広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

銀行カードローンから即日融資が消える!?

近年、銀行カードローンの利用者が急増していますが、その流れが今年で止まりそうです。過去、銀行カードローンの人気の背景には以下のことなどがありました。


・最高金利が消費者金融より低い。
・貸金業法の総量規制(年収の1/3を超える貸付は不可)の適用を受けないため、消費者金融からの借入額に関わらず、自由に借入を申し込める。
・専業主婦でも借りられる。
・コンビニのATM手数料を無料で利用できる。
・100万円以下なら収入証明書が要らない。
・大手銀行では即日融資にも対応できる(現在は不可)。
・信用が大きい。


そのような人気の高い銀行カードローンが問題視されたのは、過剰貸付が発生しているからです。過剰貸付の要因は「総量規制」の適用外にあります。


例えば、年収300万円の人は全消費者金融からの借入残高が100万円になると、すべての消費者金融から1円の借入もできません。しかしながら、銀行カードローンは総量規制が関係ないことから、そのような人にいくら貸付をしようが法律違反にはなりません。


そのためか、銀行カードローンの貸付は野放しのようになっており、2017年9月に行政(金融庁)がそこにメスを入れました。


ネット銀行の自動入金サービスの上手な活用法とは?

ネット専業銀行のサービスの中には都市銀行より優れているサービスがいくつかありますが、その一つが「自動入金サービス」です。自動入金サービスというのは、自分の保有している銀行口座から指定した時期に依頼した銀行が自動的にお金を引き出して依頼銀行の口座に入金してもらえるサービスです。つまり、口座振替の逆のパターンと言えます。

例えば、口座振替は依頼した銀行が指定期日に指定銀行に指定金額を移すものですが、自動入金サービスは依頼した銀行が指定期日に指定銀行から指定金額を引き落として依頼銀行の口座に入金します(名義が同一であることが条件)。

東京スター銀行スターカードローンの審査・口コミ・評判

東京スター銀行スターカードローン

今人気の銀行カードローンから新たなカードローンが登場!東京スター銀行のスターカードローン!金利は年率4.5%〜14.6%(保証料含む)、限度額10万円〜500万円以下となっており、銀行カードローンでも屈指の高スペックとなっています。


昨今、銀行カードローンの貸付残高は増え続けている中、多くの人は低金利を求め、消費者金融から銀行カードローンへ申し込みをシフトしています。消費者金融と銀行カードローンはそれぞれに特徴・メリットがあり、消費者金融は銀行カードローンに比べ審査スピードが早く、申し込み当日の即日融資も可能な点が秀でたメリットでした。


しかし、今の銀行カードローンは消費者金融同等の審査時間、即日融資可能なカードローンも出てきており、スピードであまり変わらなくなった今、カードローンを借りるメリットは圧倒的に銀行カードローンにあるといえる状態になっています。


今回は新しく東京スター銀行から登場したスターカードローンの審査・特徴・メリットについて詳しく説明していきます。インターネット上の口コミ評判についても調査していきます。


(最終更新日:平成31年1月10日)


りそなプレミアムカードローンは金利が安い!

りそな銀行カードローン

今のカードローン市場は銀行カードローンを筆頭に低金利化が進んでいます。貸金業法改正に伴い、消費者金融などの貸金業者と銀行は同じ金利帯で営業をしていますが、金利だけを比較すれば、圧倒的に銀行カードローンの方が金利が安くなっています。


そして、銀行には年収3分の1の総量規制は適用されない総量規制対象外となることで、カードローンの需要は消費者金融から銀行カードローンへシフトしている状態です。消費者金融はスピード審査と、即日融資可能が大きな特徴となりますので、今すぐに借りたい人や、早急に借入したい人などは消費者金融へ申込みすることをおすすめしますが、ある程度借入日まで余裕がある人は、低金利の銀行カードローンへ申込みした方が利息は安くなるのは確実です。


銀行カードローンの多くは、その銀行の普通預金口座を開設しなければならない条件がデメリットとしてあります。オリックス銀行カードローンや、三井住友銀行は口座開設不要で借入ができますが、口座開設不要な銀行カードローンよりも、口座開設必要な銀行カードローンの方が低金利となっている傾向があり、金利を最重要視するのであれば、口座開設が必要でも申込みした方がお得に借りることができるのです。


今回は金利3.5%〜12.475%の低金利で借りれる、りそなプレミアムカードローンについて書いていきます。


(最終更新日:令和1年7月12日)


イオン銀行カードローンが高スペックで登場!

