HOME > 消費者金融比較・金利比較・キャッシング比較 > 消費者金融金利が一番安いのは?

消費者金融金利が一番安いのは?


消費者金融で一番比較するのは金利だと思います。誰しもが一番安い金利で借りたいと思っていることは間違いありませんが、どこで借りれば金利が安く(低く)なるのか?それについてはなかなか分かりづらいことと思います。


なぜなら、消費者金融会社が設定する適用金利は、その人の内容(属性)や借入限度額によって違ってくるからです。例えば、審査で10万円しか限度額を設定できない人と、100万円以上の限度額を設定できる人では適用される金利は違って当然です。


一般的な考え方であれば、10万円〜50万円の限度額設定しかできない人であれば、適用される金利はその会社の上限金利(ほとんどが年率18%)となる可能性が高いです。逆に100万円以上の高額限度額が設定可能であれば適用される金利は限度額が増すごとに低金利となっていく傾向となります。


法律上でも10万円以上100万円未満は上限金利は18%ですが(10万円未満は20%)、100万円以上は上限金利が15%となり、3%下がることになります。


【貸金業法の金利上限】
・10万円未満...金利20%以下
・10万円以上100万円未満...金利18%以下
・100万円以上...金利15%以下
上記以上の金利の場合、刑事罰となります。


このように金利とはその人の信用度合=リスク度合を示している数字とも言えます。属性の内容のみではなく、取引後の支払状況、取引年数等により、信用度合は変化していき、取引が良好であることが、その人の1番の信用となるのです。信用が上がれば限度額を増やす、増額も可能となり金利も引き下がることは多々あります。


今回は消費者金融の金利について一番安いのは?この件に関して書いていきたいと思います。


(最終更新日:平成30年6月19日)

【目次】
1.消費者金融の金利は日割り計算!
2.一番安い金利よりも利用期間を考える!
3.短期の借入であれば無利息サービスが一番の低金利!
4.消費者金融で一番金利が低いのはプロミス!?
4.一番金利が安いのは銀行カードローン!


消費者金融の金利は日割り計算!

消費者金融利息計算画像

ます、一番肝心なことですが、消費者金融の利息は日割り計算となっています。


前回の支払日翌日から次回支払日迄の経過日数で利息は決まります。途中で借入した場合は、借入前までの残元金の利息が未収利息として一旦計算され、追加借入後の残元金によって、再度日割り計算で計算されます。


そして、未収利息と追加借入後の利息を合わせたものが次回支払日までの合計利息となります。消費者金融から借入したことがある人は知っていることですが、初めて借入する人は日割り計算となっていることは案外知らないものです。


【利息の計算式】
残元金 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数 = お利息


例えば、50万円を実質年率18%で借入し、30日間利用した場合の利息は、
500,000円 × 0.18 ÷ 365 × 30 = 7,397円 となります。


100万円であれば、上限金利は15%以下となりますので、仮に実質年率15%だった場合、
1,000,000円 × 0.15 ÷ 365 × 30 = 12,328円 が利息となります。


【追加借入した場合の利息計算式】
(例)30万円を0.18%で10日間利用後に、追加で10万円借入した場合の1ヵ月(30日)の利息。
・300,000×0.18÷365×10=1,479円(未収利息)
・400,000×0.18÷365×20=3,945円(通常利息)
・1,479円+3,945円=5,424円


追加借入した場合の利息計算は、借入する前の残元金で一度未収利息を確定し、追加後の元金で通常利息を計算して、2つを合計したものです。


入金時の充当順位は未収利息が優先になりますので、未収利息→通常利息の順で充当されます。


一番安い金利よりも利用期間を考える!

Fotolia_70329058_XS.jpg

消費者金融から借入する人は、3年程度の分割で完済する人もいれば、借入と返済を繰り返し、5年以上取引を続ける人も多くいます。


逆に一括返済の人も少なくありません。長期間取引する人と1回〜3回程度で完済する人では金利(利息)の考え方も当然ながら変わってきます。


短期の借入であれば無利息サービスが一番の低金利!

