UA-91246306-2
プロフィール
お節介オヤジさんの画像
お節介オヤジ
サラリーマン生活で一番長い業界はコンビニ。そのコンビニで商品仕入れ、開発、マーケティングなどを務めてきましたが、コンビニ退職後は、デジタルサイネージの業界にその後は…映像関係の事は多少は知識があると思っています。
プロフィール
最新記事

エンターテインメントランキング
検索
QRコード
ファン
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年04月21日

どうしたフジテレビ?って酷くないですか?

地上波での視聴率競争ではこの何年も低迷を極めている?フジテレビさんですがそのフジテレビさんの今クールのドラマが”最高傑作””超絶面白い”と言いながら”どうしたフジテレビ”ってのはちょっと酷評では?でもこれは期待の裏返しなんでしょうか? 

フジテレビ関連記事:楽しくなければテレビじゃない?


--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-PAK_houdou9V9A7884.jpg

写真はイメージで内容とは関係ありません

『モンテ・クリスト伯』が最高傑作…どうしたフジテレビ?今期連ドラすべて超絶面白い


Business Journal > エンタメ > 『モンテ・クリスト伯』が最高傑作 文=米倉奈津子/ライターより引用
 今クールの連続テレビドラマ『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』(フジテレビ系)第1話が19日、放送された。

 目黒すみれ(山本美月)と婚約したばかりの漁師・柴門暖(ディーン・フジオカ)が乗る遠洋漁船は、遭難から2週間が経過していた。だが、奇跡的に船は帰還し、暖は母親の恵(風吹ジュン)とすみれと抱き合いながら泣いて喜ぶ。退院した暖が、遭難中に亡くなった船長のバラジから託された手紙を、彼から伝えられた東京・渋谷にある会社へ届けるために自宅を出ようとしたところ、警視庁公安部の刑事・入間公平(高橋克典)が現れる。

 入間刑事は暖に、バラジはラデル共和国のテロ組織ククメットのメンバーであり、バラジから預かった手紙を見せるよう言い、「Dear Teikichi」で始まる英語で書かれた手紙を一読。その手紙の内容は多くの人命を危険に晒す可能性があり、持っているだけで暖にも危害が及ぶ危険があると説得し、その手紙を預かる。加えて、手紙のことは絶対に口外しないよう命令する。


 入間刑事は、バラジが指定した手紙の受取先であるTIファンドマネジメントに出向き、同社代表で入間刑事の父親の貞吉に手紙を見せ、ククメットから貞吉に資金提供を依頼する内容が書かれていると迫ると、貞吉はククメットとつながっていることを告白。入間刑事は、ラデル共和国は拘束中の日本人と、手紙の受取人として指定されている人物の身柄交換を要求してきていると説明。貞吉は逮捕される覚悟はできていると宣言し、手首を差し出すが、父親が犯罪者であることがバレると警察官としてのキャリアが終わってしまう入間刑事は、後日、再び貞吉の元を訪れてその手紙を燃やす。


そして暖はすみれとの結婚式当日、会場で警察に逮捕され、取り調べで入間刑事から例の手紙を渡され、それがバラジから渡された手紙と同一のものか質問される。英語の読めない暖は肯定するが、実はその手紙には「Dear Dan Saimon」と書かれており、暖は入間刑事によってククメットへの資金提供者に仕立て上げられてしまう。そのまま身柄交換でラデル共和国の刑務所に送られた暖は拷問を受け、独房のなかで息絶えそうになるが、その時、なんと独房の地面の一部が盛り上がり、高齢の人間が姿を現すところまでが、第1話で放送された。

 エンディング間際では、暖と同じ守尾漁業に勤め、暖のせいで船長になれない神楽清(新井浩文)、暖の友人だが密かにすみれに思いを寄せ、暖に嫉妬する南条幸男(大倉忠義)、暖の幼馴染で地上げ屋の寺門類(渋川清彦)、そして入間刑事の策略によって暖が“嵌められた”


息つく暇もないもない展開

第1話を見た感想としては、あまりに突拍子もない展開に唖然とさせられると共に、一見すると暖の仲間にみえる人物たちが、実は心の奥では暖への嫉妬を抱えているという複雑な人間模様に引き込まれて、非常に見応えがある傑作だと感じた。

これって冒頭に書いた様に絶賛していますよね。ここまで絶賛しているなら見て見たくなりませんか?ここから先は…フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

ここ最近のフジテレビの連続テレビドラマといえば

ここ最近のフジテレビの連続テレビドラマといえば、常に視聴率低迷がニュースになるほどの低迷ぶりであったが、同作以外の今クールのプライムタイム放送の連ドラ『コンフィデンスマンJP』『シグナル 長期未解決事件捜査班』も視聴率はいまひとつのものの、インターネット上での評価はかなり高く、フジ復活の兆しを指摘する声も多い。『モンテ・クリスト伯』もネット上では好意的な声が多いようだ。

 今クール連ドラで傑作揃いとなったフジ、いよいよ復活の狼煙を上げ始めたのか――。3作品の視聴率の推移に注目したい。



復活の狼煙(のろし)を…ってかいている事はフジテレビの復活を期待いているんでしょうかね?米倉奈津子さん。

『コンフィデンスマンJP』『モンテ・クリスト伯』を1話無料で見れる【フジテレビオンデマンド】


お節介オヤジ【フジテレビオンデマンド】で見逃し視聴したのは4月テレビドラマは人気脚本家に注目@でもかきましたが、実は『コンフィデンスマンJP』『モンテ・クリスト伯』1話無料で見れるんですよ!みなさんご存知でしたか?『シグナル 長期未解決事件捜査班』は無料視聴は出来ないのですが見逃しパック『シグナル 長期未解決事件捜査班』っていうのがありますよ!(1500ポイント)
話題のフジテレビドラマを見逃してしまった方は31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】


ポイント取得の詳しい方法はこちら

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7572133
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。