検索
最新記事
カテゴリーアーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年06月07日

【宇宙戦艦ティラミス】第10話『BLACK IMPULSE/SUBARU, THE SPEED KING』感想

今回は【宇宙戦艦ティラミス】第10話

『BLACK IMPULSE/SUBARU, THE SPEED KING』の感想です

以下、ネタバレありますのでご注意ください。











【宇宙戦艦ティラミス】第10話『BLACK IMPULSE/SUBARU, THE SPEED KING』感想




今回は、9話のスバルとスバルのコピーが出会うシーンから少し時間を遡った所からスタート!

スバルのコピーはイスズ達からスバルBと呼ばれているようでした。

スバルBはユニバース感覚にも目覚めているようで、そのユニバース値はスバル以上

コピーでありながらスバルを超えているなんて…脅威ですね






彼が乗っていた黒い機体の名前はデュランダルツヴァイ

なんだか恰好良い名前なんですが、イスズの発言からするとペンキで塗装したようですね(笑)

ですがスバルBは『俺!黒いの嫌いだ!!!!』と、イスズの機体に興味を示していました

最近誕生したということもあって、精神的には幼いんでしょうか?

イスズの目のやつに興味を示し、もぎ取っていたところが面白かったです










スバルのデュランダルを発見しm戦闘するスバルとスバルB。

やーっと戦闘シーンだ〜とワクワクしていたら、イスズが止めるから何事かと思えば

『スバルB!お前が無理に跨ったせいで、人型に戻った時に顎が閉じなくなってしまったぞ!』

という事で帰還するイスズとスバルB…。

結局今回はしっかりした戦闘シーンを見ることはできませんでした

スバルとスバルBが戦っている姿が見たいです〜〜!




終盤、高性能パーツを装着してもらい、いざ出陣と勇んで出て行ったスバルですが、

ちょっとスピードを出し過ぎたらしく…

連邦宇宙警察に掴まっていました(笑)

敵を倒そうとしているのだから、捕まえなくてもいいのでは…?と思いましたけどね〜









この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7748688
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。