イオン銀行カードローンLPキャプチャ450.jpg

今の無担保・無保証の消費者ローン市場の主役は銀行カードローンです。過去記事で書きましたが、以前まで主役だった、消費者金融・クレジットの貸付残高は法改正と、過払い金請求、総量規制により激減している中、消費者金融等の貸金業者が保証している銀行カードローンの保証残高は3兆円を超えており、キャッシング市場の中心は銀行カードローンとなっています。


消費者金融は過払い金返還請求により過去の利益を大幅に返還したうえ、改正貸金業法にて総量規制の導入、上限金利の引下げにより経営困難となる会社が続出し、中堅・中小・零細の消費者金融はほとんどが倒産・廃業でなくなり、今残っているのは銀行系の大手しかいない状況です。


そのような消費者金融が厳しい中、銀行カードローンは個人向け融資商品に力を注ぎ、大手消費者金融・クレジット・信販等の保証が付くことで、新しい銀行カードローンが続々と出てきている印象があります。


銀行カードローンは消費者金融と比較して、金利が断然に低く、限度額も高い。しかし、審査スピードや即日融資に関しては消費者金融の方が早く、金利で選ぶなら、銀行カードローン、スピードで選ぶなら消費者金融と分かれています。


銀行カードローンと消費者金融にはそれぞれにメリットと特長があり、それぞれの利点を知った上で申込みする事が自分に合った最適なカードローンにつながることなのです。


今回はイオン銀行カードローンの新商品、イオン銀行カードローンについてご紹介します。銀行カードローンの中でも低金利と言えるその内容はおすすめのカードローンと言えます。


(最終更新日付:平成29年5月1日)


収入証明書300万円以下は不要!三井住友銀行カードローン

収入証明書不要オリックス銀行カードローン

消費者金融等の貸金業者は2010年6月に総量規制が導入され、原則年収の3分の1までしか貸付ができなくなりました。それに伴い、年収を証明する書類として、所得証明書などの収入証明書が審査で必要になる場合があります。


貸金業法では、貸付が50万円を超える場合又は、他の貸金業者と合わせた貸付が100万円を超える場合は必ず年収を証明する書類を提出するように義務付けられました。


年収を証明する書類としては、法令上以下の書類が定めれれています。
(1) 源泉徴収票(直近の期間に係るもの)
(2) 支払調書(直近の期間に係るもの)
(3) 給与の支払明細書(直近の2カ月分以上(地方税額の記載があれば1カ月分)のもの)
(4) 確定申告書(直近の期間に係るもの)
(5) 青色申告決算書(直近の期間に係るもの)
(6) 収支内訳書(直近の期間に係るもの)
(7) 納税通知書(直近の期間に係るもの)
(8) 納税証明書(直近の期間に係るもの)
(9) 所得証明書(直近の期間に係るもの)
(10) 年金証書
(11) 年金通知書(直近の期間に係るもの)
※上記(4)から(9)の書類については、複数年分の事業所得を用いて年収を計算する場合には、その複数年分の書類が必要となります。


ここでのポイントとして、給料明細(直近2か月分以上)でもその12ヵ月分で年収を計算しますが、給料明細のみだとボーナス分が加算されない為、実際の年収よりも少なくなってしまい、1/3の計算をするうえで不利になりますので、ボーナスがある人は源泉徴収票や所得証明などを提出した方が有利になることです。


しかし、いつも普段から直近の源泉徴収票や所得証明を持っている人は少なく、審査で提出が必要になった場合、すぐに出せなければ審査結果は保留となり、借入を急いでいる人にとっては大きな障害となってしまいます。その場合は総量規制対象外の銀行カードローンへ申込みすることをおすすめします。


今回は銀行カードローンが一定条件で収入証明書不要の理由と、収入証明書不要の金額としてはNo.1の三井住友銀行カードローンについて書いていきます。


(最終更新日付:平成29年3月30日)


愛知県・静岡県で銀行カードローンを選ぶなら

sizugin.jpg

銀行本体が貸付する銀行カードローンは貸金業法の年収3分の1を超える貸付を禁止とした「総量規制」の対象外となることから、ここ最近人気のカードローンになっています。


銀行が個人向け融資に本格参入したことで、カードローンの人気はスピードが早い消費者金融から低金利の銀行へシフトしてきています。


銀行カードローンは大手メガバンクのカードローンから、地方銀行のカードローンまで種類は多くありますが、地方銀行のカードローンでも金利・限度額は大手銀行と比較しても遜色無く、むしろ地元銀行のカードローンの方が利用者も親しみがあり、地元ATMも多いことから、地方銀行カードローンは今おすすめの銀行カードローンと言えます。


地方銀行カードローンでは全国的に融資を行っていることはあまり無く、本社の近隣の県在住者を対象としているケースが多いですが、今回ご紹介する静岡銀行カードローン【セレカ】は現在全国対応のカードローンとなっています!その為、メガバンクのカードローンと同様の高スペック銀行カードローンが静岡銀行で利用可能と言うことになります。


