広告

posted by fanblog

2018年06月30日

一眼レフカメラで暗い場所でも綺麗に撮影する方法。

本日2回目の投稿です。

今回は暗い場所でも綺麗に撮影する方法について考えたいと思います。

先日、石川県の「越前松島水族館」へ行ってきました。
館内はやはり暗い場所が多く、フラッシュも禁止されているため、
撮影は非常に難しかったです。

_MG_1605.jpg

暗い場所でストロボを使わず明るく撮影するには、

@感度を上げる

私はキャノンのEOS6Dを使っていますが、結構高感度に強く、ノイズも抑えられますが、
それでもISO3200〜6400くらいまで上げる必要があります。
シャッタースピードも手ぶれしないギリギリまで下げても、感度はこれくらい上げてました。

Aシャッタースピードを下げる

シャッタースピードを下げれば当然光を取り込める時間も長くなりますので明るくなりますが、
これにも限界があり、手ぶれしないシャッタースピードの限界は1/100秒ほどだと思います。
三脚を使えばさらに下げれますが、三脚禁止だったり、魚は結構動いてますので、せっかく撮っても
魚がブレブレになってしまうかと思います。

B現像するとき調整する

撮影するとき、保存データを「RAW」にしておき、あとからパソコンで現像処理をします。
そのとき明るさを調整したり、ノイズを除去することができます。
撮影した段階では多少暗くても、現像処理で明るくすることができます。
明るく調整するとノイズが出てきますが、現像処理ソフトの「photoshop」や「lightroom」では
ノイズを除去する機能もあります。ただ、あまりやり過ぎるとのっぺりした印象になりますので注意が必要です。

_MG_1609.jpg

まとめ


いかがだったでしょう。今回は暗い場所で綺麗に撮るコツを書いてみました。
少しでも参考になればと思います。

使ったカメラとレンズは私愛用の以下のものになります。

Canon EOS 6D(WG) EOS 6D(WG) ボディ




キヤノン EOS 6D MarkII ボディ




EOS6Dはセンサーがフルサイズで高感度にも強く、ノイズを抑えられますのでおすすめです。

レンズは明るさが欲しかったのでF1.4〜1.8の単焦点レンズを使いました。
以下はおすすめのレンズです。

Canon キヤノン 標準単焦点レンズ EF 50mm F1.4 USM




【送料無料】キヤノン 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM ブラック EF5018STM [EF5018STM]





今回もご覧いただきありがとうございます。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7841775
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ
ファン
検索
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
Yoshinagaさんの画像
Yoshinaga
フリーカメラマンのYoshinagaです。主にポートレートを撮っています。時々物撮りも風景も撮っています。 とにかく写真が好きなので、感動してもらえたり喜んでもらえると嬉しいです。
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。