例として、一般的に低金利とされる金利14.6%の銀行カードローンと、無利息がある18%の消費者金融を比較してみます。金利だけを見れば14.6%の方が利息が安いと思いますよね?


しかし、実際には2ヶ月程度の短期利用なら無利息がある消費者金融の方が低金利の銀行カードローンよりも支払利息は低くなるのです!


どちらも50万円を借入して、2か月後(60日後)に完済予定の場合。※1回目の支払は30日後に1万5千円支払することにします。


≪金利(実質年率)14.6%の場合≫

1回目の支払までの利息(金利)は、
50万円 × 0.146 ÷ 365 × 30日 = 6,000円 

1回目の支払(30日後)で1万5千円を支払するので、元金充当額は、
1万5千円 − 6,000円 = 9,000円 となり、残元金は491,000円

30日後の2回目の支払の利息は、
491,000円 × 0.146 ÷ 365 × 30 = 5,892円

一括完済するには491,000円 + 5,892円 = 496,892円 の入金が必要です。

2か月間の利息合計 = 6,000円 + 5,892円
= 11,892円


≪金利(実質年率)18%+30日間無利息期間有りの場合≫

1回目の支払までの利息(金利)は、
50万円 × 0.18 ÷ 365 × 30日 = 7,397円 

30日間無利息サービスで上記利息は0円!
1回目の支払(30日後)で1万5千円を支払するので、元金充当額は、
1万5千円がそのまま充当されることになり、残元金は485,000円

30日後の2回目の支払の利息は、
485,000円 × 0.18 ÷ 365 × 30 = 7,175円

一括完済するには485,000円 + 7,175円 = 492,175円 の入金が必要です。

2か月間の利息合計 = 0円 + 7,175円
= 7,175円


上記の2つのパターンを見れば分かるように、短期の利用であれば、金利が低い金融会社から借りるよりも、金利は高くても30日間無利息がある金融会社から借りた方が支払う利息は安く(低く)なることになります。


このように一概に金利が安いと言って即決断することは短期利用であれば逆にもったいない選択をすることとなってしまうのです。


これはあくまで2ヶ月間の短期的な利用での計算です。半年以上の期間で分割返済していくならば、当然金利が低いローンで借りた方が総支払金額は安くなります。


長期的な借入の場合は、先ほどの例で言えば金利14.6%の銀行カードローンの方で借りるべきなのです。


消費者金融で一番金利が低いのはプロミス!?

消費者金融
金利(実質年率)
プロミス
4.5%〜17.8%
アコム
3.0%〜18.0%
SMBCモビット
3.0%〜18.0%
レイクALSA
4.5%〜18.0%
アイフル
3.0%〜18.0%
ノーローン
4.9%〜18.0%

単純に大手消費者金融限定で比較すれば、一番金利が安いのはプロミスと言えます。実質年率4.5%〜17.8%となっており、他の消費者金融が上限金利18.0%なのに対し、プロミスは上限金利17.8%なので、多少低金利になっているのです。


尚且つ、プロミスはメールアドレス登録とWEB利用明細の登録によって、30日間無利息になりますので、無利息が無いモビット・アイフルと比べれば大手では一番利息発生が少なくなることになります。


またプロミスの場合、三井住友銀行ATMがいつでも手数料無料となっています!消費者金融を利用している人の多くが銀行やコンビニに設置してあるATMから借入・返済をすると思いますが、消費者金融では提携ATM利用時に108円〜216円のATM手数料が徴収されます。


プロミスATM手数料無料画像.jpg

5万円を10日間金利18.0%で借りた場合の利息が246円なのに対し、提携ATMから1万円超の借入・返済をした場合216円の利用手数料が取られるので、金利に換算すれば非常に高金利になってしまうのです。


消費者金融では提携ATMが無料になっているところがほとんど無いのが現実ですが、プロミスなら三井住友銀行のATMがいつでも無料なので三井住友銀行が近くにある人は、利用手数料の事も含めればプロミスが断然におすすめなのです。


プロミス
金 利限度額特徴・メリット
4.5%〜17.8%1〜500万円30日間無利息サービス有!