今回は静岡銀行カードローン【セレカ】の特長と商品のご紹介をします。


(最終更新日:平成29年3月30日)


オリックス銀行カードローン審査と評判・特徴

総量規制導入後の評判のカードローンとして、銀行本体が直接貸付している銀行カードローンがあります。銀行カードローンは消費者金融に比べ、低金利と銀行の信頼感によって非常に人気になっています。


その銀行カードローンの中でも今評判なのはオリックス銀行カードローンです。今回はオリックス銀行カードローンの審査と評判・特徴について書いていきたいと思います。


(最終更新日:平成29年11月17日)


銀行カードローンの比較と特長

ce5655b9df93894a34131192c45f2a70_s.jpg

総量規制導入以降、銀行カードローンは最も注目されているカードローンと言っても過言ではありません。2010年6月18日に貸金業法は完全施行となり総量規制が導入、貸金業法の適用となる、「消費者金融」「クレジットカードのキャッシング」「信販のキャッシング」は年収の3分の1以上貸付は原則禁止となりました。


銀行は貸金業者ではないことから、当初は融資の規制は関係ありませんでしたが、2017年に銀行による過剰貸付が問題となってから、銀行カードローンも消費者金融同様に貸付を年収の3分の1までとする自主規制ルールを打ち出したことで、日本では実質無担保・無保証では年収の3分の1までしか借金はできなくなりました。

銀行カードローンの特徴はグループ会社や子会社の貸金業者が保証会社となり融資するケースがほとんどです。銀行カードローンを借りるにあたって重要なことは、保証会社の審査が通るかどうかになります。


銀行カードローンは銀行本体の融資の為、審査が厳しいイメージがあるかもしれませんが、実際は保証会社の審査次第とも言えるのです。


主に消費者金融やクレジット会社が保証会社となっている場合が多く、そう考えた場合、多少なりとも審査基準は違ってきませんか?保証会社の審査が通るのであれば銀行カードローンの融資を受けることはかなり確率が高いとも言えます。


今回は銀行カードローン比較として、金利・限度額はもちろんのこと、保証会社も検討の材料とすることで、お申込みの参考になれば幸いです。


(最終更新日:平成30年11月1日)


ブライダルローン 結婚費用の借入


人生の特別な日となる結婚。その為には結婚式場の予約から入り、披露宴代・婚約指輪(結婚指輪)・新婚旅行代などなど、かなりの費用がかかるものです。予め資金計画を立てて準備をするのが大部分の人かもしれませんが、予定通りではなく早めに結婚式をしたい。又、予定を前倒しして結婚式をしなければならないなど、人それぞれに様々な事情が出てきます。


そんな時、真っ先に考えるのは費用の問題だと思います。結婚式は参加者のご祝儀である程度のお金は戻ってきます。ですから親や身内に費用を借りることができれば一番良いのですが、身内にも頼ることができない。しかし事情があってどうしても結婚式をしたい場合、「ブライダルローン」を利用することも1つの方法です。

今回は楽天銀行の目的型ローンブライダルをご紹介します。


(最終更新日:平成30年11月1日)


<< 前へ     >>次へ
おすすめランキングBEST10

※当サイトの申込件数を元に作成したランキングです。

オリックス銀行

金利1.7%〜17.8%!業界最低水準の低金利!


アコム

安心の大手銀行系消費者金融!30日間無利息有


プロミス

消費者金融満足度No.1!最短1時間融資が可能!


SMBC
モビット

モビットのWEB完結は郵送なしで借りれる!


みずほ銀行
みずほ銀行カードローン

おすすめ銀行カードローン!


三井住友銀行
カードローン
191121_af_120x60.jpg

金利年4.0%〜14.5% CMでおなじみ!


静岡銀行

地方銀行カードローン人気No.1!


アイフル

アイフルなら誰にも知られずカードが作れる!

プロフィール

piropiro
はじめまして(・∀・) 現役消費者金融マンです。国家資格の貸金業務取扱主任者持っています。 消費者金融の審査基準・借りれる金融会社紹介・債務整理中でも融資可能な会社など消費者金融の裏側までリアルに書いていきます。弁護士・司法書士との過払い返還交渉や任意整理交渉についての現状などもお知らせします。 問合せ先はvipchokotarou@yahoo.co.jp迄お願いします。
メールお問合せ先
ファン
免責事項
当サイトで掲載中の各企業の情報には細心の注意を払い、正確で有益な情報提供ができるよう心掛けています。
しかし、審査の可否も含めて最終的な内容までをも保証するものではありません。お申込みに際しては利用者の方々それぞれの責任でご自身の判断の下で必ず最終確認されますようお願いします。
また、当サイトのご利用により生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。