
 どうも今は独身証明に印紙を貼らないとのことです。
 正式には、丸いスタンプなんですが、それを押さないらしいです。
 これについて領事に説明するようにモロッコ側より言われました。

2.アポスティーユ認証の担当者名が違う。
 これは単に作成時のミスなので、修正したものを作ってもらいました。

3.手書きの文字が読みにくい。
 今回もアラビア語で、かつ、手書きでしか書類が出てきませんでした。
 一般的にはタイプしたもので出てくるという領事からの話ですが、大変残念ながらいまだに手書きでしか出てこないという役所のようです。
 今回は、彼女に連絡して、全く同文をパソコン打ちしたものを添付して対応するようにお願いするつもりです。
 日本人でもいますが、手書きの文字が読みにくい人はいます。
 しかし、同文をパソコン打ちしたものがあれば、読めるようになったりします。
 こういう方向で話ができないかと相談する予定です。


まずは彼女に感謝し、次にこの点を領事にしっかりと説明するメールを送る予定です。
たまたま彼女の仕事がお休みだったということもラッキーポイントだったのかもしれません。

それにしても、書類手続き一つとっても、いろいろと引っかかるんですね。
ほかの方のモロッコ人との結婚のブログを見ていても、書類不備、手続きできず、行ったり来たりという話が書いてありますが、十分に理解できました。

モロッコではこんなもんじゃないようですが・・・

日本のお役所仕事、悪い意味で使いますが、お役支所仕事のすばらしさを痛感します。

モロッコ人との間にできた子供の国籍

モロッコ人との間にできた子供の国籍に関して、複数の情報源から話を聞いていますが、どれが本当なのか少々不安になっています。

1.父系優先血統主義
2.父母両系血統主義

どちらなのでしょうか?
読んだ本やwikipediaの情報によると、1の父系優先血統主義のようです。

つまり、父親がモロッコ人である場合にのみ、子供はモロッコ国籍を取得し、日本との二重国籍になります。
当然正しく申請しないと日本国籍を喪失します。(しかも、生まれた時に遡って喪失となり、日本人として生まれてこなかったことになります。)

しかし、在モロッコ日本大使館のページを読むと、2の父母両系血統主義の話になります。
在日モロッコ大使館の担当者と話をしたときにも、子供はモロッコ国籍を取得するという話をされていました。

wikipediaはソースとして不確かであることは否めませんが、どちらなのかは少々不安定です。
日本もかつては1の父系優先血統主義でしたが、今は父母両系血統主義に変わっています。

もしかしたら、読んだ本が少し古いので、途中で血統主義の内容が変わった可能性もあります。

どちらにしても先過ぎる話なので、それからでもいいと思いますが、結婚に関してもモロッコ側での提出をしていない状況で子供ができる、つまり、未婚の母となるわけですから、モロッコでこんなことを受け入れてくれるとは到底思えないので、この点については事前に考えておく必要がありそうです。

日本国籍保持者となれば世界最強のパスポートを手に入れることができるわけですから、特に問題はないと思いますが、どうしてもモロッコ国籍が欲しいという希望が出た時には対応がかなり厄介になるのてその点も含めて検討しておく必要がありそうです。

在日モロッコ大使館の担当者からはこの点についてもアドバイスをいただいていますので、きちんと考えておく必要があると思います。(人権を大切に考える在日モロッコ大使館としては、子供が自分の意志によりモロッコ国籍を取得できるようにしておくことは大切であるとというアドバイスでした)
正論なので、きちんとこの点については考えておく必要がありますね。
posted by moroccokekkon at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

書類不備

先ほど在日モロッコ大使館から連絡がありました。

先日送付した書類に不備があるとのこと。書類は、独身証明書。不備の箇所は次の3点。
1.手書きで書いてある文字が読めない。
2.印紙が貼ってない。
3.アポスティーユ証明書のサイン者の名前が違う。
モロッコの役所、マジ死んでほしいです。