03.png【プロミスのおすすめポイント!】
借入日翌日から※30日間無利息!
金利4.5%〜17.8%限度額1〜500万円の消費者金融トップのスペック!
審査時間は最短30分!最短1時間融資も可能!
三井住友銀行ATM利用手数料は無料!
※30日間無利息はメールアドレス登録とWEB利用明細の登録が必要です。

プロミスの無利息は「借入日翌日」からのスタートです!


プロミスの最大のメリットは、メールアドレス登録とWEB利用明細の登録で30日間無利息サービスが受けられる点です。無利息のカードローンは、他にもアコムやレイクALSAがありますが、どちらも起点となる基準が「契約日」翌日からとなっているため、契約してから出金をせずに30日間経過してしまうと無利息ではなくなってしまいます。


その点、プロミスは「借入日」翌日から30日間無利息になっていますので、カードだけ作っておけば利用したいときに出金した日から30日間無利息になります!その為、アコム・レイクALSAとは違い、契約してから30日経過したとしても借入をしてなければ無利息期間は失効しません!


そして審査は最短30分のスピード審査で最短1時間融資も可能!消費者金融では全ての面においてトップと言えるキャッシング先です。


300-300-1h.jpg



プロミス公式サイトはこちら


レイクALSAなら2つの無利息から選べる!

レイクALSA
実質年率限度額特徴・メリット
4.5%〜18.0%最高500万円提携ATM手数料無料!

03.png【レイクALSAおすすめポイント!】
お借入れ額全額30日間無利息または、お借入れ額5万円まで180日間無利息!
消費者金融でも提携ATM手数料0円が無料!
審査結果は申込完了画面に表示なのですぐに分かる!
Web完結ならカードレス対応なので郵送物無しで借りれる!

レイクALSAは借入額全額を30日間無利息または、借入額5万円まで180日間無利息のどちらかを選ぶことができます。尚且つ、消費者金融でありながら提携ATM手数料が無料になっています。


銀行カードローンは提携ATM手数料無料なのが多いですが、消費者金融は有料になっていますので、返済や借入を行う都度、108円~216円の手数料が取られます。コンビニの提携ATMを頻繁に利用する人にとってATM手数料はバカにできない金額なのです。


レイクALSAならセブン銀行・ローソン・Enetのコンビニ提携ATMは無料です!そして審査結果は申込完了画面に表示されるので、結果の連絡を待つ必要もありません。Web完結カードレス対応になっていますので、自宅への郵送無しで借りることもできます。レイクALSAは全てを兼ね備えた新しい消費者金融です。


300x250.gif

レイク公式サイトはこちら


半年以上の借入なら高限度額の消費者金融がおすすめ!

短期借入ではなく、毎月分割で返済する場合は当然金利が安い、低金利の金融会社から借入した方がお得になります。そして、その中でも最高限度額が高い消費者金融を選ぶことをお勧めいたします。


その理由としては、冒頭で書いたように借入金利は限度額が上がるにつれて低くなる傾向にあります。銀行カードローンでは限度額ごとに金利設定されている為、適用金利が分かりやすいですが、消費者金融会社ははっきりと限度額ごとの適用金利が書いていないのが多いのです。


しかし、最高限度額が高い消費者金融ほど、最低の下限金利は低くなっていることが多いことは、はっきりしており、取引後の増額等で金利を安くしたいのであれば高限度額の会社をお勧めします。


オススメ【最高限度額800万円!消費者金融最大手のアコム】

アコム
金 利限度額特徴・メリット
3.0%〜18.0%最高800万円正式審査回答最短30分!

03.png【アコムのおすすめポイント】
正式審査回答まで最短で30分!即日融資対応はNo.1!
金利3.0%〜18.0%限度額最高800万円の高スペック!
三菱UFJフィナンシャルグループの安心感!
契約日から30日間金利0円!無利息あり!




