<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリーアーカイブ

2019年04月14日

【積立投信69】積み立て投信保有ファンド一覧(4/12現在)





■中国貿易統計予想外の好結果で【為替】ドル円、112円近辺、長期金利は大幅上昇し、株価・石油も大幅上昇。リスク選好モード突入か?

金曜日は米長期金利の上昇を背景に円売り・ドル買いが優勢となり、

円相場は1ドル=112円近辺で推移。

米金融大手の決算内容などを好感して株買い・債券売りが進行。

投資家心理が改善しているか・・

ほんとに安全資産とされる円を売ってドルを買う動きが終日にわたり優勢。

中国税関総署が12日発表した3月の貿易統計で、

輸出が前年同月比14.2%と市場予想を大幅に上回り、

同国経済が安定する兆候が見られたことも円売りを幾分後押し・・うーん。

いやーほんとに経済はわからん。3月の波乱ぶりがもう遠くに去っていった感。

だけど・・そろそろまた新たな波乱の芽がでているかも知れない・・

やはり実は中国経済がこのまま底入れするのではないか?

またこれに伴いドイツをはじめとする欧州経済も持ち直すのではないか?

との期待もあると強く思うようになった。

こうした「期待」が相場を押し上げているものの、ひとたび期待が裏切られ、

欧米の「利上げ休止」から、「利下げ」へと市場の関心が

シフトした場合には、当然、追加緩和策の選択肢が限られる円に、

しわ寄せがくる公算が大か・・


豪ドルも一気に80円を超えて80円30銭台・・来週も多分80円台維持でさらに上値

トライもあり得るように思う。

ほんとどこまで円売りでるのかわからなくなった(^▽^;)

下値も堅いからこのまま堅調にいくのかな

南アフリカランド円も8円台に乗かった。もうしばらくは下には行きにくいかも

知れない。それだけ8円台の壁は大きいかったと思うのだけれど。

ここでもショータにとっては季節冬に逆戻りですね。我慢のしどころなのか?



もっとも南アランドは、国営電力会社エスコムに対して追加支援の可能性があると

ゴーダン公共企業相が発言したこともあって、財政赤字削減への不安もなきにしもあらず・・

そしてはたして、ロンガーにとっては本格的な春の季節を迎えるでしょうか否か?

でもずいぶん近づいたとも思います。

あとトルコリラ円、19円台前半です。

最近は戦闘機購入問題でロシアとアメリカの間で難しい局面に来ていますね。

アメリカ、ロシア、シリア関係となにかと、きな臭いところですが

だけど高金利通貨ゆえに人気があります。


ダウ株価は、これからFOMCはハト派で金利引き上げは慎重とみられているので

しばらくは買いが入りやすいですが・・やはり指標が気になりやすく

いきなし大口の売りも出やすいか?

米中貿易問題はトランプは4週間で決着すると声明を出すことになり・・

進展をアピールしている・・

されど、米中貿易協議が長引く可能性を否定しなかったので

市場が期待する4月中の決着が難しくなったと受け止められている・・

はい。そんなもんです。連騰が続くかどうか・・うーむ。しかし

案外これは買いが続くかもしれない。

それでも、最後どこで売りが来るのかほんとわからないですね。

さぁて。

ブレグジッドが半年延期になったとしても

合意する観測が出てきていますが

私は合意なき離脱に要注意というか・・

合意なんか無理でしょうと思っています。

まぁそんなで、ゴールドは

それでも1オンス=1290ドルあたりでいます。

国内債権はさすがに・・残念ながらこのところ株価回復ぶりに

追加緩和観測が薄れて売りが出て軟調モード。されど買われているので

徐々に下がるのかな・・


総じて4月は新年度・・特にこの時期はまぁ買いが入りやすいです。

この雰囲気で景気減速・・そんなの知らない・関係ないと思う感じですが

何があるかはわからない

それを踏まえていつもの積立て投信についてをば・・



(おすすめ)まんぼうにとっての積み立て投信とは


20170305-01.png


時間を味方に、買い値段を・・

ほどほどの買値に落ち着くことを期待できると思います。


定期的に同じ金額で購入するため、

価格が低い時にはたくさんの数量を、

逆に値段が高い時は少ない数量を買うことに。

この手法を長期的に続けると一般には平均単価を

引き下げる効果が期待できるとされています。


毎回、決まった金額の積み立てを続けることにより、

どなたでもカンタンに実践できます。

投資信託は、銀行・証券窓口・ネット銀行・証券でも取り扱いしています。


長期投資をお考えであれば、以下の通りおすすめします。

(おすすめ)窓口手続きは不要!初心者・1000円からコツコツ積み立て投資信託を購入したい方はこちら!!
スマホ・PCから簡単口座開設!今ならキャンペーン実施中【SMAM投信直販ネット】


