広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

米国住宅市場の回復の兆候


フィスコライブコメント
中国人民銀行のクリスマスプレゼント:利上げ+0.25%/為替市場今日のポイント
2010/12/27 07:42

から引用。

米国の不動産市場に対する悲観論者達が、マンハッタンの高級住宅を購入したこと
が話題になっており、米国住宅市場の回復の兆候ではないかと見なされている。
ルービニNY大学教授は、2006年9月の国際通貨基金総会で、米国の住宅バブルが崩
壊して金融危機の嵐が世界を襲う、と警告し、ドクター・ドゥーム(破滅を予言した
男)の異名をとったが、最近、マンハッタンの高級マンション(550万ドル)を購入し
た。
住宅バブルの崩壊で150億ドルを稼いだといわれるジョン・ポールソン氏も、マン
ハッタンの高級マンション(285万ドル)を購入。彼が米国の住宅バブルの崩壊を予想
して、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)への投資を勧誘していた時、「米
国の住宅市場が崩壊するのなら、どうして誰もCDSに投資していないのか?」、「そ
れほど儲かる可能性のある商品をどうして人に勧めるのか?」と断られていた。投資
の王道は、「人の行く裏道に道あり花の山」なのである。

中国、追加利上げ=0.25%、インフレ抑制に本腰

中国、追加利上げ=0.25%、インフレ抑制に本腰

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101225-00000067-jij-int

時事通信 12月25日(土)19時24分配信

 【北京時事】中国人民銀行(中央銀行)は25日、1年物定期預金金利と貸出基準金利を、いずれも0.25%引き上げると発表した。26日から実施する。中国の利上げは今年10月以来。
 引き上げ後の基準金利は定期預金が2.75%、貸出が5.81%となる。1年物以外の預金、貸出の基準金利についても、期間の長短に応じて異なる幅で引き上げた。中国では、中央銀行が市場金利を誘導する先進国のような金融政策は採用されていないため、当局が直接、預金や貸出の基準金利を操作する。
 中国では天候要因や国際穀物相場の上昇に押し上げられ、食品価格が高騰。11月の消費者物価指数(CPI)の上昇率は前年同月比5.1%に達し、インフレ懸念が強まっている。 

ユーロ円概観、週足ブレイクするか?

ユーロ円、終値108.70

月足、下方ブレイクして急落した後のもみ合いが続いている。

週足、非常に不自然な形になっていて、シッポが生えたようになっている。

日足、雲のねじれの位置で反落。下方ブレイクした。週足も同じような形になるかどうか。

4時間足、ものすごい勢いで滑り落ちている。

ユーロ円
月足、日足
週足、4時間足

ドル円概観、もはやこれまでか

ドル円、終値82.88

月足、順調に下落を続けている。

週足、一旦破られた長期トレンドラインに絡む動きになっている。雲のねじれで少し反発したものの、ここまでか。

日足、レンジでのもみ合いになっているが、雲のねじれの位置で短期上昇トレンドラインを明確に割った。

4時間足、トレンドライン割れと同時に下方ブレイク。週明け、下落継続すれば決定的に下げる。

ドル円
月足、日足
週足、4時間足

メタトレMAX-


メタトレMAX-カリスマ投資家 山本有花

ポンド円、ポンドドルの1分足を使うようだ。
17種類のインジケーターを駆使して、売買サインをMT4に表示するらしい。
これは、結構すごいかも。
Q&Aが面白い。
山本有花さんのビシッとした物言いは説得力がある。



ポンド円概観、崩落するか?

ポンド円、終値127.97

月足、順調に下落中。

週足、フリーズ状態でジリジリと下落を続けていて、また−2σにトライ。今度こそブレイクするかどうか?

日足、大きく波打っている。あまり収束していない状態からなし崩しに下方ブレイク。今回は雪崩的に急落している。どこまで行くか?

4時間足、2週間、一方的に崩れ続けた。どこまで続くのか見物しよう。

ポンド円
月足、日足
週足、4時間足

ユーロドル概観、まず下に行くだろう。

ユーロドル、終値1.3116

月足、雲から転落して−1σで止まったものの長い上ヒゲを伸ばしている。2002年2月を始点とする長期トレンドラインに絡んだ動きになっているが、このラインに抑えられた。

週足、雲の中を下落中。ボリンジャーバンドは水平に広がっていて、−1σに接近している。6月から始まる上昇トレンドラインを割った。

日足、かなり収束して来ている。−2σに接近している。雲のねじれは通過した。下方ブレイクしそうに見えるが・・。さもなくば、ダブルボトムになって反発することになるが・・。上にはレジスタンスが目白押し。

4時間足、スクィーズ。下げ渋っているようにも見えるが、単に相場が薄くなっただけのことか。クリスマス明けには本格的に動き出すかも。週明け、スタートダッシュになるかも。来週は、雲がどんどん厚くなり、益々頭が重くなりそうだ。

ユーロドル
月足、日足
週足、4時間足

「メタトレーダーウェブ」

ユーロフラン・面白い

ユーロ/スイスフラン、現値1.2611

この通貨ペアはこのところ話題になっているので、ちょっと見てみた。
なかなか面白い。
トレンドがはっきり出ているので分かりやすい。
現在、利食いの買い戻しが出ているらしく、ちょっと戻している。
短期の三角持ち合いになっている。

4時間足を見ると、一方的な急落中。戻りはチャンスだ。

ユーロフラン・4時間足


1時間足を見ると、下落スピードが加速した後、急反発したところ。
この反発がどこまで行くか。

ユーロフラン・1時間足


15分足を見ると、昨日から始まった短期の上昇トレンドラインをいつ破るかが問題。そこがチャンス。

ユーロフラン・15分足

Maestro FX


Maestro FX

佐野さんの新商材。
これは素晴らしいもののように見える。



    >>次へ