アコム公式サイトはこちら


text024_01.png【人気カードローンならSMBCモビットがおすすめ!】

SMBCモビット
金 利限度額特徴・メリット
3.0%〜18.0%最高800万円PC・スマホからWEB完結

03.png【SMBCモビットのおすすめポイント!】
モビットWEB完結ならカードレスの為、書類は一切郵送なし!
実質年率3.0%〜18.0%限度額最高800万円で頼れるローン!
三井住友銀行グループのSMBCモビットで安心感は抜群!
平日14:50までに振込手続き完了で最短即日融資も可能!(審査によっては不可もあり。)

モビットが人気の理由の1つに、WEB完結で電話連絡・郵送物なしで借りれることが挙げられます。カードローンではネットから契約までできるWEB完結が主流ですが、デメリットとしてカードだけは自宅へ郵送されてしまう点があります。


しかし、モビットのWEB完結はモビットカードの発行がありません(カードの有無を選択できる)ので、自宅へ書類などの郵便物は一切無く借入が可能なんです!キャッシングをするのに1番の不安要素は配偶者や家族に借入がバレてしまうことです。


バレる原因はキャッシング会社から来る郵便物が圧倒的に多いので、モビットのWEB完結を上手に利用することで誰にも知られずに借入をすることが可能となります!




モビット公式サイトはこちら


一番金利が安いのは銀行カードローン!

無利息サービスを除外した場合、一番金利が安くなるのは銀行カードローンとなります。


カードローン
100万未満の金利
銀行カードローン
12.0%〜17.8%
消費者金融
17.8%〜18.0%

消費者金融では100万円未満は借入金利18%が多いですが、銀行カードローンは100万未満でも15%以下の金利が設定される可能性があります。無利息などは考えずに、ただ単に金利のみで考えるのであれば銀行カードローンへお申込みすることをお勧めいたします。


※銀行では即日融資が禁止になりました!
2018年より銀行カードローンでは反社会的勢力への融資を避けるために、警察庁へのデーターベース照会が必須となりました。
警察庁からの回答が最短でも翌日以降になることから、銀行カードローンが即日融資をすることはできなくなりました。これによって、今まで下降路線だった消費者金融がまた脚光を浴びることになりそうです。


オススメ【銀行カードローン人気No.1で選ぶならオリックス銀行!】

オリックス銀行LPキャプチャ20170817450.jpg
オリックス銀行カードローン
金 利限度額PR ポイント
1.7%〜17.8%最高800万円下限金利最低1.7%!

03.png【オリックス銀行カードローンのおすすめポイント!】
金利1.7%〜17.8%の業界最低水準の低金利で借入が可能!
限度額最高800万円!口座開設は不要!
提携ATM手数料終日無料!利便性はNo.1!

コース
ご利用限度額
借入利率(年)
800万円コース
700万円超800万円以下
1.7%〜4.8%
700万円コース
600万円超700万円以下
3.5%〜5.8%
600万円コース
500万円超600万円以下
500万円コース
400万円超500万円以下
4.5%〜8.8%
400万円コース
300万円超400万円以下
300万円コース
200万円超300万円以下
5.0%〜12.8%
200万円コース
150万円超200万円以下
150万円コース
100万円超150万円以下
6.0%〜14.8%
100万円コース
100万円
100万円未満コース
100万円未満
12.0%〜17.8%

オリックス銀行カードローンの魅力は、100万円未満コースでも金利が12.0%〜17.8%設定になっており、最低金利12.0%で借りられる可能性もあることです。
カードローンの利用者の多くが限度額100万円未満となっており、そのことから金利を安く借りるならば100万円未満の金利設定を見ることが重要と言えます。


注目オリックス銀行なら提携ATM手数料が無料!

