UA-91246306-2
プロフィール
お節介オヤジさんの画像
お節介オヤジ
サラリーマン生活で一番長い業界はコンビニ。そのコンビニで商品仕入れ、開発、マーケティングなどを務めてきましたが、コンビニ退職後は、デジタルサイネージの業界にその後は…映像関係の事は多少は知識があると思っています。
プロフィール
最新記事

エンターテインメントランキング
検索
QRコード
ファン
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年08月07日

川栄李奈が“引っ張りだこ”の裏事情 元センターバカが若手注目女優に?

川栄李奈さんと言うとフジテレビで放送されていた「めちゃ×2イケてるッ!」の企画でBKA48結成が発表!センターバカなどいわれたり、握手会で襲撃被害にあったり、AKB48時代には結構、大変だったとは思いますが、握手会の襲撃事件が影響して卒業する事になった訳ですが、その後の活躍はドラマにCMに大活躍ですね。

川栄李奈 センターバカ.jpg川栄李奈 au.jpg



川栄李奈が“引っ張りだこ”の裏事情……重宝されるのは「代表作らしい代表作がないから」だった!?

日刊サイゾー2018.08.07 火配信記事より引用

今年だけで出演映画が5作公開され、ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)にも出演。auの三太郎シリーズのCMでの織姫役も好評な川栄李奈。最近の仕事ぶりを見れば、まさに売れっ子そのものだが、必ずしも順調というわけではないようだ。

「出演作はとにかく多いのですが、いわゆる“代表作”と呼ぶべきものがないんです。大きな作品での主演はまだなく、脇役が多いのが現状。そろそろ代表作となるような主演作が欲しいところですが、もうちょっと時間がかかりそうですね」(映画関係者)

 そんな川栄だが、10月には初主演映画『恋のしずく』が公開される。

「日本酒をテーマとした青春映画で、川栄は主人公の農大生を演じます。大杉漣さんの遺作としても話題ですが、昨年7月に撮影クルーが乗った自動車が広島の国道で事故を起こしたり、出演していた俳優の青木玄徳が4月に強制わいせつ容疑で逮捕され、代役を立てたりなど、何かとトラブルがあった作品でもあります。少々ついていない印象ですね」(同)

 しかし、川栄の現場での評判は悪くない。

「確かに売れっ子ではあるものの、現場では3番手、4番手ということも少なくない。それでも本人は作品に真剣に取り組んでいるし、制作サイドの要望にもしっかり応えてくれる。すごく仕事がやりやすいと、現場からの信頼も厚いんですよ。あの感じであれば、“また使いたい”と思うスタッフも多いと思いますね」(テレビ局関係者)

 かなり重宝されている様子の川栄だが、それは今の“微妙”な立場だからだという声も聞こえてくる。

「主演クラスではないから、スタッフとしても、いろいろな要望ができるという側面もあるわけです。これがもし主演クラスの女優であれば、制作が決まった段階で方向性は固まってしまい、現場であれこれお願いすることも難しくなる。3番手、4番手の役者さんは、良くも悪くも融通が利きやすい人が多いんです。川栄さんは、今の若手女優の中では、おそらく最も融通が利く女優という立ち位置なのかもしれませんね」(同)

 もちろん川栄本人としてはいち早く主演級の女優にのし上がりたいはずだが、現場としては今のままでいてくれたほうが助かるといったところだろうか。重宝されすぎるがゆえに、損をしてしまうようなことにならなければいいが……。


川栄李奈 恋のしずく.jpg川栄李奈 大杉漣 恋のしずく.jpeg



川栄李奈「タレントパワー」2位獲得も、“ホントの評判”って……?


日刊サイゾー
2018.07.03 火配信記事より引用

アイドルグループAKB48の元メンバーで女優の川栄李奈が、「日経エンタテインメント!」(日経BP)が発表している「タレントパワーランキング」の「急上昇ランキング部門」で、吉岡里帆に次ぐ2位に入った。携帯会社「au」での織姫役で好演しているほか、リース会社「オリックス」、紳士服販売「AOKI」、フリマアプリ「ラクマ」など計9社のCMに出演し「新CM女王」と呼ばれるほど、テレビで川栄を見ない日はない。

 川栄といえば、2010年に「AKB48第11期研究生オーディション」に合格。15年にAKB48を卒業した。

 AKB48在籍中は、総選挙で最高16位と、それほど目立つ存在ではなかった。それなのに、ナゼ新CM女王と呼ばれるほどになったのだろうか?

「使い勝手がいいのが一番ですね。CMのギャラが1,500〜2,000万円ほどと安い。一般的にアイドル上がりで、それなりの知名度のあるタレントだと、3,000万円から、高くて5,000万円程度はかかる。だから“コスパ”がいいんです。本人にプライドや金銭的に執着がないからなのか、端役、脇役で使ってもクレームを付けられることがありません。知識や社会的常識はそれほどないんですが、現場で一生懸命なところも、評価が高い要因です。『au』のCMでは、濱田岳演じる『金ちゃん』に『さわんじゃねーよ』『彼氏ヅラすんなよ』といったSっ気たっぷりのアドリブを入れ、大好評でした。また、多少ムリな注文を出しても文句を言わず全力で応えてくれるから、スタッフは助かってますよ」(広告代理店関係者)

 CMにとどまらず、今秋には主演映画『恋のしずく』が公開。2019年にはNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』にも出演することが決定している。

「熱愛スキャンダルさえなければ、この勢いは、しばらく続きそうです」(同)

 くれぐれも、浮かれて変な男につかまることだけはないように、気をつけてもらいたいものだ。


そんな川栄李奈さんが出演している『健康で文化的な最低限度の生活』は
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】で見逃し配信中です。見逃してしまった方は是非!





 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7971238
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。