・口座開設費用・管理維持費用など直接的負担はなし。
(間接費用としてお預かり資産から管理報酬1.404%分徴収のみ) 
・窓口手続きは不要!
・1000円から積立てもできます。ぜひご検討ください。

積立投信保有ファンド運用損益(4月12日現在)

20190414-02.png


損益はというと損益率は3.22%台。


ほんと毎度毎度、今度こそ大幅マイナスを覚悟しないといけないところで

と思っていたら、ほんとに旺盛に買いが入っているなぁ・・です。

ほんと景気減速の見通しが日に追うごとに何かにつけ鮮明になっている感じですが

中国貿易統計から変わるか流れが?・・です

株価、ドル円、豪ドル円あたり見るにつけ

まだまだ関係ない!って感じを受けています。


それでもこの先はともかく・・

まぁ・・安く積み立てできることに期待するしかない。



そして国内債権はうーん。そろそろ一旦は騰がり終了かもですが

それでも損益も順調かな。損益1.43%

損益1%越えしばらく続くかと思われる。(マイナス金利なのに)


ゴールドは1オンス=1290ドルあたりで落ち着くところでしょうか?

ここからいよいよリスク回避とドル安環境をいかして本領発揮で、天井をぶち破るかどうかもしくは

底を割って奈落に落ちるかは

神のみぞ知る。

いずれにしても、これからも買い続けても問題なし!・・に変わりなし。

明日以降も、いろんな進展を見守るしかないです。




MMF関係

20190414-01.png

■MMF(米ドル・豪ドル)



米ドルMMF 直近一週間 年換算利率1.825%

こちらは、毎週2500円分を米ドルを少しづつ積み立てて、100ドルが手持ちに整い次第

100ドル単位で

MMFにあてています。

いやー人気がある・・ドル買いでついに112円台。

買えなくなり110円以下になるのを待とう・・

しかしかなり遠のいた感じ。

長期金利が上昇しているとうことは


円が売られるのかな・・でも

たとえドル売りでも、クロス円が上昇すると

単純に円安になりやすく・・なんだかな。

それでもやはり最後は奈落の109円→105円台が見られるか?

ここもクロス円次第でもありますね。


次に上げる豪ドル円、80円台半ばまで到達。南アフリカランド円も8.0円台に来たりするものだから

うーん。

2円〜3円下がるような悪材料が出現するかもしれませんが、ずいぶん可能性が低くなってきたかもです。

わからない。

いつだって後付けですんで。

現在平均購入単価は、110円あたりだと思います。

これも、願わくば長く積み立て続けていきたいと思っています。

豪ドルMMF 直近一週間 年換算利率1.188%


豪ドルも追加しています。これも同じく週に2500円ベースで毎月積み立てていきます。

こちらは順調です^^;

豪ドルは安定の80円台に戻ってきて・・ほんとに下がる気配が感じられないです。

景気減速は豪州にも影響は大きいのかと思いきや

最近の指標では貿易黒字も大幅に改善され、中国の指標も良かったようで

また原油や鉄鉱石の価格も上昇しているので買い・・しかし

うーん。どないでしょうか?

今後、76円〜74円、はたまた70円近くあたりを目指すのか・・それとも80円目指すのか?

仕込むにはよいかもですがむずかしいところなので、

淡々と外貨の積み立てに励みます。



はい一喜一憂することなく積み立て進めたいと思います。

まだまだ先は長い・・
20170429-01.png

【励みになります。】読んでいただいたらポチ願います↓↓

にほんブログ村


投資信託ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8723189
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
日和見まんぼうさんの画像
日和見まんぼう
40代から50代にまさに移行しつつあるおっさんです。 仕事を適当にしながら、50までには 投資でなんとか1000万円運用をめざしていきたいとおもいます。
プロフィール

新興国通貨を知り尽くせばFXはスゴく儲かる! (稼ぐ投資)

新品価格
¥1,705から
(2019/10/5 10:15時点)

最新記事
ファン