オリックス銀行提携ATM4502017.11.17.jpg

オリックス銀行カードローンの最大のメリットとも言えるのは提携ATM手数料が終日無料となっている点です!消費者金融の場合、コンビニに設置してある銀行ATMから借入や返済をすると、取引金額によって108円〜216円のATM手数料が取られます。


多くの人が借入・返済するのはコンビニに設置してある銀行ATMや最寄りの銀行等の金融機関だと思いますが、借入・返済をするたびに108円〜216円のATM手数料がかかるのは非常に勿体ないことで、多い人は月2,000円以上の手数料を払っているケースも珍しくありません。


オリックス銀行の場合、セブン銀行・ローソン・Enetのコンビニ提携ATMはもちろん、イオン銀行・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・西日本シティ銀行の提携金融機関ATMも終日無料となっており、カードローンの中でも提携ATM台数はトップクラスとなっています!


さらにオリックス銀行普通預金口座は必要ありませんので、銀行口座開設の手続きもありません。
銀行カードローンで選ぶなら今オリックス銀行カードローンが断トツおすすめと言えます。




オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら


【銀行で知名度抜群なのは三菱UFJ銀行カードローン!】

三菱UFJ銀行カードローンバンクイック
金 利限度額特徴・メリット
1.8%〜14.6%※最高500万円知名度No.1銀行カードローン

03.png【バンクイックのおすすめポイント!】
金利1.8%〜14.6%!10万円以上100万円以下は金利13.6%〜14.6%!
※テレビ窓口ならその場でカード発行可能!
全国の提携コンビニATM手数料0円!
※発行されたカードは、発効日の翌営業日以降、審査の結果により利用可能。

【バンクイックの限度額ごとの金利】

400万円超500万円以下300万円超400万円以下200万円超300万円以下100万円超200万円以下10万円以上100万円以下
年1.8%〜年6.1%年6.1%〜年7.6%年7.6%〜年10.6%年10.6%〜年13.6%年13.6%〜年14.6%

上記の表を見ても分かる通り、注目は利用限度額100万円以下の金利です。消費者金融やクレジット会社のカードローンでは100万円未満の場合18%が多い中、三菱UFJ銀行カードローンは10万円以上100万円以下は年利13.6%〜14.6%!


最高金利の上限金利でも年利14.6%となります。そして、200万円超から下限金利は1桁台になり、最高限度の500万円では下限金利の年利1.8%が適用される場合もあります!


※利率は変動金利です。
※平成29年3月27日以降にご契約のお客さまの適用金利です。それ以前にバンクイックをご契約のお客さまの適用金利は、本金利と異なる場合があります。


バンクイックが低金利と言われる所以は、上限金利14.6%だけでは無く、10万円以上100万円以下の金利が13.6%〜14.6%になっている点です。10万円台から最低金利が13.6%になっていることで、消費者金融の18.0%と比較すればかなり低金利なのです!


単純にバンクイックで60万円を13.6%で借りれた場合と、消費者金融より60万円を18.0%で借りた場合、1か月間(30日間)の利息は、2,170円も違ってきます。


消費者金融では10万円〜100万円以下は同じ金利ですが、バンクイックなら10万円以上100万円以下までの金利が最低13.6%となっていますので、低金利で借りたいならば、バンクイックから借りることがおすすめなのです。


※【テレビ窓口営業時間】
(設置場所がATMコーナー)
平日:9時~20時
土日・祝日:10時~18時
日曜:10時~17時

(設置場所がロビー)
平日:9時~15時
土日祝日:受付不可
※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。




三菱UFJ銀行カードローンバンクイック公式サイトはこちら


低金利と審査スピードなら三井住友銀行へ!

三井住友銀行カードローン公式キャプチャ.jpg

三井住友銀行カードローン
金 利限度額特徴・メリット
4.0%〜14.5%最高800万円口座開設不要で利用OK!

check三井住友銀行カードローンの金利表
契約極度額100万円以下100万円超
200万円以下
200万円超
300万円以下
300万円超
400万円以下
借入利率年12.0%〜14.5%年10.0%〜12.0%年8.0%〜10.0%年7.0%〜8.0%

契約極度額400万円超
500万円以下
500万円超
600万円以下
600万円超
700万円以下
700万円超
800万円以下
基準金利年6.0%〜7.0%年5.0%〜6.0%年4.5%〜5.0%年4.0%〜4.5%

03.png【三井住友銀行カードローンのおすすめポイント!】
金利4.0%〜14.5%で上限金利は14.5%の低水準!
限度額最高800万円!自動契約機も多数設置有!
三井住友銀行口座不要で利用OK!