在日モロッコ大使館の領事、ある意味ありがとうです。
これ、モロッコ人彼女が日本に到着して他後の話だったら、全く取り返しのつかないことになってます。

だって、独身証明書が発行できないんだから。
当然訂正なんてできません。
アポスティーユ認証は、独身証明書とホッチキスで閉じられており、割り印があるので、片方だけの訂正というのができないんです。

彼女は、8月2日の飛行機で来日してしまうので、もう時間もないし。

すぐに彼女に連絡して、とにかく書類の再発行を懇願しました。
私が今できることは、彼女に動いてもらうことだけしかないからです。
自分で対応できることならできるんだけど、もうどうにもならないから。

そして、彼女が動いてくれました。これには本当に感謝しかないです。

結果はどうなるのかわからないけど、いい結果になると思います。
そうならなければ、結婚できないからです。


なお、何がおかしいのか一つずつ解説しておきます。


1.手書きで書いてある文字が読めない。
独身証明書には、なんか文字が書いてあるところがあります。
アラビア語で書かれているので、全くわかりません。
多分、この人は独身ですみたいなことを書いてあるんだと思います。
生年月日とかもあるから、ここで生まれて、いまだに結婚した経歴はありませんとかでしょうか。

一応彼女曰く、読めると言っていますが、在日モロッコ大使館の領事が読めないというのであれば、読めないということになってしまいます。
なので、今回はフランス語で作成お願いしました。
これであれば、アルファベットなので、読みにくいということはあっても、読めないということはない可能性が高いからです。
と言っても、出生証明書のアルファベット、信じられないくらい読みにくいのでそれでもかなり怪しいけど。
アラビア語よりましという可能性があります。

ただ、この点については、彼女に例えば手書きでアラビア語の同じものを書いてもらい、それを大使館に提示することで、同じことが書いてあるんだよということを理解していただくという方法があるかもしれません。

2.印紙が貼ってない。
これはどうにもならないです。
モロッコ側の役所の不備です。
どうも印紙が必要になるようです。
ただ、印紙の訂正ということは、本書が必要で、本書は日本にありますから、送付するだけで5日間かかってしまいます。
そうすると時間切れの可能性がありますので、再度作成のお願いをするしかありません。

3.アポスティーユ証明書のサイン者の名前が違う。
これもアポスティーユをする役所の不備です。
アポスティーユ認証の書類で言うところのNo2の欄です。

今わかったんですが、独身証明書を作成してくれた人のサイン(正確には担当者印)があり、そこに名前が書いてあります。(当然アルファベット・ブロック体)

この名前をアポスティーユ認証の誰がサインしたのかという欄に書く必要があります。
しかし、どうも使いまわしのWordだと思われますが、そこの欄が違う人の名前になっていました。

要は、ひな型使いまわしの時の訂正もれというやつです。

これによって、アポスティーユ認証が無効になります。書類不備なので。
今、出生証明をみたら、しっかりと同じ名前になっていることからも、これで確認できました。

確かに、書類発行している役所と、アポスティーユ認証をしている役所が異なりますが、ここは書類的に合わせないといけない場所になります。

もう一か所サイン欄があって、そちらはアポスティーユ認証をしてくれた人のサインをするところのようです。

本当に困ってしまいました。

とにかくモロッコ人彼女の今からの動きに期待するしかないです。

ほんとお願いします。アラー様。いや、彼女様。アラーより大切です。

2019年07月17日

書類審査をパスしました

先日急遽送付してほしいといわれていた書類ですが、一式送付し、追加で質問された内容について回答。
これで書類OKのようです。

ほっと一息です。

追加で質問されたことは、モロッコ人彼女が何番目の娘なのかという質問でした。
以前、婚姻ビザ用の質問状というものがありまして、こちらの中でわからない点を聞いておいたので、それを利用して回答することができました。

