広告

posted by fanblog

2018年02月06日

恵方巻の廃棄について思う事。かっこいいか?!

参考記事はこちらから

さて、ニュースでもやっていますが、

恵方巻の廃棄についてです。

兵庫県のスーパーが「もうやめにしよう」「昨年と同じ量でやります」という広告を

作ったところ、大反響だとか。

これはたしかに正論だとは思いますが、

ちょっとただの綺麗事にも感じます。

最近はネットの反応なんか見てると綺麗事って多いんですよね。

そんな単純なことではないということ。

食品の廃棄の問題というのは今に始まったことではないですよね。

恵方巻がたまたまテレビなんかで取り上げられただけであって、

イベントであれば恵方巻以外のクリスマスや正月、丑の日、雛祭り、ハロウィンなどでもあり得る話でもあるわけで。

そもそも廃棄が多く出るのはその企業の数字の読み間違いが問題。

本数などでノルマを課し、勝手に目標数値分を納品させる。

工場は目標数値分を用意しなければいけないから作る。

結局はこういった悪質な管理体制が問題でしょう。

ある程度、優秀な企業や店舗はロスが少なくなるようにはやっているでしょうよ。

そしてこのスーパーの問題は前年と同じ数字で作るということだ。

これは将来を考えると大変危険な考え方である。

売り上げが前年と同じでいいということだからだ。

だから、ただの綺麗事と言われても仕方ない。

企業や店舗は前年を超えていかなければ売り上げは上がらないわけだから、

生き残れないということなのです。

こういった地域密着の小型店舗なら良いかもしれないが、

結局は大きなイオンやセブンが追随するのは難しい。

昨今の人件費の高騰や食材の高騰を考えれば売り上げを伸ばさないと利益は出ない。

つまり、このような意見を肯定することは経済成長を止めることに繋がるわけですね。

経済成長がないと日本は終わりますよ。

「恵方巻を自粛する」ということはそういったことに繋がる。

もちろん廃棄を減らすことは重要だけどね。

意見の中にはこういったイベント自体を否定する方もいるようですが、

それは大きな間違いなんですよね。

企業の成長がないと、そこにいる人たちの給料なんて上がりませんよ。

ボーナスだって出ません。

恵方巻の数が極端に減ったとすれば、

その食材を供給しているメーカーの売上は落ちます。

そこで働いている人たちの労働時間は減ります。

労働時間が減ると言うことは給料も少なくなります。

さらには雇用も減ることになります。

こういった一連の流れがあるんですよね。

だから、安易には考えられないのですね。

食材の廃棄は非常にもったいないとは思うが、

ビジネスである以上は売上は上げたいところ。

以前にも書いたことあったけど、

100皿作るから80皿売れるところを

80皿しか作らなかったら80皿は売れないんですよね。

来年は果たしてどうなりますかね・・・



【小室引退】木村太郎、トレンディ斉藤の発言に論破

カンニング竹山が週刊文春編集長と対談・・・編集長のコメントに疑問?!

【小室引退】東国原英夫のバイキングコメントを論破!酷い発言の連続(笑)

男性が腕を組みに行くってことあるの?
小室引退に対してうまくまとまってますので、一度目を通すことをお勧めします。


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7282664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。