金利が低い銀行カードローンを選ぶなら、本命はやはりメガバンクのカードローンが信頼感は高いでしょう。メガバンクの中でも低金利と審査スピードが秀でているのは三井住友銀行カードローンとなります。


金利は4.0%〜14.5%で、最高金利でも14.5%と銀行ならではの低金利となっており、ローン契約機を利用すれば即日カード発行ができますので、急ぎの方でも大丈夫です!


そして三菱UFJ銀行と同じく、銀行口座開設は不要!全ての面で最高スペックなのが三井住友銀行カードローンの魅力です。(※専業主婦は融資不可となっています。)


AF_300・250.gif

三井住友銀行カードローン公式サイトはこちら


上限金利14.0%でトップの低金利はみずほ銀行!

みずほ銀行カードローン
金 利限度額特徴・メリット
年2.0%〜14.0%最高800万円上限金利年14.0%の低金利!

03.png【みずほ銀行カードローンのおすすめポイント!】
金利年2.0%〜14.0%で事業性資金以外は使途自由!
限度額最高800万円は全カードローン最大級!
カードローン利用で※ATM時間外手数料や振込手数料が無料に!
みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる方は、さらに金利年0.5%引下げ!(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。)
※時間外手数料や振込手数料無料は、みずほ銀行本支店宛の場合です。
※コンビニATM時間外手数料・ご利用手数料・振込手数料(他行宛)は月4回まで無料です。

みずほ銀行の口座を持っている人は、みずほ銀行カードローンがおすすめです。限度額最大800万円はカードローンでもNo.1ですので、事業資金以外であれば様々な使途に利用することができます。


多少のデメリットとして、借り入れ条件にみずほ銀行口座が必要となります。口座を持っていない人は、融資までに若干時間が必要ですが、他メガバンクの三菱UFJ銀行、三井住友銀行よりも上限金利が一番低く、全カードローンで見ても、上限金利年14.0%は低金利です。


みずほ銀行はキャッシュカードから借入ができますので、ローン専用のカードを持たなくてもOKです(ローン専用カードを選ぶことも可能です)。そのため、余分なカードを持つ必要が無く、内緒で借りる人には嬉しいサービスとなっています。


みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン公式サイトはこちら


返済の負担が少ないのは千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローンキャプチャ4502017.9.29.jpg

カードローンを選ぶとき、金利はもちろんですが、借入した後の返済についても負担が少ないかどうかは大きなポイントです。


よくあるのは、金利が低いのに、毎月の返済額が多いカードローンです。例えば50万円借りた場合、毎月の最低返済金額が2万円や2.5万円などのカードローンは、確かに残高の減りは早いのですが、月々の負担が大きく利用者にとっては精神的な不安材料になってしまいます。


消費者金融でも、プロミスで50万円の場合、最低返済額は13,000円、アコムで一定割合が3%の場合は15,000円となります。


一概に返済金額が低ければ良いと言うわけでもありません。それだけ元金入金が少なくなりますので、残高があまり減っていかないデメリットになるからです。しかし、これはあくまで「最低」返済金額なので、それ以上に支払いするのは全然問題ありません。


カードローンを利用していると、返済に余裕がある月と、厳しい月というのは誰にでもあることです。厳しい月に最低返済金額が低ければ精神的には非常に楽になります。


千葉銀行カードローンの場合、10万円以下は最低2,000円、20万円超30万円以下で最低6,000円、40万円超50万円以下で最低10,000円となっており、アコムに比べて5,000円も最低返済金額が少なくなっています。


50万円超100万円以下でも最低20,000円となっていますので、返済の心配をそこまですることも無く、安心して利用できるのが大きなメリットです。もちろん返済の負担が少ないだけではなく、銀行カードローンとしてのスペックは充分に高いローンとなっています。


千葉銀行カードローン
金 利限度額特徴・メリット
4.3%〜14.8%最大500万円返済負担が少ないから安心!

