広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年02月17日

更年期症状を軽減させる方法:白井田七。かめ

女性ホルモンの低下により、イライラや火照り、だるさ、異常な発汗、動悸、めまい、肩こり、腰痛、などの不快な症状が出現します。
閉経後の女性は、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下することにより、このような様々な症状が起こるのです。


病院に行っても、「更年期ですね」「とりあえず薬を出しておきますね」などと、不定愁訴として扱われることがほとんどです。
実際に薬をもらっても、症状を押さえつける対処療法しかできず、結局のところ原因は取り除けないことがほとんどです。

むしろ、薬に頼りきってしまうと、薬は有害化学物質であり交感神経を優位にしますので血流が悪くなりその他の病気を招きかねません。


そう考えると、処方される薬を長く続けていくのは気が重くなります。

157332.jpg




そこで、これらの症状を軽減させることとは出来ないのでしょうか。
更年期の症状は、加齢によるエストロゲンの減少が原因のため、完全に防ぐことは難しいのが現状です。
しかし、早めに対処することで、症状を予防・軽減できることもあります。
日常生活の中でできる更年期障害の予防法には次のようなものがあります。


●生活習慣の見直し
更年期の症状は、エストロゲンの減少によるホルモンバランスの乱れが自律神経にも影響することで起こります。
そして食生活の乱れも、自律神経のバランスを乱す原因になります。甘いものや脂っこいものばかり食べるなど、偏った食事をしていませんか?更年期障害の予防には、栄養バランスのよい食生活が重要です。
また、生活習慣の乱れはありませんか?早寝早起きの習慣のつけて、無理のない生活を心がけることで、ホルモンバランスが乱れることを防ぎましょう。


●ビタミン群の摂取
かぼちゃなどの緑黄色野菜やナッツ類に多く含まれるビタミンEには血液循環を促し、ホルモンバランスを整える働きがあります。
更年期障害の症状であるほてりやのぼせを和らげる効果が期待できます。
また、ビタミンB1には、自律神経のバランスを整える働きがあります。
ビタミンB1は豚肉やレバーなどに多く含まれています。
また、ニンニクやニラに多く含まれるアリシンは、ビタミンB1の吸収を高めてくれるので、一緒に摂ることでより効果が期待できます。
食事内容にも気をつけましょう。


●適度な運動
更年期障害の緩和に有効な運動は、ウォーキングや水泳などの「有酸素運動」です。
有酸素運動は自律神経によい影響を与え、呼吸器や循環器などの内臓の働きを活発にします。
また、運動によって快適な睡眠が得られ、心身のリフレッシュにもつながるため、無理のない範囲で習慣づけるようにするとよいでしょう。



●漢方の力を借りる
日常生活を気を付けていても、なかなか症状が改善されずに辛い、という場合は、漢方やサプリメントなどの体に優し
い方法で、ホルモンバランスを整える手助けをしましょう。
田七人参には、注目のめぐり成分である、サポニンが豊富に含まれており、女性に嬉しい成分フラボノイドや、リラックス成分ギャバなどが豊富に含まれています。
田七人参は女性の巡りを徹底サポートしてくれる漢方薬として、利用され、注目されています。

この注目の田七人参が含まれ、さらに黒酢や美容成分まで配合されたサプリメントが、
「白井田七。かめ」
です。初回57%オフで購入できるので、試してみる価値はありそうです!






→「白井田七。かめ」初回購入はこちら



プロフィール
るるさんの画像
るる
病気を治すのは自分自身の免疫力です。 自分の体を見つめなおし、病気の原因となる生活習慣や食生活を見直し、必要な栄養を取り入れていきましょう。 ここでは、難病を克服した自身の体験をもとに、病気にならない生活習慣を紹介します。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
ファン
リンク集
ノキシジル
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。