婚姻ビザ用の質問状には、このような設問があります。


--質問--
11 申請人(お相手の方)と配偶者(あなた)の親族について記入して下さい。
※日本に居住している方の電話番号は可能な限り記入して下さい。父母がお亡く
なりになっている場合には,「住所欄」に「死亡」と記載して下さい。お子さんに
ついては,(2)の表に記載して下さい。お子さんがいない場合は,「なし」と記
載して下さい。

回答欄は表になっていて
・続柄(つづきがらと読みます。ぞくがらではないです)
・氏名
・年齢
・住所(外国にあっては、都市名まででOK)
・電話番号

もし、連れ子などがいる場合には、そのことも記載ですが、今回は初婚なので関係なし。
再婚の方との結婚の場合には、すべての子供について生年月日の記載が要求されます。

家族については年齢だけという意味不明な設定ですね。
個人的には、ここも生年月日を入れるべきだと思いますけど、そこはあまり重要ではないのかもしれませんね。


年齢もわかっていましたので、今回は第何子、長女・次女などの別もしっかりと答えることができました。
ついでに追加で質問されても困るので、家族全員の名前と年齢も提供しておきましたけど。

でもこれで一安心です。

一式書類を事前に見ていただくことができたので、安心して当日を迎えることができます。
当日いきなりあの書類が必要とか言われたらシャレにならないですから。
しかも、モロッコで本人が取得しなければならない書類とかだったら、本当に顔面蒼白になります。

いまだに彼女はモロッコにいますから、この点もよかったです。
最悪の事態がリカバリーできるので。

とりあえず結婚までもう一息です。
タグ:婚姻ビザ
posted by moroccokekkon at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月11日

急遽書類を事前送付

急所書類を在日モロッコ大使館に事前送付することになりました。
どうも予定していた日付に領事が不在になる可能性があるとのことで、事前に送付された書類で手続きを用意しておいてくれるとのことです。
あくまで用意しておいてくれるというだけで、これで所定の書類が出てくるというわけではありません。

事前に書類を取得しており、かつ、書類を受け取っておいてよかったです。
ほっと一息です。

送付する書類
・独身証明書(+アポスティーユ認証)
・出生証明書(+アポスティーユ認証)
・出生証明書のフルバージョン(アポスティーユ認証なし)
・モロッコ人彼女のパスポートのコピー
・モロッコ人彼女のIDカードのコピー
・日本人のパスポートのコピー

全てをPDFなどにして事前にメール送付します。
メールアドレスは、電話にてうかがいました。
大使館のサイトを見ても掲載されていなかったので、きちんと確認したほうがよろしいかと思います。
posted by moroccokekkon at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
ファン
検索
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

2014年12月。韓国に行きました。すべてはそこから始まりました。 そこから海外旅行に嫌というほど、びっくりするほど行くようになりました。パスポート1冊、4年で使い切りました。現在増補したページを消化中です。 2019年GW、モロッコにも行くことにしました。 そこでモロッコ人彼女を作り、結婚することになりました。 ここからいろいろなことが始まります。 結婚するだけでも書類手続きが日本人同士の結婚の比ではないこと、そして、その情報がとにかく手に入らない。 ネット検索しまくってもレアなパターンすぎて出てこないんです。 大使館に聞き、ビザの手続きを専門にやっている行政書士に聞き、本を読み・・・どんどん知識をつけていくしかありませんでした。 こういう苦労をしないためにも、情報を共有していきます。 と言っても、モロッコ人女性と結婚する男性で、かつ、日本に結婚後も住むというパターンは極めて少ないので、だれのためになるのかなんてわかりません。 まあそれはそれでいいんです。 とりあえず、手続きに関する情報だけでもまとめられたらと思って作成したブログです。 記事更新がなくても、何か質問などがあれば親身になって相談に応じるつもりです。
プロフィール
日別アーカイブ