03.png【千葉銀行カードローンのおすすめポイント!】
最低返済金額は2,000円から!負担が少ないから安心!
銀行ならではの低金利!上限金利は14.8%!
コンビニATM・ゆうちょATMから利用もOK!

※千葉銀行カードローンは、千葉県・東京都・茨城県・埼玉県・神奈川県(横浜市・川崎市)にお住まい又はお勤めの方が融資条件となります。詳しくは公式サイトで確認してください。




千葉銀行カードローン公式サイトはこちら



消費者金融金利が一番安いのは?まとめ

ポイント画像.jpg

消費者金融だけの括りで考えれば、一番金利が安いのはプロミスです。


プロミスの上限金利は17.8%となっており、それ以外の消費者金融は18.0%です。しかしながら、0.2%の金利差はそこまで違いはありませんので気にしなくても良い範囲と言えるでしょう。


金利よりも気にした方がいいのは、無利息の有無です。今の大手消費者金融では新規契約時に30日間無利息サービスをしているのがほとんどです。


唯一モビットは無利息期間がありませんので、利息面だけを考えるならば、無利息があるプロミス・アコムを選んだ方がお得になります。


冒頭でも書きましたが、30日間無利息でも借入日からの無利息計算か、契約日からの無利息計算かによって使い勝手が変わってきます。借入日から計算のプロミスの方が利用者にとってはありがたいでしょう。


あくまで消費者金融にポイントを当てて説明しましたが、金利を1番に考えるならば、銀行カードローンの方が圧倒的におすすめです。


但し、金利が低いのはそれだけ審査が厳しくなります。カードローン1社申込するごとに信用情報に記録が残り、あまりに申込が多いと借入が不利になります(申込ブラックと言われています)。


それらの事も考慮して申込先を決めるのことが重要になります。


300-300-1h.jpg

プロミス公式サイトはこちら




関連記事
みずほ銀行カードローンの審査と特徴を大手と比較してみる
利息を下げる方法!借り換えローンの威力
プロミス瞬フリのメリット!【24時間振込キャッシング】
カードローン借り換えなら低金利で!
利息無料!金利0円のカードローン
銀行カードローン審査は厳しい?借りれる?借りた人
キャッシング年収借入限度額はいくら?総量規制の計算







この記事へのコメント

   
おすすめランキングBEST10
オリックス銀行

金利1.7%〜17.8%!業界最低水準の低金利!


アコム
アコム2017.3.16.gif

安心の大手銀行系消費者金融!30日間無利息有


プロミス

消費者金融満足度No.1!最短1時間融資が可能!


SMBC
モビット

モビットのWEB完結は郵送なしで借りれる!


みずほ銀行
みずほ銀行カードローン

上限金利年14.0%の低金利カードローン!


三井住友銀行
カードローン
AF_120・60.gif

金利4.0%〜14.5% CMでおなじみ!初心者も安心


静岡銀行

地方銀行カードローン人気No.1!


アイフル

アイフルなら誰にも知られずカードが作れる!


【広告】
プロフィール

piropiro
はじめまして(・∀・) 現役消費者金融マンです。国家資格の貸金業務取扱主任者持っています。 消費者金融の審査基準・借りれる金融会社紹介・債務整理中でも融資可能な会社など消費者金融の裏側までリアルに書いていきます。弁護士・司法書士との過払い返還交渉や任意整理交渉についての現状などもお知らせします。 問合せ先はvipchokotarou@yahoo.co.jp迄お願いします。
メールお問合せ先
ファン
免責事項
当サイトで掲載中の各企業の情報には細心の注意を払い、正確で有益な情報提供ができるよう心掛けています。
しかし、審査の可否も含めて最終的な内容までをも保証するものではありません。お申込みに際しては利用者の方々それぞれの責任でご自身の判断の下で必ず最終確認されますようお願いします。
また、当サイトのご利用により生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いかねます。